ノーム・チョムスキーを知らない家族

ノーム・チョムスキーを知らない家族

最後の更新: 26 11月, 2018

つい最近映画を見ていたんです。その中で、注意をひかれたシーンがありました。とても型破りな家族が、ノーム・チョムスキーの誕生日を祝っていたんです。子どものひとりが、チョムスキーの誕生日を祝うことに激怒します。友達のようにクリスマスを祝いたいと言いました。父親の反応は、頑なです。嘘っぱちの魔法のエルフを祝うのか、人権や理解のために戦った人を祝うのかどっちがいいんだ?

かわいそうな子どもは、クリスマスを祝いたいという思いを擁護したくても言い返す言葉がありません。このシーンが注意をひいたのは、何百万人の人が信じていることに疑問を投げかけたことと、一緒に映画を見ていた人の中にノーム・チョムスキーを知っている人がいなかったからです。その一人は、「ノーム・チョムスキーって誰?」とまで言いました。

アート

言語学における貢献

ノーム・チョムスキーは、類まれな言語学者、思想家、活動家、政治アナリストです。彼はとても急進的で政治的な流れをアメリカにもたらしました。しかし、言語学における功績において最も有名かもしれません。後に人々が何百ページにも渡って論文を書くことになる、言語習得における理論を確立しました。

チョムスキーは、生まれた瞬間からわたしたちの脳は本能的に言語を学び・使う能力を持っていると主張します。今では多くの人が同意することですが、当時は、学習においてのみ習得されるとされる従来の理論すべてを打ち壊すものでした。

彼の理論では、すべての言語に普遍的な文法の原理があるという類推をしています。これによって子どもたちが会話を素早く学ぶことができるという事実に説明がつきます。言語を学ぶとき、すべての子どもが同じような段階を踏み、同じような間違いをする理由も説明されています。

「ケースバイケースだが、一致は容易で、特典と信望への道筋です。不一致は深刻になりかねない犠牲です。」

-ノーム・チョムスキー-

政治活動家

チョムスキーを、当時の最も重要な知識人と考えている人がいます。これは、彼の活動家としての功績が理由の一部です。チョムスキーは、自分をアナーキストとして認識していました。特に、アナルコサンディカリスムの慣習においてです。また、彼は市民的不服従のかなりの支持者でした。政治活動に対する自分のポジティブなふるまいを説明するのに、チョムスキーは次の例をよく使っています。

夜道を歩いていると想像してください。突然、誰かが道の反対側で別の人をボコボコにしているところを目撃します。考える間もなく、被害者を助けるために反対側へ行こうとします。しかし、横断歩道は赤です。どうしますか?

信号が赤の時に道をわたるのはいけません(国によっては違法行為)。しかし、今わたらなくて信号が変わるのを待ったら、被害者にとって取り返しがつかなくなります。

このストーリーのポイントは、時には法を破るのも必要であるということです。法を破ることは、倫理的大義のためであればポジティブなことです。ここでは、大義は別の人を助けるということです。チョムスキーは、政府によって敷かれた違法性は必ずしも人が違法と感じることとはそぐわないと考えています。

議論

人権の擁護者

ベトナム戦争への反応として、チョムスキーはアメリカのような国での民主制の欠落を非難し始めました。民衆の意見と政治家が下す決断が呼応していないことを常に指摘してきました。政治的にプレッシャーをかけ、本当の変化をもたらすための市民運動も支援しています。

自身をシオニストとしていたチョムスキーですが、彼はイスラエルも激しく批判しました。しかし、キブツ的なライフスタイルを社会的な代替案として支持しています。ボイコット、投資撤収、制裁によって推し進められてきた、イスラエルに対するボイコットの最大の支持者のひとりでもあります。この動きは、政治的・経済的プレッシャーをイスラエルにかけて、圧政に終止符を打つことを目的としています。

「ヒーローを探していてはダメだ。よいアイディアを探すべきだ。」
-ノーム・チョムスキー-

メディアと民衆操作

すべての人が政治に参加すべきであるというのもチョムスキーの議論することです。ジャーナリスト、知識人、政治家のプロだけではだめです。彼の最も重要な貢献のひとつは、メディアの分析です。いくつかここで見てみましょう。

  • メディアは人の注意を重要な問題から遠ざける。
  • メディアは物事を行うのに受け入れがたい方法を少しずつ刷り込む。それによって大きな問題を起こさずに民衆は受け入れる。
  • ディアは「痛みを伴うが必要」だと見せることで、嫌がる決断を人に受け入れさせる。後に自分たちが利用できる、民衆の受容を可能にする方法。
  • 理論的な分的とクリティカルシンキングを飛び越えるために、感情的な要因に頼る。
  • 流行ではあるがばかげていて教養のない信仰を広める。
講義

これでノーム・チョムスキーに関して少しわかったかと思います。もし彼の誕生日を祝うことが重要であると思ったら、12月7日を覚えておいてください。

「そこに希望がないと思ったら、そこに希望がないことを保証してしまう。自由への本能があると信じたら、物事を変えるチャンスはやってくる。そして、より良い世界を作り出すための可能性ができる。」

こちらの記事もおすすめ
ノーム・チョムスキーによるメディアコントロールの10の戦略
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
ノーム・チョムスキーによるメディアコントロールの10の戦略

ノーム・チョムスキーはこの世界で最も尊敬されている知識人の一人で、ニューヨークタイムズ紙は彼について現代の最も重要な思想家の一人と説明しています。彼の最も大きな功績の一つには、現代使われているメディアコントロールの異なる戦略の指摘と分析が挙げられます