他人のモチベーションを上げる技術

· 2017年11月7日

よく行く場所がネガティブな感情の海に浸っている人々であふれていることがあります。例えば仕事場です。チーム責任者だったり、社長だったりする場合、彼らの気分を上げるのはあなたの責任です。しかし、どうやったら他人に影響を及ぼせるでしょうか?これには他人のモチベーションを上げる技術が必要です

まずは自分自身にフォーカスすることが大事です。自分にモチベーションがなかったら、チームのモチベーションを上げることは不可能です。グループのパフォーマンスを保証する立場として、グループ内を支配する感情に注目する必要があります。グループのモチベーションはそれを支配する感情と密接に関わっていることを覚えていておいてください。

「集まることはスタートです。そのまま一緒にいることは進歩です。一緒に働くことは成功です。」
-ヘンリー・フォード-

チームとの関係を改善する

自分の周りにいる人たちの能力を最大限引き出してあげたいですか?その人の能力を理解しているから、前へ進めるよう手助けをしたいですか?スローダウンして後退し始めていますか?そうであれば、求める結果から離れていっている証拠です。プロジェクトが却下されてしまうかもしれません。社内の問題はいつもあなたを悩ませます。

他人のモチベーションを上げる技術は、どんなプロジェクトでも避けられない問題と私たちが対峙しなくてはいけない問題を明確にします。正確に認識を行うには、コミュニケーションが必須です。尊重に基づく関係は、積極性と意見の表現を活発にします。

イルカと氷河

責任者として、いつもあなたが正しいとは限りません。あなたのもとで働く人は、違う視点から物事を見ることができます。みんながプロジェクトに参加していると感じられるよう、すべての意見が聞き入れられることはいいことです。さらに、マネージャーとして他の人が言いたいことや考えていることに耳を傾けることは、起こり得る問題への違った見方を与えてくれます。考えたこともなかったような高次の見方です。

 

モチベーションはすぐ起こせる

昨日したことで子供を今日叱って意味がありますか?モチベーションを上げる技術には、同じことが適用されます。モチベーションは必要なその瞬間に起こさせるべきです。チームの責任者として、モチベーターとしての介入が大きな影響を及ぼせる瞬間に常に気を配っていることが重要です。

「モチベーションは脳のガソリンです。」
-作者不明-

しっかり目を見開いていてください。そうでなければ、何が機能して何がしていないのかわかりません。必要だと思えば言葉や書面で補強してください。そうすることで記録が残ります。記録があれば、あなたがとっているステップをチームが理解し、 ゴールを導き出すためにどのような犠牲を払ったかに焦点を当てることができます。これは、自分のモチベーションにもチームのモチベーションにもポジティブな影響があります。

相手を尊重する

モチベーションを上げることは、プレッシャーをあたえることではありません。時に私たちはこの二つを混同してしまいます。だから期待した結果が得られないのです。チームの責任者として、とるべきステップを指示する責任があります。留意すべきガイドライン、定めた目標を達成するための稼働ペースなどを設定する必要があります。

これらすべてが明確になったら、チームのメンバーをそっとしてあげましょう。彼ら自身の方法で期限に合わせる、彼らの働くペースを確立させてあげてください。自分たちで気分を上げる努力をさせてあげてください。時々確認して、行き詰っていることに対して援助をしてください。何をすべきだったか絶えずリマインドして極度にプレッシャーをかけないように気を付けてください。

女性と風

チームが共通のゴールに向かって励むとき、すべてのメンバーが自分の課題に責任を持つべきです。課題があっても何をするべきか分かっているなら、モチベーションを感じるはずです。しかし、責任に加え、責任者があなたに重圧を加えたらどうでしょうか。責任者が、期限をリマインドして、絶えず進捗具合をたずねて、いいことを一つも伝えず、ネガティブなことばかりに焦点を当てていたら…モチベーションは下がっていきますよね。

 

クリエイティブな方法をとる

肉体的、精神的な疲労があっては、モチベーション向上技術は生産的ではありません。だから、頭脳を絞りつつ少し休むことも重要です。なぜなら、仕事は拷問になりかねないからです。精神的なエネルギーを適切に使うだけでなく、それを楽しい経験にしてしまうことはできます。このポイントに到達するには、楽しく仕事をできるようにする創造的な薬を投入する必要があります。もちろん、責任を無視することなくです。

どうしたらよいでしょうか。いい例は、やっていることすべてをいったん忘れてコーヒーを飲むなどの、10分間の休憩をとることです。あなたはチームの責任者です。リラックスする時間があったからといって、チームのパフォーマンスが下がるわけではないことを知っています。むしろ、逆です。リラックスして頭を空にすることはいいことです。緊張を和らげ、一緒に時間を過ごし笑いあうことは、まさに私たちが必要なことです。

5分間ジョークや話を言いあったり、短い充電昼寝をとることもいいかもしれません。どこかに行ったりする必要はありません。力をチャージして生き返るために、机の前で、仕事場で、楽しいことをしたり休息をとることは大事です。正しく行われれば、この習慣はいいグループ環境を生み出し、仕事を超えてお互いがどのように感じているかを知ることができます。

「犯したミスの数、進捗のスピードは、関係ありません。少なくとも、何もチャレンジしていないひとよりは、ずっと先を行っています。」
-トニー・ロビンズ-

 

ハッピーなチーム、ハッピーなボス

チームとコミュニケーションをとってください。自分のチームメンバーに起こることに興味を示してください。そっとしておく時間や、休憩をとってください。これらすべてが他人のモチベーションを上げる技術には必要です。目標はなんですか?かなりの真剣度と責任を伴うことを楽しく行うことです。不可能に思われるかもしれませんが、そんなことはありません。このちょっとした工夫がチーム、特にあなたを救います。自分の強みを生かして次のプロジェクトに取り組めるよう、準備しておきましょう。