ニーズを知ることは不安を解消する最も優れた方法

2018年4月8日

不安障害はこの社会の中で最も知られている精神的な問題の一つで、タバコやアルコールなどの乱用に次いで2番目に大きな問題となっています。

この事実が、不安障害の重大さを物語っています。ですので、このような症状が現れた時、私達は最も良い方法や手段を用いてこの病気と闘う必要があります。

この世界において、不安障害はとても一般的で重大な病気です。その為、私達はその不安が関係している主な要因を認識しなければいけません。

その要因というのは自分のニーズを知らない、またはそれらを後回しにすることです。

不安は初期症状が辿り着く最終地点

私達が不安を病気と捉えすぎているのは事実です。そして、それはただの病気ではなく、警告システムのようなもので、私達の体や心が何かが間違っていると私達に伝えているのです。

それを病気と認識しすぎている為、不安を解消する方法として様々な治療法が存在しています。しかし、これらのほとんどは大きな間違いなのです。

多くの人がその症状を治療することだけに集中して、その根源となる原因を無視しているのです。このような症状に合わせた治療では、不安の原因を解消出来ず、不安の出現だけに注目をすることになってしまいます。

不安の感情状態は一つの原因から成り立っているのではありません。最も一般的な原因に、ストレスが長引く、または理想と現実の自分に大きなギャップを感じているなどがあります

つまり、そこには自分の持っているものと自分が欲しいものに違いがあるということです。このような違いが巨大になったり、極端なものになると、不安は現れやすくなります。

不安な男性

これに加え、別の原因として、個人的なニーズを理解していないことが挙げられます。長い間、惰性で生活する事に慣れてしまい、自分が本当に求めていることを生み出さなくなるのです。そして、これが起こると、私達の心理システムは不安という警告を示すのです。

自由な時間がもっとほしい、色々な人に会いたい、仕事を減らしたい、家族との時間が欲しいなどのニーズを理解していない人は、不快な環境に自分の身をさらしてしまうことになります。

このようなネガティブな感情が長続きすると、それは不安を引き起こしてしまうのです。

「満たされるということは、あなたが求めているものをあなたが持っていることに気付くことだ。」
-アラン・コーエン-

果たしたくない義務をやり遂げたり、犠牲を払うことに何の間違いもありません。しかし、それが普通になってしまうと、問題が生まれるのです。

私達が無限にこのような行為を行う時、それは個人的なニーズを満たしてくれません。このような状況に陥った時、私達の心は何かを伝えようとします。

それは、あなたが正しい道にいない、人生は悪い方向に進んでいる、そして変化が必要だというようなメッセージを伝えているのです。そして、不安はそういったサインを伝える為に存在するのです。

あなたの内なる「コンパス」が狂った時に不安は活発になる

鼓動が早くなる、吐き気、発汗、そして、現実との孤立感などの不安障害の症状をあなたが経験したとします。これらが起こった時、セラピストが行う治療は、この症状を撃退することです。

これは正しい方法です。しかし、長期的に考えるとこれだけでは不十分で、もしこのような状態が続いているというのであれば、上記にある症状を促している何らかの原因があるということです。

それがどのようなケースであっても、対処するまで私達を傷つけることを止めません。不安は私達に変化を促し、その変化は人によって様々です。

それが仕事に関連したものかもしれませんし、結婚や家族、そして子供に関連していることもあります。しかし多くの人が抱えているのは、自分のニーズや価値を犠牲にしているという状況です。

不安を解消する方法

不安を解消するには、感情の知識を高める努力をしなければいけません。それは、自分の価値やニーズを理解するということです。

もちろん、症状に注目するのは良いことですが、その原因は私達の生活の中に不満を生み出し続けます。

その為、もし不安障害の治療が、原因の治療に特化するものでなければ、症状を一時的に防いでいることに変わりありません。

初めの一歩はセラピーに行くことです。これはとても簡単で明らかなように思えますが、多くの人が間違いを起こすポイントでもあります。

専門家の助けが必要な問題を一人で解決しようとするのは大きな間違いです。

効果的な治療は、不安の症状を抑えることから始めることで、ゆっくりと人生の目標や変化を設けることが出来るのです。そして、その変化などが私達の心の奥深くで眠っている欲望を満たしてくれるのです。

「もし幸せになりたいなら、あなたの考えを率いる目標を決め、エネルギーを解放し、そして、希望を刺激してあげましょう。」
-アンドリュー・カーネギー-

カウンセリング

不安を制御し、本当に不安に打ち勝つ為にもう一つ実践しなければいけないことがあります。それは、個人的な成長をすることです。

ここで重要なのは、ニーズの為の時間やスペースを設ける方法を学ぶことです。それは、「私は何が欲しい?、私には何が必要?、私が好きなことは何?」などと、今まで答えたことのない質問に答えるようなもので、とても難しいかもしれません。

しかし、このような質問を自分に問いかけることや、心理セラピーのプロフェッショナルに助けてもらうことで不安に打ち勝つ扉を開くことが出来ます。もしあなたが不安に悩まされているのであれば、今回紹介したような方法を試してみてください。

誰かに助けを求め、自分の深い望みやニーズに耳を傾けてあげるのです。こうすることで、新しい自由な人生、そして不安のない人生を始めることが出来るのです。