構音障害の原因と症状

2019年10月16日
構音障害は、物理的、精神的、感情的そして行動的に患者に影響を与えます。症状は患者によって異なるため、患者一人一人にあった治療の計画を立てることが大切です。

言語は日々の生活の一部です。言語を使うことで他の人とコミュニケーションを取ることができます。言葉を発音できなくなった場合のことを想像できますか?これは構音障害に悩む人が直面する現実です。この記事では、構音障害の主な症状と原因、治療について紹介します。

構音障害とは?

この病気は、コミュニケーションと物を飲み込むことに影響を与える、神経の変化によるものです。構音障害の人は言葉をきちんと発音したり、組み立てたり、物を飲み込むことが困難になります。これらの行動を管理する筋肉の働きが、筋緊張や制御、調節などの欠如や問題により影響をうけることにより起こります。以下は構音障害の主な症状です。

  • 唇、あご、舌をうまく動かせない
  • 声のトーンを調節できない
  • 呼吸しづらくなる(不規則な息遣いなど)
  • 言葉を発音しづらくなる
  • 筋肉の異常な緊張や緩和
  • 唾が異常にでる
  • 意味のなさない言葉を発する
  • 話し方が遅くなる
  • 鼻にかかった、息の混じった、または緊張した声になる
  • 物を飲み込むのが困難になる
構音障害

これらの症状が、患者の社会的な生活に影響を与え、やがて心理的な問題へと発展します。構音障害の患者が、うつ病になることも少なくありません。

下記は、構音障害のタイプです。

  • 弛緩性構音障害:トーンと発声筋の動きに支障がでるのが特徴です。
  • 小脳構音障害:運動失調障害の一つとされ、脳の怪我によって引き起こされる構音障害です。動きを司る筋肉の協同が妨げられ起こります。言葉のリズムと、言葉を発する筋肉の運動に問題が起こります。
  • 複合型:これは構音障害の中でも一番複雑なタイプです。これは、言葉の発声に関わる色々な筋肉の機能障害によるものです。
  • 錐体外路構音障害

この他にも、上部運動ニューロンが関連している痙性構音障害があります。筋肉を弱らせて、体の側部の筋肉の痙攣を起こします。

構音障害の原因

構音障害を持つ人は、脳に何らかのダメージがあり、音や言葉を発することが困難になります。構音障害の原因には以下のようなものがあります。

中枢神経の炎症、マンガン中毒、アンテローム性動脈硬化、また原因不明の機能低下が構音障害に繋がることがあります。

構音障害の治療法

構音障害の治療法は患者の症状によって変わります。下記は主な治療方法の一例です。

  • 嚥下療法:これは唇、舌、喉の刺激を増加し、症状を改善する療法です。舌の筋肉と表情の模範に効果があるテクニックを用いた療法です。
  • 口腔リハビリテーション:この方法は、患者、環境、治療介入の種類、またセラピストによりますが、基本的には、言葉の発音の改善を目的としたリハビリです。セラピストは、患者の積極的な参加が必要な色々なエクササイズを行い、運動と筋肉運動の連動を高めるため、関節を刺激します。
  • 姿勢の改善:この方法で患者は、音を正確に出せる様に、きちんとした立ち方と動き方を学びます。良い姿勢は、発声と呼吸、そして嚥下を改善します。
  • 発声介入:これは、顎、舌、唇の筋肉と協同を改善するための療法です。患者は筋肉の伸長、発声、側方性、回転運動などを練習します。
構音障害

多分野にまたがるアプローチ

構音障害を治療するには、多分野にまたがるアプローチが必要です。患者は、医師、言語療法士、作業療法士、そして心理学者の援助が必要です。

その中でも、言語療法士の援助がもっとも重要でしょう構音障害とパーキンソン患者にみられる構音障害のマネージメントにおける、言語療法士の役割という研究で、言語療法士によるセラピーが、パーキンソン患者の発声能力の改善に繋がることが明らかになりました。また、言語療法士のセラピーにより、物を飲み込むのに必要な内臓と筋肉の働きも改善されたとしています。

まとめると、この構音障害は患者の生活の質に大きく関係します。その結果、患者の症状を十分に理解することと、それに合った治療方法のプランを専門家に立ててもらうことが大切です。

  • Benaiges, I.C. & Farret, C. A. (2007). Papel de la logopedia en el tratamientoo de la disartria y la disfagia en la enfermedad de Parkinson.  Neurol Supl, 3 (7), 30-33.
  • González, R.A. & Bevilacqua, J.A. (2012). Las disartrias. Revista del hospital clínico universitario de Chile.
  • Lami Alvarez, L. Disartria. Hospital Hermanos Ameijeiras. Recuperado de: http://www.sld.cu/galerias/pdf/sitios/rehabilitacion-logo/disartria.pdf