あなたの姿勢が状況を左右する

· 2017年11月8日

悪いニュースや潜在的に有毒な人々を避けることはできません。 しかし、毎日の状況の大部分は変えることはできない、という事実を受け入れるならば、それらの体験の仕方はあなたの態度によって変わることに気づくでしょう。 忘れないでください。自分が周りに与えるものが最終的に自分に返ってくるのです。

言い換えれば、目を覚ました瞬間からあなたが周りに対して持つ見解は、一日を通して起こることの大部分に影響を与えます。 あなたが肯定的な態度で朝に起きると、あなたはもっと良い知らせを聞くように感じるか、時間がずっと早く過ぎることに気づくでしょう。

すべては考えの中にある

あなたの気持ちと思考は、肌を通って何らかの形で外に向かって広がります。 自発的であろうとなかろうと、あなたの心の中には何かが自動的に生まれています。 感情や気持ち、そしてあなたから出てくる考えに応じて、体があなたに好意を持って動くことも、あなたに反して動くこともあり、これは生命の法則なのです。

車に乗る動物たち

このせいで、うつ病の症状を感じるとあなたの体は反応します。 これは、行動、病気、エネルギー不足などとして現れることがあります。一方、肯定的な思考を持っているなら、あなたの体は普遍的な幸福の中でそれを表現します。

「本当に必要だったのは、私たちの人生に対する態度の根本的な変化でした。私たちは自分自身について学ばなければならない、それに、私たちは絶望的な人たちに、人生に期待するよりも、人生から何を期待されているかの方が重要であると教えなくてはなりませんでした。」

-ヴィクトール・フランクルー

したがって、何らかの形で、あなたは思考や感情を環境や周りの人々に投影します。そしてあなたが物事をどのように扱うかを形作ります。言い換えれば、すべてがあなたの精神的態度というフィルターを通過するのです。物事の大きさは、解釈の仕方によってどれだけのパワーを得られるかが変わります。

太陽があなたの中で輝いているなら雨は止む

あなたが楽観主義になることを練習し、起こったことを少しでも軽く受け取るならば、おそらくプラスの感覚的反動を引き付けるでしょう。あなたが楽観主義について考えると、不平を言うことで多くの労力を費やしていることを理解するでしょう。小さな一瞬の事が起こるだけで、あなたは不運を感じ、それについて何時間も呪うのです。

太陽があなたの中で輝いているなら、雨は止むでしょう。あなたが良い波動を放出しようとすると、あなたを有毒なものから守る方法を知ることができるでしょう。あなたが暖かさ、同情、優しさ、親しみやすさを発揮するならば、あなたは同じことをあなたの周りから受け取ることができる、もしくはすくなくとも消極性があなたに影響を及ぼさないようにするための道を見ることができるでしょう。

楽観、悲観、無の精神

「私たちの基本的な態度が肯定的で、喜び、満足、そして幸福を期待し、想像すれば、私たちのポジティブな期待に合った人、状況、出来事を引きつけ、創造する傾向があります。」

ーシャクティ ガワインー

あなたに起こるすべての物事をコントロールすることができないとすれば、それをうまく解釈してそれを重く捉えてはいけないということが鍵です。他の人があなたと輝くことができるように、輝いてください。そして、あなたの笑顔があなたを悲しみから守ることができるということを知り、自分の殻に閉じこもる代わりにそれらの重荷をなくす方法を見つけてください。

自分に値するものを受け入れる

どのようにしてそれを行うことができるでしょう?自分にふさわしいものを受け入れることによってです。運が与えてくれるものを自虐的に拒否するような人にならないでください。物事をこのように考えば、不幸もやってこないと思うのかもしれません。しかし、これは幻想的な信念です。真実は、どれだけあなたが幸せを背負っても、不幸は依然としてあなたの前に同じように表れるということです。

どのくらいあなたが報酬を拒否したとしても、不幸はあなたを無視して通過することはありません。 どのみちあなたは不幸に直面することになるのですから、報酬を祝福するべきでしょう?

あなたが人生で必要とするものを探し求めることができるよう、前向きな姿勢を反映してください。 これは、良い態度を取るという最初のステップを学ぶのに役立ちます。 あなたにふさわしいものを否定せず、自分自身を制限せず、恐れないでください。 これはあなた自身をケアし、あなたがポジティブな方法で受け取る最良の方法です。

「あなたが人生をどのように見ているかは、自分自信を世話する最善の方法です。 あなたは物事があなたを打ち負かすか、もしくはあなたを育てるかという二つの視点を持っています。 そして、私たちは態度を選ぶことができるのです。

-スペンサー・ジョンソン