無駄な時間を減らす7つの方法

· 2018年6月26日

何時間もかける必要のないことに、時間を使ってしまうことがあります。時間が短くなったような、物事が大きくなったような気がします。少なくとも部分的に、時間をうまく使えず、時間切れになってしまいます

 

「人生を愛していますか?時間を浪費せず、有意義に使おう」

-ベンジャミン・フランクリン-

 

上手く計画を立てないと、時間を無駄にします。後に必要となる、または、ただ自由に使える貴重な時間です。刺激の多いこの世の中で、計画を立て、それを実行することは簡単ではありません。しかしそれは不可能でもなく、ここで、時間を無駄にしない方法を学びましょう。

 

時間厳守―無駄な時間を減らす薬

時間厳守からスタートしましょう。遅刻したり、開始が遅れることがある人は、何をしたらいいかすぐに分かるでしょう。あなたは、混沌な状況ですべてを始めているのです。考えや計画なしに、動き始めています。

カラスと時計

時間厳守は、開始だけでなく終わりにも気を付けましょう。始めるときと同じく、終わりにも目を向けてください。休憩も含めてです。時間を守り、スタートすることで、待ち合わせや良い体系を作るなど大いに役立ちます。

 

優先順位がカギ

無駄な時間を減らしたければ、優先順位をつけることがカギです。方法はいくつかあります。一般的には、急を要することを優先し、そうでないものを後に回します。こうすると、すべてが終わらなかった場合でも、最低限、重要なことを終わらせておけます。

もう一つは、複雑さにより順番をつける方法です。一日の始めは、頭もさえており、エネルギーいっぱいです。効率よく動くことができます。大変な作業をするのに理想的な状態です。単純なものは、自分がベストの状態でなくても、難はないでしょう。

 

ひとつづつ、少しづつ

自分の身の回りのことをまとめるのが苦手な人へ有効なアドバイスです。全て同時にしようとせず、一つずつ、ステップごとにこなしましょう。達成感が得られ、時間とエネルギーを効率よく使えます。

腕時計

時間を無駄にしない一番の方法は、一回に一つのことをすることです。感じたことはありませんか?やりたいことがたくさんあるのに、何もできずに終わったこと。中途半端に始め、どれにも集中できなくなり、ストレスばかり増えます。これは、注意散漫になり、失敗の数を増やすだけです。

 

自分のリズムとテンポ

時間を無駄にしないため、自分を知ることも重要です。例外はありません。自分を知り、どんなタスクにどれくらいの時間を必要とするか見極めましょう。特に、絶対に必要な部分に焦点を当てましょう。

ただ時間を測るだけでは足りません。それらのタスクに向かう自分の態度やどんなことに集中しやすいかも知っておきましょう。それらの情報から自分のリズムやテンポが分かるようになります。発展のための現実的な目標が立てられます。

 

テクノロジーの使い方

現代が抱える問題です―携帯や仕事で何をしなければならないかに気を取られすぎます。一日のうち、メールやメッセージを確認する時間を決めるだけで解決します。

太陽と時計

どんなに頑張っても、電子機器から離れることができないという人は、意志の力だけでは足りないため、他に方法が必要です。例えば、通話のみの携帯に変える、電源を切る、家に置いておく、などです。

 

 切り離す

時間と締め切りを守ることに関してです。仕事以外の時間は、仕事のことは忘れましょう。自分の時間を大事にし、心と体の健康に気を配ることにつながります。

仕事を家に持ち帰ってはいけません。まず、個人と仕事のスペースを切り離しましょう。仕事と個人のメールを別にし、混同しないことが第一です。そして、仕事の場にいない時、仕事を完全に切り離せたら、理想的です。

 

自由時間を大事に

仕事で疲れを感じることがあります。仕事が終わり、したいことと言えば、ソファに座りテレビを見て「何も考えない」ことかもしれません。または、すぐに布団に入り、消耗したエネルギーを回復することでしょうか。それでも、十分休めていない感じが残ることがあります。

地球と男性

休むとは、嫌なことをすることではありません。受け身である必要もありません。無駄な時間を減らすため、遊び、創造的・感情的になることが理想です。家族や大事な人と時間を過ごすことも良いでしょう。話したり、散歩に出かけたり、リラックスできる趣味を始めましょう。こうすると、疲れが完全になくなるのを感じられます。

時間は人生に与えられたものさしです。人生そのものです。あなたの時間は貴重なもので、ネガティブな考えや気持ちの原因となるようなもので、それを無駄にしてはいけません。無能な考えや無用な気持ちです。リラックスや好きなことに時間を使いましょう。試す価値はありますよ。