教育分野における社会的介入

2019年12月7日
教育分野での社会的介入は、学生の人生を180度変える可能性があります。

学校に行くことは、生徒にとっても両親や子供の責任者にとっても必ずしも容易ではありません。いじめ、成績の不振、不登校、家庭での問題、学習困難などが発生する場合があります。 そして、特定の問題を解決するために第三者が必要になる場合もあります。それが、教育界において社会的介入が非常に重要な理由です。

学校で過ごす時間は、これから歩む人生に大きく影響を与えます。学生であるこの時期は個性が強力な方法で鍛えられる時です。また、社会で自分の居場所を見つける機会ともなります。その間、あなたは仲間と多くの時間を過ごすこととなります。

その学生の社会的または文化的背景が何であれ、教育機関は学生がポジティブな自己イメージを構築できるように役割を果たす必要があります。学校はまた、彼らが学校生活に溶け込むのを助けるべきです。そして利用できるあらゆる教育的機会を活用することも重要です(Fernández and Fernández、2011)。

教育プロセスは、自由で調和のとれた成長を可能にするものでなくてはなりません。

Rosell(1998)は、このプロセスは個人ではなく多くの人と協力してとして行われるべきであると述べています。つまり、教育システムの「ギャップ」をカバーするために教育者と他の専門家が協力し合うことが大切なのです。心理学者、ソーシャルワーカー、言語療法士、教育心理学者はそのような専門家のほんの一例です。

教育分野 社会的介入

教育的文脈における社会的介入

政府がコミュニティサービスの技術教授というポジションを作った自治コミュニティもあります。高リスクの状況に効率的に介入するためにこれらのポジションが設けられたのです。また、学生が社会的および教育的に除外される可能性を防ぐ目的もあります。これにより、学生が学業に専念し、問題なく学生時代を送れることを保証しようと試みています。

ご存知でしたか?:
緊急時のソーシャルワーカーの役割

この他に、教育オリエンテーションチームや教育心理学者がいます。彼らの仕事は、教育の質を向上させるために、教員を評価し支援また協力することです。

国際ソーシャルワーカー連盟は、教育の場が家族や社会の問題を発見できる最初の場所であると考えています(F.I.T.S、Rosslló、1998年)。早期に問題を見つけることができれば、その影響を防止または軽減することができるでしょう。

教育分野での社会的介入の目標は、誰もが同じ機会を得られるように協力することです。これは、出身、家庭の状況、または社会環境に関係なく提供されなければなりません。

生徒とその家族と協力しながら、これを達成します。教師など教育に責任がある人物も参加するように努める必要があります。これにより、学生は適応力を見につけ成功へ近くことができます。

介入は問題の特定から始まります。多くの場合、私的領域に関連づけられているので、外部者は教育的で有益なアプローチをしなくてはなりません。

「子供たちを教育することで、人間を罰する必要はなくなっていくであろう」

-ピタゴラス-

何ができるか?

専門家は、学生に健康的なライフスタイルを与える手助けをしなくてはなりません。「健康」について話すとき、人は身体的側面に焦点を当てる傾向があります。しかし、メンタルヘルスの重要性を忘れてはなりません。社会的スキルと成長の観点から健康的な十代を育て、大人になる手助けをすることが必要不可欠です。

教育分野 社会的介入

ソーシャルワーカーの機能

ソーシャルワーカーは、さまざまな状況でそのスキルを適用できます。教育的なものもその一つです。この分野にはまだ多く探求すべき点がありますが、ソーシャルワーカーには多くの可能性があります。教育分野における社会的介入において、さまざまな機能のいくつかをご紹介します。(Iglesias and Ortuño、2017):

  • 教育センターによるプロジェクトに協力すること。これは、社会文化的環境条件や子供の社会と家庭生活に関連しており特に重要です。
  • 保護者に親としての役割と最善の方法を伝え、指示すること。
  • 生徒の状況に注意を払い解決すること。学業的な例としては、頻繁に学校を休んだり、パフォーマンスが低下することです。社会的には、他人とのコミュニケーション問題、変化に適応できない、攻撃性が生じるなどの問題などがあります。
  • 家族向けトレーニングプログラムの開発をサポートすること。
  • 教師に役立つ資料を提供し、広めること。
  • コミュニティで利用可能なリソースに関する情報を教育センターに提供すること。
  • 適切な教育計画を実施するために考慮すべき社会的および教育的ニーズについて知らせること。

こちらもご参考に:
問題があるのは生徒か?教育システムか?

ソーシャルワーカーの地位

教育現場におけるソーシャルワーカーの地位を現在よりも高くする必要があります。変化をもたらす専門家として、教育界で重要で基本的な役割を果たすべきです。また、彼らはコミュニティでの幸福と他人とうまくやっていく方法を見つけるために必要不可欠な存在です。

未成年者に良い基盤を提供することは、より良い未来につながることを忘れないでください。

  • Fernández, I., & Fernández, C. (2011). La intervención social en el contexto educativo: funciones y expectativas de los PTSC en la Comunidad de Madrid. Revista Iberoamericana de Educación / Revista Ibero-americana de Educação.
  • Ortuño, E. I., & Muñoz, E. O. (2018). Trabajo Social y mediación para la convivencia y el bienestar escolar. Cuadernos de Trabajo Social31(2), 375-387.
  • Roselló Nadal, E. (1998). Reflexiones sobre la intervención del trabajador social en el contexto educativo. Alternativas. Cuadernos de Trabajo Social, N. 6 (octubre 1998); pp. 233-258.