マズローの人間の欲求段階説

· 2018年10月17日

アブラハム・マズローは、人間心理学における権威です。 誰もが持つ一連の必要性に基づく自己実現理論(欲求段階説)を提唱した人物でもあります。マズロー氏は、ニーズを早急なものからそうでないものの順番に整理しています。彼がそうするのは、わたしたちの行動が特定のニーズを満たすことを目的としたモチベーションから生まれることがその理由です。 別の言葉で言えば、人は自分のニーズを幸せへの影響に応じて順位付けします。

マズロー氏は、自身の理論をピラミッドで表しています。これが、マズローのピラミッドとして知られているものです。

ピラミッドの最も低い部分は、生理的な生き残りの最も重要なニーズです。ピラミッドの上部は、緊急性の薄いニーズです。これは、自己実現と関連しています。ピラミッドの下層部が満たされるとき、上層部を考えることができ、新しい満足感を得ることができます。

消費者社会は、深い文化的変化を生み出しました。これらの文化的変化は、人間の自然の欲望の中身、内容、コンセプトを変えています。最近では、マズローの欲求段階説に反して、物理的なものやサービスをできるだけ多く蓄積することばかりを気にしているかのようです。

同時に、マズローの説の存在主義的な部分が正当性を失っているように感じます。いままでの価値を失っているかのようです。そのため、もう一度ニーズを見直して 分類しなおす必要があります。

解放
欲求段階説の構造

マズローの説は、段階的な構造です。この理論では、基本的なニーズが満たされたとき、人間はより高尚な欲求を求めるとしています。マズローは、これらのニーズを5つのレベルに分けています。

  • 生理的欲求。ピラミッドの大部分を占めます。生き残りや生殖に関わるためです。このレベルで、体が普通の状態を保とうとする恒常性などの欲求が見られます。さらに、食べ物、飲み物、適切な体温の維持、セックス、呼吸などもここに含まれます。
  • 安全の欲求。ピラミッドのこの部分では、秩序と安定を求めます。人間は、安定、仕事、資金、健康、保護を必要とします。これらの欲求は、人生におけるコントロールを失う恐怖に関連しています。
  • 社会的欲求。生理的や安全の欲求が満たされたら、モチベーションは栄勝の社会的な部分へ向かいます。他の人間のそばにいることを望みます。このレベルでは、他人とのコミュニケーション、友情の構築、愛情の受け取り、コミュニティー、グループへの従属感あるいは受容を求めるようになります。
  • 承認欲求。つまり、自尊心です。このレベルでは、大事にされていると感じたり、特権を持ったり、社会グループの中で目立つ欲求が生まれます。マズローは、自尊心と自己尊重もこのセクションに含まれるとしています。
  • 自己実現の欲求。このセクションには、最も達成するのが難しいゴールが含まれます。マズローは、このレベルで人間は自分の人生を超えて、世界に名を残したいと思うようになると考えています。他の欲求は、才能を磨き、自分の仕事を進める欲求です。人生の意味を探す中でのモラルや精神的な成長に関連しています。
グラフ

人間の心理的な欲求

世界保健機関(WHO) は、メンタルヘルスを「全体的な肉体的、精神的、社会的幸福であり、病気の有無ではない」と定義しています。

心理的幸福は、最も高尚な欲求であり、どのようにグローバルレベルで愛を評価するかということを意味します。これらのニーズは、必ずしも喜ばしい状況を経験したり、個人的な欲求を満たしたりすることではありません。かわりに、より広い次元で見ていかなくてはいけません。

最も重要な心理的なニーズは、愛情と愛への欲求、帰属感への欲求、承認の欲求です。自己実現は、最も高い心理的欲求です。この実現を通して、人生の中に意味を見出していきます。

多くの研究が、マズローの欲求段階説を支持しています。しかし、同意しないような考えの人も多いようです。自己実現の部分に置いて、マズローのモデルを批判する人もいます。基本的な欲求が満たされていなくても、自己実現や承認はやはり重要であるということを示した研究もあります。

非難も受けているマズローの説ですが、欲求段階説は心理学にとっての基本的な貢献です。人間的な心理学と共通の徳というコンセプトを確立・発達させるのに一役買っています。