ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:不朽の天才

2019年6月28日
その他の天才と違い、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、反逆者や変化を起こした人ではありません。モーツァルトは、音楽や作曲の喜びに情熱を注ぎました。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、35歳で生涯を終えましたが、600曲以上を完成させ、未完成のものも約132曲あります。幼少期は有名人でしたが、終盤は悲哀や忘却に満ちたものでした。彼は古典派の終わりからロマン派の始まりを象徴する音楽の天才です

レオポルト・モーツァルトとアンナ・マリーア・ペルトルには、7人の子どもがいました。生き残ったのは、マリーア・アンナとヴォルフガング・アマデウスの2人だけです。父親は音楽に生涯を捧げた人です。ベネディクティン大学で歌唱、オルガン、作曲を学び、バイオリン奏者になり歌とバイオリンを王室の子ども達に教えていました。

ヴォルフガング・アマデウスは誕生したのは、皆にナンネルと呼ばれる、マリーア・アンナが5歳の時です。彼女は素晴らしいピアニストでした。しかし、弟の成功により、彼女は音楽の道を諦めざるをえませんでした。家族には2人を支える経済力がなかったのです。

「音楽は、楽譜にあるのではなく、間の静けさにある」

-ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト-

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:不朽の天才

 

並外れた幼少期

それは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが4歳の時に始まりました。姉のナンネルが日課のピアノを練習している時、ヴォルフガングはナンネルの膝の上にいました。突然、数秒前にナンネルが引いたメロディーをピアノで弾いたのです。ナンネルは驚いて、すぐに父親に伝えます。

それからレオポルトは、息子に音楽を学ぶよう促します。彼はパーソナルインストラクターになり、ヴォルフガングは立派な生徒になります。少年は音楽を愛し、勉強するための圧力をかける必要はありませんでした。6歳の時、最初の曲、ピアノとバイオリンのソナタを作曲し、父親を大いに喜ばせることになります。

レオポルトは子ども2人のために、プレゼンテーションを計画します。一つ目は、当時の政府の長であったザルツブルグ大司教に向けたものです。もう一つは、ヨーロッパツアーで聴衆を魅了しました。父親は子どもに有名になってほしかったのです。お金のことは気にしなったため、いつも安い宝石で支払われるのみでした。

「私が主張したいのは、全世界に自分は恐れいていないということを示す、ただそれだけだ。それが自分の選択であれば、静かにいよう。しかし、必要な時は、声を出そう。人の記憶に残るように声をあげよう」

-ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト-

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの輝かしいキャリア

幼少期のツアーと奮闘は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの健康面に影響をきたしますヴォルフガングは仕事を楽しんでいました。あるコンサートでつまずき、転んだ時、ひとりの少女が助けてくれたことがあったと言います。そのお礼にヴォルフガングは大きくなったら結婚しようと約束します。その少女が、後のフランスの女王マリー・アントワネットです。

彼は19歳までに約200曲を手掛けました。イタリアのツアーの後、作曲家になることを決意します。父親はザルツブルグを出られなくなったため、母親がツアーに同行します。

モーツァルトの感情的な人生は、ランダムで見当はずれなことがよくありました。人生を音楽に捧げる女性とのロマンスがたくさんありました。1782年、コンスタンツェ・ヴェーバーと結婚します。しかし彼女は生涯の伴侶にはなりませんでした。6人の子どもをもうけましたが、生き残ったのはたった2人です。

「非常に高い知能や想像力、またはその両方が一緒になり、天才を作るのではない」

-ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト-

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:不朽の天才

 

悲しい結末

モーツァルトはヨーロッパ中で有名でしたが、経済的困難を抱えていました。彼も妻も貯金しなかったのです。そのため、「フィガロの結婚」、「ドン・ジョバンニ」、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」などの成功はありましたが、いつも経済的に困窮していました。

「魔笛」が完成しようという頃、あるミステリアスな男性に、お金を払うので葬式の曲を作ってほしいと頼まれます。ヴォルフガングはそれを受け、有名な「レクイエム」を作ったのです。その時、彼の病気は深刻でした。リウマチ熱により、ピアノを弾くことさえできませんでした。

1791年12月4日、自分で演奏できなかったモーツァルトは、レクイエムをピアノで弾いてもらうために友人を招きます。「ラクリモーサ」が始まると、彼は泣き始めたとも言われています。友人は家を後にし、明け方、モーツァルトは亡くなりました。埋葬の日は嵐で、彼を弔う式典に行ける人はいませんでした。

「私の芸術を実践することが、私にとって楽になったと考えるのは誤りだ。友人よ、私ほど丁寧に作曲の研究した人は誰もいないと言い切れる」

-ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト-

  • Rodríguez, A. D. (2013). Mozart. Sociología de un genio, de Norbert Elias. Revista Colombiana de Sociología, 36(2), 237-240.