交際関係の問題をポジティブに解決する方法

2018年4月6日

誰かにメッセージを送る時、その内容よりどのような語調で書かれているかの方が大切です。正確なコミュニケーションを実現することは簡単なものではありません。

コミュニケーションを行う時は、私達は言葉や調子、感情、そして態度などを一緒に表さなければいけないのです。そして、それは付き合っている相手や結婚している相手だとさらに難しくなります。あなたは交際における問題をポジティブに育む方法を知っていますか?

「コミュニケーション」は心理学の中でも特別なものです。実際に、患者と接する為や日常に影響するメディアの情報を理解する為に自分自身のコミュニケーション能力を改善する努力をする心理学者もいます。

彼らはコミュニケーションについて多くの時間を費やしてきました。そして実際に、良いコミュニケーション能力は私達の生活の様々な側面において非常に重要なのです。その中でも、特に大切なのが、交際関係におけるコミュニケーションです。

交際における問題を改善する為の8つの効果的なコミュニケーション

パートナーと一緒にポジティブな気持ちで問題を改善する方法を知っておくと、争いを乗り越えることが出来たり、そこから学ぶことも出来ます。ですので、今回は交際における問題を改善する為の8つの効果的なコミュニケーションを紹介していこうと思います。

1.適切なタイミングを探す:プライバシー、静寂、そして注目

パートナーとポジティブに問題を育む為には、適切なタイミングを見つけなければいけません。それは、あなたがプライバシー、静寂、そして注目を必要としているということを意味します。

時には、パートナーと昼夜を通して少しの時間だけしか一緒に過ごせないことがあります。そして、それ以外の時間は、すべきことがたくさんあり、お互い疲れています。このような瞬間は、問題を指摘する良いタイミングとは言えません。

紅茶とクッキーとカップル

話し合うことが可能かどうか関係なく、その問題の緊急性を確かめることで、お互いが落ち着いていて邪魔の無い時間を見つけることが出来ます。

何かに邪魔されている時に、説明や理解をすることほど居心地の悪いものはありません。ですので、スマートフォンや音楽、テレビ、そして子供などから離れて、200%の注意を相手に持ってもらいましょう。もちろん、あなたの注意も同じくらいなければいけません。

「相手がありのままの姿を見せてくれたのであれば、その人を信じてあげましょう。」
-マヤ・アンジェロウ-

2.ボディランゲージに注意する

何か問題を取り上げる時、あなたの体が落ち着きを持ち、警戒や防御的な状態でないことはとても大切です。何か重要なことを話そうとすると、緊張や不快感を抱くことは普通のことです。

しかし、自分の体を制御するよう努力してみてください。そのような行動には、オープンな姿勢、腕を組まない、威圧感を持たず相手の目を見る、視線を変えすぎない、などがあります。

近くに座り、お互いの顔を見て、相手との間に何も置かないことで、ポジティブな雰囲気を作り出すことが出来ます。

例えば、ソファーに座り、落ち着いたトーンの声で喋ることは、机を挟んで会話するより効果的です。このような小さな事が、私達のコミュニケーションをより明るく、親密にしてくれるのです。

3.具体的に、そして現在に焦点を置く

問題から脱線しないことは、問題を改善する為の基礎的な部分です。まず、自分自身がそのトピックについて明確であり、何が言いたいのか、そして、そのゴールは何なのかを決めなければいけません。

また、話をする前に、自分がどう感じているのか、何を求めているのか、問題解決の為に相手にどのような変化を望んでいるのかを知っておくことも大切です。

ですので、自分が感じていることを明確に、手短に伝えることはとても良い方法です。同じ事を何度も繰り返す必要はありません。

また、理解しやすい言葉選びをしましょう。何かを説明する時は、最近起こった具体的な例を使うのです。私達が何を話していて、なぜこの話をしているのかを理解することは重要ですが、問題を改善する為には何が起こっていて、どのような解決や変化を望んでいるかに焦点を置くことも大切なのです。

4.サンドイッチのテクニック:ポジティブとポジティブで問題を挟む

相手を正したい時、サンドイッチのテクニックはその批判の感情的な衝撃を和らげ、とても役に立ってくれます。もしパートナーに抱いている何らかの問題を改善したければ、この方法を学ぶことをお勧めします。

これは、中心になるメッセージをポジティブな要素で囲うという方法で、コミュニケーションの中で問題を指摘する前と後にポジティブなことを言います。

例えば、「いつも家族の為にたくさん働いてくれて、すごく尊敬してる。でも、もう少し家事を手伝ってほしいとも思うし、私達なら何か良い解決策を見つけれると思う。」というような伝え方にするのです。

このテクニックの目的は、優位性と最新性の心理的効果を利用することで、私達がメッセージを受け取った時、「最も覚えているのは始まりと終わりの文章」という性質を利用した効果です。

メッセージの真ん中に問題を含み、始まりと終わりをポジティブな言葉で包んであげることは、口論を上手く避け、プラスな終わり方をすることが出来ます。

5.言葉の魔法や柔軟さを利用する

先ほど述べたように、言葉選びは問題解決の基本です。ですので、あなたの言葉は柔軟でなければいけません。その言葉は極論ではなく、望みや提案を反映しなければいけないのです。

例えば、「~しなければいけない」の代わりに、「~することも出来た」、のように柔軟性を加えてやるのです。こうすることで、相手はあなたに耳を傾け、寛容な態度をとってくれます。

また、話を始める前に、「あなたと話したい」や「私の話を聞いて」という言い方ではなく、「話を聞いてくれたら嬉しいんだけど、実は…」のような伝え方も良い方法です。

実際には、両方とも同じ意味ですが、言葉を受け取る側の気持ちは魔法のように変化します。これだけで、相手を受け入れやすくなったり、反対していたかもしれない問題について改善の約束をしてくれることもあるのです。

雪と帽子をかぶった動物

6.相手を説得するには解決策が必要

もしポジティブに問題解決をしたいのであれば、解決の為の時間を設ける必要があります。そして、問題を説明しておいて解決策を提案しないのは良いアイデアとは言えません。もし、その問題の改善策を出さないと、パートナーはどうすればいいのか分からなくなります。

もう一つ重要な点は、その解決策はあくまで提案であり、命令ではないことです。あなたの思うがままに相手をコントロールするのではなく、しっかり問題を解決してあげましょう。

話をする前に、しっかり考えて、可能性のある解決策を見つけておきましょう。お互いにとって、解決は平等で効果的である必要がある為、あなたの思っていることを説明するのは解決ではありません。

それより、自分が出来ることを伝え、相手がどう思っているかを知るべきです。なぜなら、この問題は二人の関係における問題であり、この問題解決の責任はお互いで共有しなければいけないからです。

「正直に、そして誠実になりましょう。そういった態度が交際関係をメンテナンスしてくれるのです。」
-ローリン・ヒル-

7.文句や不満を望みに言い換える

文句や不満の後ろにはいつも望みが隠されています。例えば、あなたが「なぜ彼らは私の努力に感謝しないの?」や「彼いつも遅刻するからイラつく」と思っていれば、「もっと私の努力に気づいて、それを伝えてほしい」や「時間に遅れないでほしい」のように、言葉の後ろにはその人の望みが隠されているのです。

上記で述べたような、文句や不満を望みに言い換えることは一つのテクニックです。実践するには練習する必要がありますが、不可能なことではありません。まずは、不満に繋がる喜ばしくない感情から離れることです。その後に、自分が何を望んでいるかについて考えてみるのです。

その次に大切なのは、その望みをポジティブな言葉に言い換えることです。これは、相手を麻痺させる代わりに、行動を起こすスペースを作ってくれるのです。

つまり、何があなたにストレスを与えているのか(文句や不満)ではなく、何が起きてほしいかを説明してあげるのがポジティブな問題解決に繋がるのです。

8.パートナーに時間を与える

また、素早い反応や行動を相手に求めてあげないでください。あなたの挙げた問題を考える為の時間を相手に設けてあげることで、パートナーはプレッシャーを感じなくて済みます。

プレッシャーがないことで、相手はその問題をポジティブなチャレンジに変える決断をしやすくなります。これは、あなたがパートナーに自由を与えるからです。

プレッシャーがないと、その会話で感じた「ショック」は消え去り、答えが出しやすくなるのです。

しかし、必要であれば相手に与える時間にはしっかり期限を付けましょう。別の言い方で言うと、時間制限を設けるということですが、この時間制限は、お互いのスケジュールに沿ったものにしましょう。

これは、その問題がどれほど緊急なのかにもよりますが、明確でない時間を設けてはいけません。時間制限がないと、相手は問題を避けるようになり、それはその問題をさらに悪くするだけです。

もしあなたがこれらの考え方を頭に入れておけば、今度パートナーと話し合いする際にポジティブに問題を改善することが出来ます。そうすることで、学ぶことも増え、あなたも自分自身をよく知ることが出来て、あなたとパートナーの関係を強くしてくれるのです。