脳は人を癒す

09 9月, 2019
脳は人間を治癒することができます。ポジティブな人間関係を持ち、ストレスを軽減して、健康的な食事をして、レジリエントな精神的姿勢を取って、この臓器の彫刻家になりましょう。

新しい思考、新しく学んだもの、新しい経験によって脳は変化していきます。この自由に変形する複雑で興味深い臓器は、数々の病気を防いで治療する上で、味方になってくれるかもしれません。自分の脳を理解することで、治癒して、新しいツールや精神的姿勢を応用していくための扉を開けることができます。

脳の可塑性に関する分野の偉大な専門家のひとりは、アルバロ・パスクアル・レオネ医師です。レオネ医師は、研究者であり、教授であり、ハーバード・メディカル・スクールのクリニカル・アンド・トランスレ―ショナル・サイエンス・センターの上級副学部長です。さらに、人間の脳やその潜在能力に置ける、素晴らしい研究者のひとりです。

「脳が人を治癒する」という文言が誤解を招きかねない、ということはわかっています。はっきりさせておきましょう。脳によって、慢性的な病気を治癒することは出来ません。しかし、多くのケースで病気を予防し、習慣を改善させるだけでその影響を軽減できます。

さて、レオニー医師によれば、自分たちの脳を「彫刻」して、敵ではなく味方にすることは、1人1人の手に掛かっています。自分の周りを思いやりのある誠実な人で囲んで、好奇心と受容性をもって、ポジティブに考えて、ストレスの影響を軽減させることによって、間違いなく健康と福祉が改善します。

ひかり


自分の脳の彫刻者になろう

脳は、複雑な星座で溢れています。毎日、私たち自身の小さな惑星を超えた宇宙に関して新たに学び、自分自身の神経系統に関する関連データを探求・発見する宇宙飛行士になります。

  • 例えば、どんな経験、思考、ふるまいも脳を修正することができるとわかっています。
  • 中枢神経系が新しいニューロンを作り続けているということを証明する、神経発生というプロセスも見つかっています。
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校のチャンメイ・ザオ教授やフレッド・H・ゲージ教授によるような研究は、鬱、記憶障害、神経変性疾患の防止や緩和におけるこのプロセスの重要性を証明しています。

これは、間違いなく最も興味深い神経科学の分野のひとつです。最近まで、生まれてからの初めの1年にのみ新しいニューロンを生み出すことができると信じられていたためです。

遺伝子によって脳の化学物質は決まらない

神経生物学に置いて、常に考慮されるべき2つの側面が存在します。それは、遺伝子学とエピジェネティクスです。

  • これら2つの要因は、脳が特定の病気に苦しむ可能性が大きいか少ないかを左右します。
  • しかし、それらの病気の防止に関しては、一つ忘れてはいけない側面があります。それは、遺伝子によって100%健康が決まるわけではないということです。新しい活動とより良い精神的手段を取り入れるかはどうかは、その人自身に掛かっています。

より健康で可塑性のある脳の彫刻家になることは、多くの肉体的・精神的病気の影響を軽減してくれます。

星座


可塑的な脳は、健康でレジリエントな脳

脳は、可塑性と呼ばれる素晴らしい能力のお陰で、人を癒すことができます。さて、これはどういう意味でしょうか?

  • 可塑性というものは、環境に反応して神経系が自ら修正を加える能力です。
  • さらに、これは挑戦や一般的な困難に対して、より適応できるように手助けをしてくれる進化の強みです。
  • 神経可塑性に関して話す時、経験から派生する脳における変化を意味します。
  • 例えば、レジリエンスは神経可塑性の良い例です。新しい方法を適用し、そこから学びを得るという素晴らしい能力を見せるからです。

脳の「彫刻」の仕方

脳の可塑性が、環境における挑戦において鍵になることはわかっています。同じように、知的経験の蓄積によって、神経的な病気により良く対処できるということも発覚しました。

自分自身の脳の建築家になるための鍵は、応用がさほど難しくありません。これを行うことで、脳にかなりのメリットがあります。これは新しいつながりを生み出してくれるからです。刺激的で、補語的で、最適化されています。

レオネ教授の助言を見てみましょう。

適切な食事習慣

様々なバランスの取れた食事は、健康を意味します。新鮮でオーガニックな商品を購入して、砂糖や飽和脂肪酸を取りすぎないように努力しましょう。

また、オメガ3、マグネシウム、トリプトファン、ビタミンK、抗酸化物質を含む食品を取り込みましょう。

定期的な運動

座ったままの生活は、肉体的・精神的な健康の敵のひとつです。だからこそ、何らかの肉体的な活動を行うことが推奨されています。1日30分のウォーキングでも十分です。

 

ウォーキング


瞑想とポジティブ思考

科学は、健康における瞑想の効果を研究しています。ハーバード大学の研究では、マインドフルネスによって不安とストレスが軽減されることが明らかになりました。

一方、人生に対してポジティブでレジリエントな姿勢を取ることができたら、脳は人を癒すことができます。ポジティブな思考は脳の健康を改善し、緊張を軽減して、新しいことを学ぶ能力を改善します。

深い休息の取れた眠り

6時間しか睡眠をとっていないのに、朝完全にすっきりする人がいます。一方、毎晩9時間睡眠を必要とする人もいます。しかし、重要なのは睡眠の長さではありません。睡眠の質が重要です。健康な脳にとって不可欠であるため、睡眠を甘く見ないでください!

ポジティブな人間関係

脳は、社会的な交流を必要とします。意味のある信頼できる支援システムを持つことで、鬱により良く対処することができ、神経のつながりを強め、知的経験の蓄積を改善します。

友人関係は健康、愛はエネルギーです。心配させられるものではなく、幸せにしてくれる人間関係を維持する努力をすべきです。信じられないかもしれませんが、これによって日々健康になっていきます。

脳は人間を癒すことができる、ということがわかったと思います。より良い習慣を身につけていきましょう。人は、自分の健康をとりなして、特定の病気の発症を防止できる能力のあるこの臓器の彫刻家になることができる、ということを覚えておきましょう。