前に進む秘訣はやり直すこと

07 4月, 2019

後ろを振り返らずに前に進むことは簡単ではありません。感情が詰まった重たいカバンを引きずっている時はなおさらです。時には、治癒して自分を再構築するために立ち止まることも必要です。新しくより良い自分を形作ることができて初めて、本当の意味で前にすすめます。

人生は、はじめから終わりまで刺繍が施された布に例えることができます。制御するのが難しい相反する2つの感情で溢れていて、それは同じ硬貨の裏表のように感じられます。だから、自分の恐怖や不安を超えて、地平線に浮かび上がる機会を見ることが難しいのです。

アーカンソー大学のデニス・ベイク教授のようなこの分野における専門家は、実際に自分に起こっていることよりも、それとどう向き合うかの方が大事だと議論しています。だから、明確かつ客観的な見方をすることが重要です。

人生で辛いことを経験したのち、人は前に進めというでしょう。しかし、不安と痛みで苦しんでいるときにそんなことができますか?進み続けて未来を見越さなくてはいけないことはわかりますが、実行するのは簡単ではありません。

痛みには深い根があります。それをただ引き抜いて、どこかに動かしてしまうことなどできません。やり直すことは簡単ではないのです。自分を修復して、変化して、自分の生きて学んだことすべてを引き寄せる新しい自分を構築しなくてはいけません。この過程には時間がかかるかもしれません。しかし、自分に時間を与えれば、やり直すことは出来ます。

「今より良いものが形作られるようにするために、良いことがバラバラになってしまうこともある。」

-マリリン・モンロー-

森


感情の重荷を背負っていたら前には進めない

あなたにはできます。目線を地平線にもっていって、前に進みましょう。一度に一歩ずつです。時間に感情的な癒しを委ねることもできます。多くの人は、時間の流れが痛みと記憶を忘れる助けになってくれると言います。しかし、いつかこの方法では上手くいかない日が来ることに気づくでしょう。

有名な認知心理療法士であるアルバート・エリスは、人は他の選択肢を考慮せずに、特定の信念だけに集中することがあると言います。エリス氏は、これを「非合理的思考」と呼びました。このような思考によって、不健全な問題のある状況に自分を追いやってしまいます。

自分の人生の中で辛い瞬間、変化に直面しているときは、次のことを考えてみましょう。

感情的に前に進む

ただ前に進むのとは違います。破局や死を経験した後、悲しむ時間を取らずに前に進もうとした結果、専門家の助けを求める人がいます。

月

自分のすべきリストにこの「前進」を加えましょう。ここでいう前進には次の意味があります。

  • 前進とは、同じ場所に留まらないことです。
  • 新しい人生の生き方を適用することを意味します。
  • 前進は、逃げることなく内から始めることを必要とします。
  • 感じていることに向き合い、それを受け入れることです。新しい始まりのためのチャンスを自分に与えましょう。これによって、感情的・心理的進捗があります。
  • 喪失の痛みや悲しみがなくなることは決してない、ということを覚えておくことも重要です。このような感情は消せません。自分の中に空きを作って、それらの感情と共に生きていかなくてはいけません。

変化には時間がかかる

コーネル大学のマーク・ソーントンが行った研究では、すべての変化は様々な感情をもたらすとしています。変化を効果的に処理するために、これらの感情の対処方法を知ることが重要です。そうしないで過程を急ぐと、鬱などの心理的障害などを発症するリスクが高まります。

怒りといらだちと繋がれるようになる必要があります。また、落胆を打ち破り、そこから学ばなくてはいけません。

髪


より強い自分で再出発

人は変わるのではなく前進します。必要なだけ何度も自分を再構築します。思い付きや快楽のために行うのではありません。変化というのは、逆境に直面して、より強く、より良くなって向こう岸にたどり着いた時起こります。

前に進むことだけが、人生で唯一の方法だと分かっているかと思います。そうでなければ、麻痺して動けなくなるだけです。しかし、どういう風に前に進むかは自分で決めることができます。自分自身や自分の感情から逃げないようにしてください。最も深い自分の部分である暗くてめちゃめちゃの部屋のドアを開けましょう。愛して、整頓して、空気を入れ替えましょう。

一から始めることを自分に許してください。より強く希望を持った人として、もう一度道を歩き始めましょう。かつて、シャーロット・ブロンテが言っています。「今の方が最もはっきりしていて、未来はより明るいのに、過去に囚われる必要性なんてあるかしら?」

Ellis, Albert (2005). Sentirse mejor, estar mejor y seguir mejorando. Madrid: Mensajero