マダム・ボヴァリー症候群とは

マダム・ボヴァリー症候群とは

最後の更新: 16 3月, 2018

マダム・ボヴァリー症候群は、19世紀のある小説の出現後に起こった行動障害です。

それ以来、愛を理想化することが、何千人もの人々(通常は女性)の不満や失望を引き起こしました。「完璧な愛」の探索は、常に関係の現実的な認識とぶつかります。

マダム・ボヴァリー症候群は、1892年に哲学者ジュール・ド・ゴルチエによって最初に記述された精神病理学です。マダム・ボヴァリーの本をもとにした論文で、彼は主人公のエマについて語りました。彼は、彼女が「慢性的な情緒不満」と呼んでいる人の完全なステレオタイプだと言います。

マダム・ボヴァリーとはだれか

エマ・ボヴァリーは文学上のキャラクターです。 ギュスターヴ・フローベールは1857年に彼女の物語を本として出版します。そこでは、エマのチャールズ・ボヴァリーとの結婚について語っています。

彼はエマのことを愛する国の医者ですが、エマは彼を愛してはいませんでした。これは、部分的に、彼女がなぜロマンチックな小説が好きなのかの理由です。彼女は十代の若さの頃からずっとこのような恋愛話を読んでいるのです。

彼女が本で見る情熱的で強迫的な関係の絶え間ない探求は、彼女にひどい、不断の不満をもたらします。

うつ病に苦しんだ後、チャールズは小さな町に一緒に移動すると決めます。 そこで、彼らはさまざまな種類の人々に会うでしょう。

エマは出逢った人の内の二人に彼女を誘惑させます。最初は若い学生、その次はロドルフという名前のカサノバです。彼女の両者との関係は、所有的、嫉妬的、そして非常に依存的なものでした。この二人から愛想をつかされ、彼女は結局ヒ素によって自害するのです。

ボヴァリー夫人はアンナ・カレーニナのようなキャラクターに似ています。愛を追いかけるために妻として家族と役割を放棄するのです。

一方でこれは都合の良い関係に思えるかもしれません。しかし、他方では、これは愛を理想化しすぎているという批判を生むでしょう。エマは自分の欲望を満たすためなら、家族を借金に陥れたり、娘を捨てたり、周囲の人々に害を与えることを厭いませんでした。

「悲しみに気をつけてください、それは悪です」
-グスタブ・フローベール‐

ホヴァリー夫人

マダム・ボヴァリー症候群の特徴

1.ロマンス中毒である

マダム・ボヴァリー症候群の人々は、一人になる方法を知りません。 理想の恋人が来て、彼らの人生を変え、日常生活や問題から離れさせてくれるという理想の中で生きています。

誰かとロマンティック関係を終えると、新しい関係をまたすぐに始めます。唯一の目標は、ロマンチックな本、ショー、または映画でしか見られないような相手を見つけることです。

新しい人に出会う度に、相手に中毒のようになります。相手を不可能なほど理想化します。 そして、相手が自分にとって正しい人ではない時ですらこれを行うのです。

2.不可能な関係

このような人は本当の交際関係を保つことができないため、通常それらは不可能なものに変わってしまいます。彼らにはすでに家庭があるかもしれません。しかし、彼らは、他の人との完全な愛の幻想の後を追いかけているのです。

彼らは一人でいる方法を知らないので、不幸なのです。何か彼らを特別なものにしてくれるものがなければ、この不可能な恋愛を実現して本当の恋人になることはめったにありません。

複雑な関係や苦しんでいる人を見ると、それをロマンチックで情熱的なものと見なして魅力を感じます。

3.常に満たされていない

彼らは交際関係を初めるとすぐに、パートナーが人間であることを発見し始めます。その結果、彼らには欠陥があることがわかるのです。

理想が消えてなくなります。そして、その消滅がさらに別の欲求不満につながります。彼らはもはや相手を正しい人と見なさず、興味を失い始めるのです。

彼らは誰にも満足することは決してありません。なぜでしょう? 彼らは怒りの初期段階を超えて愛を理解していないからです。彼らは交際関係について歪んだビジョンを持っているのです。そのビジョンは平和、問題、そして単調を経験したことのない物語の主人公に基づいているものなのです。

4.愛する人を真似し始める

彼らはパートナーに異常に執着しているため、パートナーの好き嫌い、趣味、そして考え方をコピーし始めるでしょう。これは、他人に感じる極端な賞賛、または恐怖から来ています。

マダム・ボヴァリー症候群の人は、パートナーが彼らを放棄することを強く恐れています。なので、彼らは別れるということに非常にひどく反応する可能性があります。

ホヴァリー婦人

誰がこのマダム・ホヴァリー症候群になるのか

数世紀前、この症状は女性の間で一般的でした。しかし、今日はそうではありません。女性の中で一般的だったのは、当時は男性が働いていたのに対し、女性は家にいたからです。

彼女たちは自由な時間を読書のようなことをするのに費やしたでしょう。これは、彼女たちを現実から目を背けさせ、毎日の問題が存在しない理想の場所へと導いていました。

この症状がある人は、幼い頃に放棄の問題や愛情の欠如を経験している傾向があります。したがって、彼らはパートナーの注意を引く過度の必要性を感じています。放棄の時に感じた感情をもう一度経験することを避けるためにです。

マダム・ボヴァリー症候群の主な症状は常に憂鬱に感じることです。しかし、病気の人々は、専門家の助けを借りて治療することができます。カウンセラーがこの症例を評価し、治療計画を立てるでしょう。

時には、他の深刻な病気に関連していることもあります。症状の危険度により、介入をさらに必要とする強迫的または境界性人格障害である可能性があります。

おすすめの書籍

ゴルティエ・J(1892)、ボヴァリズム、フロードの作品における心理学、パリ、フランス.