強迫観念が人生を支配するとき

· 2018年6月10日

思考は私たちの生活の中で非常に重要な役割を果たします。なぜなら、それらは私たちの気持ちや行動を理解する助けになるからです。それは私たちの日常生活を反映し、意味を与えます。問題は、私たちの人生を終わらせようとする強迫観念があなたに生まれたときです。私たちのすべての考えが助けになるわけではありません。実際、思考が毒になる可能性もあります。

助けにならない特定の思考があります。それは、私たちを守る代わりに、私たちを不安に感じさせ、圧倒してしまいます。すぐにチェックしたにもかかわらず、車のドアを閉じたかどうか考えるのをやめることができない人のことを考えてみてください。反復的な思考をコントロールする方法を学ぶことは、あなたに健康的な精神を取り戻す鍵となります。

考えすぎは疲れの元

通常私たちは心配事について考える時、問題に対する解決策を見つけようとします。それが、私たちに何が起こっているのかを理解し、それを処理するのに役立つ新しい視点を見出す方法です。しかし、自然な反応である私たちの内的思考が、必ずしも私たちが期待しているように起こるわけではありません。私たちにより明確なものを提供する代わりに、私たちの判断を曇らせ、私たちをネガティブなサイクルに引き寄せていきます。

頭が雲の男性

これらの考えは私たちの心の中の侵入者になります。私たちがそれらを無視すれば、私たちの生活に支障を来たす可能性があります。私たちを心配に駆り立てるこの侵入者は、どんな状況においても起こり得ます。仕事中、買い物中、歯を磨いているときにさえ起こる可能性があります。私たちに気づかれることなく心の全体を占有し、感情を操作することができます。

強迫観念とは

強迫観念とは、反復性・再発性がある不随意的な思考であり、大抵の場合は、心配、恐れおよび不安に集中します。それらはあなたが現在に集中するのを邪魔します。不安やストレスが強迫観念の主な原因であり、これはあなたの行動にも影響を及ぼします。

ある人が黴菌に対する執着を消すことが出来ないとしましょう。彼らはおそらくより頻繁に掃除し、自分が汚いと思う特定の場所を避けるでしょう。これらのタイプの否定的思考は、制御不能に繰り返される精神的なイメージの形で現れることもあります。このようなサイクルが形成されると、抜け出すのも難しくなります

これはまるで、あなたが圧倒的な力で回転している考えのハリケーンに閉じ込められているかのようです。あなたの思考は非常に激しいので、中毒性もあります。私たちが思考を止めようとするほど、より強い強迫観念が現れます。

強迫観念を持つのは普通ですか?

激しい不安障害やストレスが長引くと、私たちの日常生活に一時的に干渉する考えが起こる可能性があります。恐れや疑念を抱く否定的な考えはごく自然です。すべての人は、自分の人生の特定の時期にそれを経験します。ただ、これらの思考にどのように対応しているのかによっては、その思考は強迫観念になってしまうかもしれません。

私たちが頭の中に生まれた強迫観念に疑問を持たず信じ始めると、思考は病的になります。たとえば、誰かが自分の子供を盗むかもしれないと母親が考えているとします。彼女がすぐにこの思考を持ったのならそれは侵入的な考えですが、それが彼女には重要ではないと思えれば、それはただの妄想になります。ある時点で私たちはみな、このような考えを持ったことがあるかもしれませんが、強迫性障害(OCD)を持つ人々のにとってはこれが、一般的です。

強迫観念の種類

強迫性障害に苦しんでいる人や、大きな不安を経験している人は、さまざまな種類の強迫観念を経験するかもしれません。次に、最も一般的な強迫観念の例を見てみましょう。

  • 病気に感染し、汚され、十分に清潔ではないという懸念。
  • 対称性や秩序への異様なこだわり。
  • ドアを開けたままにする、ガス栓を入れる、家に泥棒が来るなどの恐れ
  • 強制わいせつ、強姦などと関係がある性的に攻撃的なものなものへの恐れ。
  • 危害を加えられたり他人に危害を加えることなど、危険にさらされている(または誰かが危険な状態にある)という恐怖や感覚。
悩んでいる女性

強迫観念に捕らわれることの結果

このような考え方はお互いに影響しあい、私たちの生活にネガティブな結果をもたらします。自分の仕事を何度も見直すことに異常にこだわる男性がいるとしましょう。彼は決して完全に満足することがなく、その強迫観念が理由で毎日家に帰るのが非常に遅くなります。

強迫観念の解決策、または強迫観念にとりつかれることの結果には次のようなものがあります。

  • 恐怖に駆られて行動するのを避ける:家を出ない、運転しない、汚いと思うものに触れないなど、ある状況に恐怖を抱くことでこういった行動を避けてしまいます。これは私たちの日常生活を制限し、普通の生活を送ることを妨げてしまいます。
  • 何度も何度も確認する:強迫性障害では非常に典型的な衝動脅迫の一種です。家や車のドアを閉じて、それを10回確認するのなら、それは強迫的な行動です。一時的にそれは私たちを落ち着かせますが、実際には私たちの不安と強迫観念を養うだけです。
  • 別の機会に活動を延期する:「後でやる」という考え方は、それを「まったくやらない」に変えてしまうかもしれません。たとえば、ガーデニングをしたいけれど、クモを見つけるという恐怖に捕らわれていると想像してみてください。その考えに以上に執着することで、好きになったかもしれない活動をしないまま終わってしまうのです。
  • 完璧になる必要性:「完璧」は危険です。それは不可能なことを達成しようとする方法で、あなたを失うことになります。たとえば、仕事に執着している人は、職場での義務に重点を置いているので、家族の大切な時間を逃してしまうでしょう。

強迫観念からあなたを解放する5つのステップ

抑えようとせずに、受け入れる

あなたが強迫観念を消そうとするたびに、それにもっと力を与えてしまいます。これは絶え間なく繰り返されます。道路を走っている車を見るように、距離をとり観察しましょう。この方法であなたはその考えにくっついたままになりません。代わりに、それらを受け入れることができます。

思考を後回しにする

思考を後回しにすることによって、あなたの脳を欺きます。後々、その思考は弱くなり、あなたから遠ざかるかもしれません。次のように言ってみてください:「後でよく考えよう。別の時に考えよう。」

あなたの強迫観念に限界を置く

あなたの強迫観念があなたをコントロールしないようにしてください。その代わりに、こちらが舵を取りましょう。これを行うには、強迫観念があなたに来るたびに、「そこまで!」という言葉を大声で言うことができます。あなたはこの発言で、あなたを悩ましている考えを止めるのです。

強迫観念をスケジュール化する

あなたの強迫観念をスケジュール化します。たとえば、私は午後4時〜5時に「汚れてしまう恐れ」を考えるようにします。このようにして、あなたはあなたの否定的な考えに圧倒される代わりに、その状況を支配します。

窓から外を見ている女性

リラクゼーションテクニックを練習する

ジェイコブソンの筋肉弛緩法のような、なんらかのリラクゼーションテクニックを練習し、強迫観念を緩和するようにしましょう。

結論として、強迫観念は私たちの人生に干渉し、本当に支配してしまう力があります。私たちがそれを受け入れて疑問を投げかけ始めるならば、それらを管理することはより簡単になります。覚えておいてください。私たちは思考以上の存在です。それをうまく切り離すことができれば、私たちの生活を苦しくするだけの不必要な問題や心配から逃れられます。