愛情を示すベストな方法は不完全を大目に見ること

· 2018年3月31日

完璧な愛情はある意味で見つけることができます。 不完全さを大目に見ることでです。ディズニーのストーリーの完璧な世界の外側を生きることを意味します。その世界は、無条件の献身、理想化、盲目の責任は存在しません。

わたしたちがお話ししている愛情は、中途半端ではありません。それは依存的でも、攻撃的でも、受け身でも、被害者意識を持つことでもありません。大きな挑戦です。理想化せずに愛を育むことは簡単でありません。現実的な期待を持つことは難しいものです。

 

不完全性の話をする際、虐待、攻撃性、有害なふるまいについて話しているわけではないことをはっきりさせておきます。これらはどんな状況でも許さるべきではなく、常に非難の対象であるべきです。

キス

恋に落ちることは愛の偶然、愛することは違いに恋すること

恋に落ちることは愛の偶然、愛することは違いに恋することです。安定した愛に「真の」という言葉を授けるのはわたしたち自身です。のぼせ上り状態を超え、許容に向かって関係を導く価値はあります。

わたしたちが多めに見ることができる欠陥は、小さな間違いや習慣の違いなどです。(例: 時間通りにゴミを出さない、洗濯物をやりっぱなし、大事ではないことに優先順位を置く、歯磨き粉のふたを開けたままにするなど)

意見の相違のコンビネーションは、恋愛関係を定義しません。そうだとしたら悪夢でしかありません。人生を共有する人を選ぶとき、何が健全で健全でないのか心にとめておくことが大事です。

テストをちゃんと行わなかったら、恋愛関係の安定性に重大なエラーがあるかもしれない。

頭が花の二人

日々のコミュニケーションこそカップルを定義するもの

様々な面で、恋愛関係の対立は異なる習慣や優先順が原因だったりします。そういった意味で、そのような違いに折り合いをつけなくてはなりません。

なぜそうなのか?わたしたちの内面の自己や長期で期待を傷つけない状況では、悪いもいいもありません。どこに靴下を置くかなんて、重要でも何でもない問題です。

愛情において、わたしたちは平等に話さなくてはいけません。つまり、同意しないもの、大事ではないものにかんしては大目に見る義務があるということに、気づいていなければいけないということです。

共有された経験はわたしたちを形作り、わたしたちを感情で包みます。これこそ本当のコミットメントです。それを維持するには、はじめから自分のニーズをコンスタントに精査する必要があります。パートナーに見る欠陥に、自分の不快感の責任を押し付けることは避けなくてはなりません。

小指を結ぶ

感情は情熱とは違います。感情は長く続き、簡単には壊れないからです。美しさで誰かを愛することは愛ではありません。ただののぼせ上りです。頭の良さで誰かを愛することは愛ではありません。それは尊敬です。 理由はわからないけど愛することこそが愛です。

時間は、違いや癖を受け入れ愛そうとする2人の人間に愛を生み出すと言えます。恋に落ちる以上のことです。お互いが無条件に受け入れられる魔法を生み出す2人の人間こそ愛です。

愛は、わたしたちの内面的・外面的衝動のバランスをとります。わたしたちの共有されたプロジェクトのギアをスムーズに回してくれるアクセルです。 最も激しく最強の力は、理解と許容によってわたしたちを結び付けるものです。

それは、パートナーを大切にし、認めることです。相手、その人のパーソナルスペース、自由、信頼、コミュニケーションに敬意を払うことです。そうすることで、共通のプロジェクト、寛大さ、愛する人とともにいる喜びがやってきます。

海辺のカップル

なぜか?わたしたちが生きている世界は、ロマンチックな恋愛関係が対立によってより難しくなる世界です。わたしたちは本質的に不完全であることに気づかず完璧を求めてしまいます

これを心にとめて置けば、「完璧な愛情」に包まれた愛だけが不幸からわたしたちを救ってくれます。それは幸運なことです。

完璧なカップルは存在しません。いいカップル」には問題がないということではありません。問題をどのように解決したらいいかを知っているだけです。愛することは違いに恋に落ちるということです。バラ色の眼鏡をかけずに、パートナーのいいところも悪いところも見るということです。

世界で最も美しい場所は、わたしたちが愛し、愛される場所です。そこは、やさしさ、歌、信頼、誠意、勇気、あなた、わたし、明日、永遠、「あなたが幸せだから幸せ」といえる場所です。愛が存在し、こころがお気に入りの音楽を聴ける場所です。