ネット上の友人関係を経験すること

2020年3月7日
愛情、敬意、支え… これらは友情を育む上で必要な要素の一部です。しかし、これらの要素だけでコンピューターの画面を通して生まれた絆を維持することはできるのでしょうか?

最新の科学技術の発展は、他人とコミュニケーションをとったり交流するための新たな方法を生み出すことを可能にしました。そのおかげで、ネット上での友人関係を楽しみやすくなっており、日々、出会いを求めてインターネットにアクセスする人が増えています。しかしほとんどの人がこういった友人関係を現実世界にも取り入れたいと考えているようです。

とはいえ、ネット上で友人関係を確立し、それを維持することなど可能なのでしょうか?もちろん、全ての事柄を白か黒かではっきりと分けられるとは限りません。この記事では、ネット上の友情について、それがどの程度リアルなものになり得るのかを学んでいきましょう。

ネット上 友人関係

“友情”という言葉が現代社会で意味するものとは?

友情というのは幅広い意味を持つ概念です。全ての友情が同じ形というわけではなく、全員が同じようなタイプの友情を探し求めているわけでも、他者と価値観を共有したいと考えているわけでもありません。機能している友人関係もあればそうでないものもありますし、職場や学校など、同じ場所に属していることから花ひらく友情もあります。

一方で、喜びを共有できるような友情もあります。これが実現するのはお互いが愛情や敬意、賞賛といった気持ちを抱きあっている場合です。このような場合には出会いの文脈は問題にはなりません。なぜなら人々は自分たちが属す場所よりもむしろ相手といて自分がどう感じるかによって友人になることを決めているからです。

したがって、中にはネット上で始めるのが不可能な種類の友情もあるのです。ネット上の友人をハグしたり、週末に一緒にバーに飲みに行くことはできません。しかしオンラインの友人関係ならではの、友情のまた別の側面も存在しているのです。

ネット上の友情の特徴

私利私欲なしの友情

家族や職場などの環境とは異なり、交流せざるを得ないような共通の基盤が存在しないため、関係性は自主的なものとなります。さらに、地理的な距離もあるので直接会うことはできません。

したがって、相手が下心なしで正直であると思えるでしょう。そういった人々との友情は現実的なところから生まれます。共通の趣味や価値観があることで友人同士になれるのです。この関係性が自分を豊かにしてくれるような満足度の高いものであるために、両者は自分たちの絆を維持しようとします。

ネット上 友人関係

お互いへの深い理解

ネット上の友情には、メッセージのやり取りがかなり関わっています。文字を書くことで、疑念を表現したり互いに心を開き合うことが可能です。書き言葉の場合、適切な言葉を選ぶ時、口頭で伝える場合よりも注意深く考えなければなりません。そして自然と湧き上がるものであるとはいえ、話し言葉は書き言葉よりも素早く出てくるので、浅はかな言葉に聞こえてしまうこともあります。

しかし文章を書けば、自分の気持ちを把握し続けつつ、それらをより正確に表現することができます。さらに、時間をかけながら相手が共有してくれたものに敬意を表せるようなコミュニケーションが可能になります。

ネット上の友人関係は相手のことを深く知るための機会を与えてくれますし、自分自身を理解することにもつながります。そしてこれが心と心の重要な絆を作り出すのです。

ネット上の友情に見られる忠誠心、支え合い、信頼

これらは友情の基本的な特徴です物理的な距離に影響されるどころか、ネット上の友情はより強いものとなっています。ネットでやり取りする友人同士は互いに自身の経験や恐怖心、疑念などを共有することができ、共通の趣味や深い知識のおかげで相手を理解し合ったり真に愛情のこもった助言を与え合うことができるのです。

誰かが自分と友だちになるために時間を割こうとしてくれていることを知ると、とても良い気分がするでしょう。また、二人とも忙しく、遠く離れたところに住んでいるにも関わらず、この友情を大切にしようと努力している場合にはなおさらこのような態度が心に響くはずです。

ネット上 友人関係

まとめると、ネット上の友情は決して物理的に触れ合ったり共に過ごしたりする経験の代わりにはなりません。しかし、時にはインターネットで興味深い人々と知り合えることは確かです。互いに離れた場所に住んでいるからといって、そういった人々のいない生活を選ぶ必要はないのです。

ネット上の友人関係には限界があるように感じてしまうかもしれませんが、だからといってそれが不毛な経験になってしまうわけではありません。愛情や互いへの敬意、関心があり、相手のありのままの姿を大切に思うことができていればネット上で友情を育むという体験は素晴らしい経験となり得るでしょう。

Chan, D. K. S., & Cheng, G. H. L. (2004). A comparison of offline and online friendship qualities at different stages of relationship development. Journal of Social and Personal Relationships21(3), 305-320.

Mesch, G. S., & Talmud, I. (2006). Online friendship formation, communication channels, and social closeness. International Journal of Internet Science1(1), 29-44.