モネ:印象派の巨匠

2019年8月5日
オスカー・クロード・モネは、非常に有名なフランス人画家であり、印象派の創設者です。

オスカー・クロード・モネはフランスで最も有名な画家の一人です。彼は1840年11月14日にフランスのパリで生まれました。5歳の時にル・アーブルに引っ越し、父は商人として働き始めました。母親ルイーズは歌手でした。

沿岸都市ル・アーブルは、モネが海について多くを学んだ場所です。印象派は絵画と自然の表現に焦点を当てていました。モネの絵画は、日々変化する光や天候の様子を反映しています。

ご存知でしたか?:
パブロ・ネルーダと静寂:優しさと繋がる芸術

クモネロード・モネの幼少期

15歳の頃には、街中で評判になり、友人や地元の名士をユーモラスに描いたカリカチュアやヨットの非常に詳細なスケッチを売っていました。アマチュア画家だった叔母のマリー=ジャンヌ・ルカドールは、若いモネに大きな影響を与えました。彼女はモネに地元の芸術家と一緒に芸術を学ぶことを勧めた人物です。

“色は私が一日中取り憑かれ, 楽しみ,苦しんでいるものだ。”

-クロード・モネ-

彼の絵は、ウジェーヌ・ブーダンと出会ったときにさらなる進化をとげました。ブーダンはモネに、当時では珍しい戸外での絵画制作を提案しました。こうして、以後60年もの間、彼は自然の中の光と色彩を探求するようになったのです。また同様に、細部を緻密に描くことよりも、絵画全体を見たときに起こる視覚効果を重視し、混色と原色の絵の具による短い断続的なストロークを並べ、それが振動しているように変化させました。

家族の希望に反して、モネはパリのエコール・デ・ボザールに参加しませんでした。そして、アカデミー・シュイスに入学し、彼はカミーユ・ピサロと知り合いました。

アルジェリア戦争で戦うことを余儀なくされた後、彼はパリに戻り、ここでルノワール、セザンヌ、ウィスラー、そしてマネらと出会いました。この時期にモネは日本画(ジャポニスム)と出会い、後の作品に大きな影響を与えました。

モネ 印象派の巨匠

若い頃のモネと落選展

1870年に、モネはカミーユ・ドンキューと結婚しました。その後、普仏戦争が勃発すると、ロンドンに引っ越しました。戦争が終わると2人は、パリのアルジャントゥイユへ戻りアトリエを構えることになります。

「印象派」という用語は、印象派の画家たちの最初の独立美術展で1874年に展示された彼の絵画、「印象、日の出」からとられました。

この展覧会は、落選展に影響を与えることとなりました。批判があったにもかかわらず、さらに6回の展覧会が開かれました。

モネ 印象派の巨匠

モネの作品と二度目の結婚

1876年に、モネはエルネストとアリス・オシュデと出会います。彼らはモネとの友好関係を築き、後に親しくなるためにヴェトゥイユに引っ越しました。

カミーユが病死した数年後にエルネストも亡くなりました。モネとアリスの仲は深まり、モネは1892年にアリスと再婚することになりました。

こちらもご参考に:
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:不朽の天才

その後、モネはジヴェルニーに引っ越しました。そこで、彼は有名な睡蓮の絵を含め、風景の絵を描き始めたのです。

「私にとって、風景はそれ自体では存在しません。その外観は刻々と変化するからです。しかし、風景を取り巻く周囲のものが生命をもたらします – 空気と光…私にとって、本当の価値を与えるのは周囲の雰囲気だけなのです。」

-クロード・モネ-

1907年、モネは視力に問題を抱え始めました。 1923年には、彼はほぼ盲目になってしまいましたが、白内障の手術後、視力は少し改善しました。

そして1926年に、モネは、肺がんにかかり86歳で亡くなりました。

モネ 印象派の巨匠

モネの遺産:日本庭園とブラシストローク

モネの家には、小さな池のある素晴らしい庭園がありました。彼の相続人は1966年にフランスのアカデミー・デ・ボザールに家を譲り、その後1980年に、財団クロードモネを通して、家と庭は一般に公開されました。

“私の庭は私の最も美しい傑作です。”

-クロード・モネ-

モネは印象派の創設者であり、そして擁護者でした。彼はフランスの田舎の同じ風景を何度も何度も描くことで記録に残しました。 積みわら(1890-1891)やルーアン大聖堂(1894)など彼の一連の絵画は、定期的に展示されていました。

モネの作品は美術館の展示会を通して世界を旅し、世界的に認知されるようになりました。彼は自然を愛し多くの芸術作品を残した印象派の巨匠なのです。