目標達成するために役立つ自己分析ツール

2019年7月14日
あなたの性格のひとつひとつの面を分析し、豊かにしたいと思いませんか?勝つための方法を知りたくありませんか?ここでは、アドバイスやツールをを紹介します。ぜひ、お読みください!

もし、自分が達成したことだけが記憶に残り、どのようにそこまでたどり着いたかを覚えていなかったとしたら、どうなるでしょう?自分のしたことを忘れると、素晴らしいことを達成するために同じことを繰り返すことが非常に難しくなるでしょう。また、自分がそれを達成したのだと知る力を失うでしょう。そのために、どのように勝利したのかを覚えておく必要があるのです。

あなたが改善し、努力すべき自分の性格の部分は、簡単に特定できるでしょう。言い換えると、自分があまり好きではな所や、最も問題を引き起こす部分です。それでは何があなたを強くするか、特別にするかと聞かれたらとどうでしょう?この質問に答えようとすると、自分の悪い部分を認識することよりも難しいということが分かります。

素晴らしいことを達成するのに何が役立ったかを覚えておくことは必要です。これにより、あなたが困難に立ち向かう時、どのような特徴があなたを形作っているかが分かるからです。どこでつまずいたのかが分かり、次のためにより良いアイデア持つことができます。困難な時助けてくれた人々に聞いてみてください。自分を信じましょう。一度できたことが、またできないはずがないのです。

素晴らしいこと 達成するため

 

SWOT:有効なツール

SWOTは、現実を客観的に分析するのに役立ツールですそれぞれの長所や短所を評価し、内的な面と外的な面を考慮するよう導いてくれます。はじめは、企業やビジネスマンがターゲットで、それはこのツールがより効率よく市場や企業を分析するのに役立つためでした。では同じように、自分の性格やスキルを分析してみてはどうでしょう?

これは、4つの構成要素、Strengthes(強み)、Weaknesses(弱み)、Opportunities(機会)、Threats(脅威)の頭文字です。長所と短所は、それぞれの内面を作る内的要素です。あとの2つは外的要素です。それぞれのポイントを見ていきましょう。

  • 強み:自分の長所を分析し、認識できるよう、内省を必要とします。自分はどこがどのように特別なのか?人と何が違うのか?例えば、問題解決における創造性は、物事に新たな方法を見出します。
  • 弱み:もっとも努力を必要とする内的葛藤です。ストレスや問題の原因になり、改善したいと思う部分です。これらは私達皆が戦い、解決すべき壁です。短所の例としては、意志が足りない、フラストレーションの耐性が低い、人前で話すのが苦手などがあります。
  • 機会:ここで、長所を高め、短所に働きかけるために使える外的側面を分析しなければなりません。つまり、個人的改善のために使える要素です。例えば、人前で話すための講習会に参加する、運動コースに参加する、健康的な食生活を送るなどです。
  • 脅威:これは外的危険で、あなたの性格や属性、成長に影響を及ぼすものです。これらと向き合う時のために、それを評価し、頭にいれておく必要があります。例えば、人前で話す機会があり、これが苦手だと感じる場合、プレゼンテーションをできる限り仕上げておくことができます。
目標達成 自己分析 SWOT分析

 

良い分析が、素晴らしいことを達成するために強みをもたらす

SWOT分析は、効果的であると証明されています。先にも言ったようにこれは組織の評価にも使えます。自分自身に使うのも強力で効果的です。あなたの人生や計画を構成するのに役立ちます。さらに、様々なレベルで深くまで探ったり一部を利用することもできます。つまり、独創的にあなたのニーズに合わせて使えるよう、あなたが主導権を持つことができるのです

この方法は、それが長所であっても短所であっても、あなたが好きであってもそうでなくても、あなたの性格を特徴づけ、力強くするものです。今の自分、なりたい自分、そのために何が必要かを知ることで、あなたは素晴らしいことを達成する場所にいられます。あなたの目指すところへ向かう道をデザインする機会を与えてくれるでしょう。

「自分に立ち向かおう。それが成長へと続く唯一の道だ」

-モーガン・フリーマン-