メンタルコントロールを向上させる簡単な5つの方法

· 2018年3月7日

私達はそれをメンタルコントロール、または自己制御や自己決定などと呼びます。あなたがそれを何と呼ぼうが、それは欺瞞的な概念です。西洋人は自分自身を含む全てをコントロールすることに非常に執着する傾向がありますが、完全なコントロールは不可能なものです。もちろん、改善や向上の必要はないという意味ではありません。

私達が出来る唯一のことは、知的な方法で自分達の感情を管理することを学ぶことです。これは私達が持つ非合理的な衝動を抑えるメンタルコントロールを向上させるという意味も含みます。私達は皆、自分の中に野性的な意思のようなものを持っています。それは大胆になることを助けてくれますが、怒っている時や恐れている時には私達を翻弄してしまいます。

「他人を征服する自分は強い。自分を征服する人間は素晴らしい。」

-老子-

私達を目がけて侵略してくる激しい衝動を抑えたり、正しい方向に導いてあげる為のいくつかの方法があります。このような衝動が時折現れるのは理解できることです。しかし、このような感情が常に管理されていると、それもまた問題になるのです。そういった時は管理するのを辞めて、メンタルコントロールの練習をするのです。これから、そのコントロールを向上させる簡単なステップを紹介していきたいと思います。

1.自分を知る事はメンタルコントロールを向上させる

あなたは自分の事をよく知っていると思っているでしょう。しかし、それがいつも真実とは限りません。人はそれぞれ異なり、その時のムードや状況に応じて変化します。人間はとても複雑な生き物です。私達のほとんどが最も深い部分にあるやる気を識別することや、ある特定の態度や習慣に対しての動機を説明できないのです。

考える女性の脳

何かに批判的な態度をとった時、「あれ、こんなの私じゃないな」と感じるのは珍しくありません。しかし、それも自分自身なのです。おそらく、自分の持っている側面を知らないだけなのです。自己知識を高めることで、メンタルコントロールも向上します。それにより、様々な状況に対応する方法が分かるようになり、準備が出来るのです。

2.自動操縦を解除する

自分を「自動操縦」で生活することは、本当に生きていると言えません。一つの活動から次のものへ、一つの態度から次のものへと、私達は理由を知る事なく動いてしまうことがあります。これでは、私達はただ人生に引っ張られているように感じて、目的地がどこか分からなくなるのです。

常に全ての物事を認識するのは不可能です。あなたを壊してしまうのでそのような精神生活は諦めなければいけないでしょう。私達が出来るのは、自分がどこにいるのか、そしてそこは本当に自分のいたい場所なのかをよく考える為に立ち止まることです。立ち止まることで、自分自身などへの認識が深まり、メンタルコントロールも上昇するのです。

3.止めることを学ぶ

衝動を止めることを学ぶのは難しいことです。特に子供の頃に衝動的な感情の重要さを教わっていなければより困難になるでしょうし、暴力的な家庭を持っていた人もいるかもしれません。ですので、激しい感情が自分を支配しようとした時、考えることなく行動が出来るように学ぶのです。

この侵略的な感情を調整して、自分の思う方向へ表現することを学ぶのはとても大きな一歩です。それは身に付けるのが困難な習慣とも言えます。私達の脳、特に前頭前皮質は思春期を超えるまで完全には発達しません。これは、大人になるまで衝動をコントロールするのはとても難しいということです。

感情をコントロールすることとは、選択するという意味です。感情をよりワイルドに表現するのか?それともその感情を止めて少し待ってみるか?というように選択するのです。こうすることにより、社会的な面で獲得できるものが多くなるはずです。

4.ストレスを消化する

全ての人間がストレスを経験します(現実が自分の期待に沿わない、努力したのに失敗した時などの感情)。そのストレスは小さいものもあれば、巨大なものもあります。手に入れられない愛や仕事、またはお金などが典型的です。

理由はたくさんあります。私達は皆、過去のストレスをコンスタントに引き継ぎながら現実の中にいて、それはとても自然なことです。問題はそれを受け入れられるかどうかなのです。

ストレスを受け入れて、噛み砕き、それを消化することもまた簡単なことではありません。しかし、もしそれを学ばなければ、そのストレスは激しい怒りへと変わってしまいます。この怒りは私達の心を乗っ取り、生活をも支配してしまいます。また、あなたに何にでも「怒りっぽい人」というレッテルが貼られてしまいます。ストレスにそこまで好きなようにさせないようにしましょう。

5.居心地の良い場所から離れる

居心地の良い場所から離れることで、多くの恩恵が与えられます。最も重要なのは、それが私達をより柔軟にして、対応力を持つのに役立ってくれることです。これは知性の発達を論理的にも感情的にも刺激してくれるのです。また副作用として、私達が自分の感情に寛容になってしまうというのもあります。

私達は機械ではありません。いつも正確に「働く」必要はないのです。大きなプレッシャーがかかっている場合、マインドコントロールの問題は常に相対的なものとして見られることです。不安が軽減される時、感情の熟練度も向上します。特に、健康的な方法で私達の感情に活力を与える方法が学べた時に向上するのです。