様々な不安症:社交不安障害からOCDまで

2018年4月17日

不安症は最大の敵のひとつです。様々なタイプがの不安症があり、新しい分類は次々と増えています。現在の世界がどれだけ厳しく早く進んでいくかということを考えれば、驚きもありません。自分と他人の均衡はダイナミックです。

不安症というのは、恐怖のたくさんの顔のひとつです。恐怖そのものと違って、このケースでは不安を引き起こす特定の刺激はありません。特定の脅威に直面し、自分が危険だと認識するとき、恐怖を感じるのはよくあることです。しかし、不安症というのは多くの場合ははっきり原因のない恐怖の形です。その起源を見つけたり、なぜ度々起こるのかを突き止めるのは簡単ではありません。

 

不快で、不安で、何かにとりつかれているように感じるため、不安症だということはわかります。でも、明確ではありません。ただ家のリビングに座っているだけなのに、飛行機に乗っているような、急落しているような感覚にとらわれるかもしれません。何かチクりとする感覚を絶えず感じるかもしれません。そして、あなたは動揺し、いらいらします。その原因を突き止めることができなようです。

よくある不安症には様々なタイプがあります。ただ単にそれを「ストレス」や「不安」と呼ぶ人もいます。しかし、詳しく見てみると、もっと深刻な不安症のタイプかもしれません。どの不安症のタイプも治療が可能です。 はじめに、もっと不安症について知ってみましょう。

よく見られる不安症のタイプ2つ: 全般性不安障害と社交不安障害

全般性不安障害は、理由がない絶え間ない不安状態と定義されています。少なくとも6か月続いた場合全般性不安障害と診断されます。大抵、睡眠障害、いらだち、集中力の低下、疲労感が伴います。

不安

 

社交不安障害は、人とコミュニケーションととらなくてはいけないときに恐怖を感じたり動揺したりする状態です。基本的に、このタイプの不安症を持つ人は、人とのコミュニケーションを恐れます。興味深いことに、不安障害の多くの要素は予測でしかありません。つまり、恐れている社交的コンタクトが起こる前に発生します。

どちらの症状もその人の生活の質に著しく影響します。時間が経って勝手に治るものでもありません。さらに、これらのタイプの不安症は、回避姿勢を養ってしまいます。覚えておきましょう。辛い経験をしているだけではありません。これは病気で治療が必要です。

多くのケースでは、短い期間のセラピーで感情のコントロールを取り戻すことができます。それ以外の場合は、もっと時間が必要です。いずれにせよ、この病気を乗り越えることができる可能性はとても高いです

強迫性障害と心的外傷後ストレス障害

強迫性障害(OCD) は、恐怖や不安を引き起こすしつこい煩わしい考えを抱くことに特徴づけられます。頭の中の考えを拭い去ろうとどれだけ頑張っても、拭い去ることができません。強迫観念は患者のパーソナリティをおかし、生活に著しく影響を及ぼすかもしれません。

黙り込む女性

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、トラウマ的な出来事を経験した後に起こります。落ち着きがなくなったり、眠れなくなったり、もう一度トラウマが起こる幻想にとらわれます。その為、常にピリピリしています。自分で自分の不安定さと孤独が肥えていくのを許してしまっています。

どちらのケースも、症状の深刻さによって異なる対処の仕方があります。リラックステクニックを使うことは、不安症をかなり軽減してくれます。集中力も高めてくれます。このような方法が効かないなら、セラピーが有効です。

広場恐怖症と心気症

広場恐怖症は最もよく見られるタイプの不安症です。逃げ場がないと思われるような状況における、漠然とした不確定な不安です。別の言葉で言えば、彼らを罠にはめ、パニックアタックが起こった時に助けを得られないような状況を恐れます。

そういった意味で恐怖そのものを恐れているようなものです。毎日、広場恐怖症で助けを求めに来る患者がたくさんいます。数字は増え続けています。広場恐怖症の人は、かなり苦しみ、普通の生活を送るのが困難になります。

窓と男性

心気症では似たようなことが起こります。心気症は体が発する様々なサインを最悪のシナリオとして解釈します。深刻な病気を持っているかもしれないとか、自分の症状が今にも悪化するのではないかと心配します。また、その状況に対して打つ手だてがないと感じます。

どちらの場合も、リラックステクニックをおすすめします。不安症を軽減あるいは無効化し、深刻になるのを防ぎます。体が発するサインをどのように理解すればいいかを学ぶことができますし、もっとセルフコントロールができているかのように感じさせてくれます。定期的な肉体運動も効果的です。どの不安症にも言えることですが、やはりセラピストの診療を受けることは有効です。