共時性:奇妙な運命の科学

· 2017年11月10日

「世界は小さな場所です」、あるいは「小さな世界です」とは、あなたが以前に必ず言ったり聞いたことのある表現です。これらは偶然が起こったときに言われます。 大都市での知っている人との偶然の出会いは、運命の一例です。 しかし、現実には、それが共時性と呼ばれる科学と関係しているとしたらどうでしょうか?

信じられないかもしれませんが、研究者たちは、無関係であると思われる2つの現象の間に存在する関係を特定しようと試みました。 「共時性」という言葉を作ったカール・ユングを始めたとした人々です。

「一度目は偶発の出来事。 二度は偶然。 3回は敵の行動である。」
– イアン・フレミング

共時性とは?

偶然が起こると、宇宙が私たちにサインを送っていると思うことがあります。 しかし、ユングによれば、それは顕著に関連しているように見えても、識別可能な因果関係のない出来事の同時発生として定義することができる、単なる共時性であるといいます。

つまり、このユニークな科学は、一連の(2つ以上の)関連する出来事が独立的に偶然起きること、とまとめられることがあります。しかし、両者が起こった背景には関連性はありません。

白髪の男性と黒い帽子の女性

あなたに良い友達がいると想像してください。ある日、あなたのお父さんと一緒に冗談を言いながら、あなたの友人のこと、彼の名前、家族などについて話します。紐解いてみると、父はあなたとあなたの友人が遠い親戚であることを発見します。 あなたのおじいさんとお友達のおばあちゃんは、第二のいとこだったのです。

この例からわかるように、あなたとあなたの友人が遠い親戚であるという事実は、あなたの友情とそれがどうなったのかとは関係ありません。したがって、因果関係のない有意義な偶然です。

共時性に関するより興味深い詳細

多くの著者は、この独特の科学について良く知らずに研究し話ています。 たとえば、フリードリッヒ・シラーによれば、チャンスというものはなく、偶然は最も深い運命の源泉から来ています。 しかし、超現実主義者のアンドレ・ブルトンは、あなたの欲望が世界が提供しているものに落ち着くとき、客観的な偶然の存在を考慮します。

しかし、ユングによると、共時性について話すとき、私たちは内的および外的事象の結合を指しています。 このような出来事を経験した人は、両方の統一において意味を見つけるのです。

それにもかかわらず、我々は偶然でも幸運でも、魔法であってもよいので、これらの出来事を正当化するために形而上学に頼っています。 実際には、それは単純に無意識の力なのです。これはパターン認識に繋がります。少なくともユングの意見では、それらが起こるように誘発するのは無意識の力なのです。

パターンの認識

ユングによると、愛する人の死や仕事の変更後の段階は、偶然のために大きなエネルギーを作り出すことができます。これはすべて、これらの状況が私たちの中に変化をもたらし、意味のある認識可能なパターンを探すように駆り立てるという事実によるものです。それゆえに、私たち全員が持っていると思われるその感覚は、共時性の基礎なのです。

独り微笑む女性

 

研究によると、ストレスや情緒的な状況など、脳がドーパミンレベルを上昇させた場合、私たちは魔法的思考に助けを求めます。しかし現実には、この魔法かチャンスが共時性なのです。しかし、パターンを探す必要性を悪者扱いする必要はありません。

それは、洞窟人類の時代から人間の心に自然と必要なものなのです。さらに、このタイプの思考は、快楽を経験することができなくなる可能性のある快感喪失に関連しています。それは実際には、私たちが何百万年も生き延びるのを助けてくれた能力なのです。

「わたしは偶然を信じていませんし、必要ともしていません。わたしの意志が私の運命です。」

ージョン・ミルトン

したがって、チャンスや運命が狂ったものだとは思わないでください。 私たちはパターンを探すことに敏感であり、多くの場合、私たちの脳は無意識に情報を管理します。 しかし、それは私たちが意志決定をするのに役立つ貴重な仕組みです。 おそらく、運命の魔法のようなものはありませんが、そういったものがそこにあると考えることは美しくて有用かもしれません。