人生を変えるNLP(神経言語プログラミング)の3つのカギ

2018年7月29日 in 心理学 0 シェア済み
エネルギー

NLP(神経言語プログラミング)は、現実の解釈や受け止め方を変えるのにとても効果的です。思考や感情が私達のすべてを形作っているということを私達は忘れがちです。だからこそ、これを意識させてくれるNLPテクニックの有効性が、脳に適格な変化を引き起こします。

神経言語プログラミングについて聞いたことがありますか?ただの心理学理論ではなく、人の成長に役立つストラテジーの塊です。1970年代、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが、人々が人生の目的を果たすことができるようにと構成しました

「考えてきた結果が、今である」

-釈迦-

NLPに対しては批判もあり、疑似科学だと見られていることも指摘しておかなければなりません。それでも、多くのケースでNLPストラテジーはとても有効です心理学的に見ても興味深いものです

主な目的のひとつは、神経学的プロセスと言語を経験を通して身に着けてきた行動パターンとつなげることです。私たちが物事に与える認知的意味を修正し、凝り固まったメンタルマップの力を奪うことで、少しずつより柔軟な行動パターンを作り上げます。

NLPは、現実を変え、私たちの考え方や自分を囲む世界への感じ方を作り上げる興味深く有用な方法で、より自由で、ポジティブ、幸せな人生を送ることができるでしょう。

脳の探索

1. 解離テクニック

神経言語プログラミングによると、信頼の欠如、不安やストレスは一生続く状態ではなく、活動・プロセスです。そこで、このプロセスをコントロールし、私達に反してではなく、良い方向に働くように変えていくことがカギとなります。

その一つの方法が、解離です。次のように行います:

  • 止めたい感情を明確にし、取り出してみる。怒り、悲しみ、恐怖、失望など。
  • それを引き起こす原因となっている特定の感情や状況に集中する。例えば、仕事の仲間が陰で話す時怒りを覚えるなど。
  • 映画のようにそのシーンを思い浮かべる。深刻さを取り払うような、おかしなサウンドトラックをつけてみる。 次に、ネガティブな感情を減らすよう、そのシーンを何度も思い返す。

これで、全てがうまく行くような、その状況が大したことでないような気になります。 面白くさえ感じることもあります。大きな怒りは消えてしまったでしょう。

2. 内容の再構成

次の神経言語プログラミングテクニックは、明らかなようでありながらあまり使用せず、使ったとしても間違った使い方をしているかもしれないものです。何か悪いことが起こるのではないかと思ったり、最悪の事態を想定していると、自分で悪いことを引き起こしてしまいます

例えば、恋人に振られてしまったらどうしようと常に考えている人がいます。それにより慌て、嫉妬や不信感、異常な行動が増え、破滅的なことをしてしまいます。そこで、不安が現実になるのです。その行動に耐えられなくなった恋人は去ってしまいます:

  • 有効なNLPテクニックの一つが、内容の再構築。焦点を不安から引き離して、より建設的なものへと向けなおす認知テクニックに基づいたもの。
  • 例えば、恋人を失う恐怖ではなく、その人とより良い時間を過ごすことに集中する。
  • 孤独への恐怖を自分への責任の容認へと変化させる。恐怖に埋もれるのではなく、自分を深く愛し強くなることを学ぶ。

脳

3. 神経言語プログラミング:アンカーテクニック

アンカーテクニックは、個人の成長へ関わる定評あるNLPストラテジーです。ここでの「アンカー」とは何でしょう? 刺激と感情の間をつなぐものです。心を適切で力強い状態へともっていくのが目的です。そうすることで、必要なことを上手く処理できるようになります。

「多数派に属していると気付いたとき、止まって、案じよ」

-マーク・トウェイン-

あなたが緊張や不安を感じる状況を思い浮かべてみてください:試験、人前で話す、好きな人に話しかけるなどがあります。もしここで正しい心の状態を築くことが出来れば、自信を持ち、モチベーションはあがり、このような状況も簡単に切り抜けられるでしょう。NLPに基づいたアンカーテクニックの使い方は次の通りです:

  • 自分の感じたいものを明確にする: 自信、幸せ、落ち着きなど。
  • そんなポジティブな思いを強く感じた、今までにあった瞬間を思い出す。
  • その記憶に集中し、写真を撮るようにそのシーンを記憶する。
  • アンカー(支え、重心)として働くフレーズを考える: 「私は平和な場所にいる」「平静」「全て上手くいく」など。
  • この順番(思い、記憶、視覚化、アンカーフレーズ)で、心の中に組み込まれるまで毎日続ける。すると、必要な時に、自然と出てくるようになる。

脳とスイッチ

神経言語プログラミングの世界に興味がわいてきましたか?それも無理はありません。誰にでもでき、人の持つ大きな潜在能力にピッタリはまるためです。より詳しく知りたい人は、NLPの入門書を読んでみることをお勧めします。このトピックをより深く探り、人生の変換方法を知りたい方には、ぜひ、お勧めです。

あなたへおすすめ