脳科学者ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドラン

30 12月, 2019
今日は、すばらしい脳科学者ヴィラヤヌル・スブラマニアン・ラマチャンドランについてお話します。
 

行動神経学と視覚心理物理学の分野で研究、知識、功績を残した脳科学者ヴィラヤヌル・スブラマニアン・ラマチャンドランについてお話します。彼はここ数年、神経科学研究で重要な枠組みを書いた本を出版しました。

ヴィラヤヌル・スブラマニアン・ラマチャンドランは、サンディエゴ、カリフォルニア大学の心理学と脳神経学教授です。さらに本や論文により、脳科学研究の情報を掘りめています。彼は世界中で有名で、2011年雑誌Timeの最も影響力のある100人にも選ばれました。

主な研究は、ミラーニューロン、幻肢、共感覚、自閉症の壊れた鏡理論、金縛りで、人の意識の理解に役立っています。

 

脳科学者ラマチャンドランの幼少期の教育

脳科学者 ヴィラヤヌル・S・ラマチャンドラン

ヴィラヤヌル・スブラマニアン・ラマチャンドランは1951年、インドのタミル・ナードゥ州で生まれました。父親はタイ、バンコクで学位を取得し、国際連合のエンジニアとして働いていました。そのため、ラマチャンドランは、マドラス、インド、バンコクのイギリス学校で教育を受けました

ラマチャンドランは、インド、チャンナイのマドラス大学医学部で学位を、ケンブリッジ大学実験的神経科学で博士号を取得しました。そして、ジャック・ペティグリューと共に、研究員としてカルテックで2年間過ごしました。

 

1983年、カリフォルニア大学の心理学助教授になり、後に終身教授となりました

 

ラマチャンドランの科学におけるキャリア

彼の最初の調査は、視覚に関するものでした。1990年代、脳科学者ラマチャンドランは、身体完全同一性障害や幻肢、カプグラ症候群などの神経学的症候群に焦点を当てました

彼の研究では、脳画像など複雑なテクノロジーはあまり使われませんでしたが、その発見は人の脳の機能に関し新たなアイデアを多く生むことになりました。

ラマチャンドランは、カリフォルニア大学の脳と認知センター(CBC)と呼ばれる、学生や研究員を含むリサーチグループの筆頭に立ちます。このグループは、一連の新たな神経科学理論の論文を数多く発表しています。

 

ラマチャンドランと幻肢

手足を失った患者が、ないはずの手足を感じ続けることを、幻肢と呼びます

ラマチャンドランは、この現象に関し、幻肢と大人の脳の神経可塑性の間には繋がりがあると結論づけました。

手足の欠損により、人の脳は体性感覚野で変化を起こすことが彼の研究で分かっています。また、この結論により、皮質の再構成と失った手足の感覚が続くことは関係しているという仮説が支持されます。

 

ミラーボックス

ミラーボックスとミラーの視覚的フィードバックの発明も、彼の功績のひとつです。幻肢麻痺の治療にミラー療法が使われています。ミラーボックスを使い、動きを取り戻すケースは少なくありません。また、欠損した四肢により生じる痛みの軽減にも役立ちます

 

ミラー療法は、認知的洞察力を通し、動きのコントロールに大きく影響することが、2014年研究により分かっています。しかし、並行して行われた研究ではミラー療法の効果を確定する充分な証拠はないとされています。

 

共感覚

脳 ラマチャンドラン

音楽を聴いた時に色が見えたりする現象を共感覚と呼んでいます。数と色、肌触りと感情の繋がりも共感覚ではよく見られます。共感覚をもつ人は、単純刺激を前にし複数の感覚器官が活発になります

ラマチャンドランはこの現象に関しいくつもの研究を行い、皮質と神経の活性により共感覚は理論づけられると初めて提唱しました。さらにチームと共同し、これを探知するための数々の試験を発展させました。

 

ミラーニューロンに関する議論

ミラーニューロンに関し始めて言及したのはパルマ大学のジャコモ・リゾラッチで、1922年に、論文を出しています。一方で、ラマチャンドランはミラーニューロンの役割に焦点を当てました共感、学習、言語の進化など人の様々な精神能力との関係を研究しました。

彼は、ミラーニューロンが、精神能力に関してまだ分かっていないプロセスの理解に役立つ、統合された外枠を生むと予想しています。また同様に、心理学におけるミラーニューロンの発見の重要性と生物学におけるDNAの発見の重要性を比較しました。

 
 

Ramachandran V. S. (1998). Consciousness and body image: lessons from phantom limbs, Capgras syndrome and pain asymbolia. Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences, 353(1377), 1851–1859. doi:10.1098/rstb.1998.0337

Ramachandran V.S., Hirstein W. The perception of phantom limbs: The D.O. Hebb Lecture. Brain. 1998;1211603- 1630

Ramachandran, V. S. & Marcus, Z. (2017). Synesthesia and the McCollough Effect. I-Perception. https://doi.org/10.1177/2041669517711718