日本の規律の3つの鍵

2019年7月10日
日本の規律の3つの鍵は、秩序、清潔さ、そして時間厳守です。今回は日本の規律についてご紹介します。

日本人にとって、規律は基本的なものであり、幼い頃に子供にしっかりと身につけさせる必要があるものです。その誠実さのおかげで、日本人は秩序を保つ国民として知られています。

西洋人は日本人の絶妙なマナーに感銘を受けることが多々あります。しかしそれ以上に、高い生産性と同様、しっかりとしたテクノロジー企業を創り出すことによって、世界市場で自身を位置づけるその方法に深く関心が寄せられています。

また、逆境から回復、修復する能力も高く評価されています。その復興の能力は第二次世界大戦の時に、そして福島第一原子力発電所の災害の後にも示されました。日本人は忍耐強く抵抗力があり、そして規律を重んじる国民です。

日本人の仕事ぶりと地域社会の福祉への効果的な貢献は、間違いなく世界中の注目を集め、人々は常に高い期待を寄せています。しかし、これらの高い期待がある一方で、不安、ストレス、そして年々高まる自殺率など負の影響も出ています。

日本の規律

日本の規律の3つの鍵

日本語自体も大きな注目を集めています。他の言語には存在しない表現があります。他人と自身の仕事を認識する重要性を示す表現が例に挙げられます。 「おつかれさまです」のようなフレーズは、たとえば、他人の仕事や努力を尊重して使用する言葉です。

しつけはすべてを養うその根本です。しつけは才能を高めるのに役立ちます。今回は日本のしつけにおける3つの重要なポイントをお伝えします。

こちらもご参考に:
日本の心理学5つのポイント

組織

組織化により、時間を節約し、より効果的に行うことができます。整理された家は調和を反映しています。すべての教師、学生、およびスタッフが明確な機能を持つ学校は、日常業務の有効性を向上させます。

このように環境を整理することで、タスクを最適化して課題に迅速に対応することができます。

日本の指導者たちが日々の仕事のほとんどすべての詳細を知っているという事実を無視することはできません。彼らにとって、一人ひとりが自分の仕事に完全にコミットすることは非常に大切なのです。

日本 規律

掃除

日本の文化では、掃除はその場所から汚れを取り除くこと以上のものを意味します。私たちの生活にバランスをもたらすための方法でもあります。近藤麻理恵氏による家の整理や掃除術は非常に有名です。汚いものや散らかったものは、幸福と心に影響を与えます。したがって、空間に調和をもたらすためには、いくつかの方法をとる必要があるのです。

日本では、その方法は「5S」として知られています。

  • 整理:役に立たないもの、必要ないものを捨てる
  • 整頓:すべてに専用のスペースを設ける
  • 清掃:子供を含め、それぞれがすべてのスペースを清潔に保つ責任を持つ
  • 清潔 : 清掃基準を標準化し、誰もが理解できる明確な規則を設ける
  • 躾:この用語はまた「規律」を意味し、日常的に上記の事項を行うことを意味する

ご存知でしたか?:
日本の素晴らしいことわざ10選

時間厳守

規律へのもう一つの鍵は時間厳守です。この用語は、いつも時間通りであることを意味するだけではありません。時間厳守は、目的にしっかりと従うこと、目標を設定し達成することを意味します。また毎日の一連の目標を設定し、迅速かつ効率的に達成することが求められます。

日本 規律

時としてこれは過度に高い期待につながります。大きなプレッシャーとなり、期待に応えられないときに悪影響が出て、最悪の場合自殺を選ぶケースがあることも事実です。

自由と生活の質を制限する抑圧的な要求に直面したときに決して極端になるべきではありません。日本人の規律から学ぶものは多いですが、適切な方法でその価値観は適用されるべきです。誠実さと回復、修復力など見習うことは多いですが、プレッシャーに感じるほど自分を追い込まないことが大切です。

  • Blocker, Gene (2001) Japanese Philosophy. Sunny Press