オンラインカウンセラーが効果的な理由ー5つのメリット

2019年1月29日

精神科へ行くと、周りに「頭がおかしい」と言われるような時代がありました。そのタブーの感覚が、カウンセリングの本来の目的を台無しにしていたのです。最近では、多くの人が自分の問題により良く対応したいと思い、心理カウンセリングに向かいます。しかし、それには常に疑問がつきまといます。直接セラピストに会うのと、オンラインで会うのとどちらが良いのでしょう?

私たちは技術に囲まれていますが、オンラインカウンセリングにはまだ抵抗があります。オンラインカウンセリングははじめ良いように聞こえるかもしれませんが、本当に効果的なのか疑わしく思う人が多くいます。顔を突き合わせた診察と同じくらい効果的なのでしょうか?同じように機能するのでしょうか?今回はこれらの質問に答えていきます。

オンラインカウンセラーを選ぶことで、家を出ずに治療を受けることができます。

1. 柔軟性が高いオンラインカウンセラー

感情的依存問題を抱えていて、これに特化した専門家が近くにいないとします。しかし、近代技術のお陰で、正しいツールを与えてくれて心から理解してくれる人からカウンセリングを受けることができます。

同じように、専門家のスケジュールが自分のものと合ったほうが自分の時間を見つけやすくなります。何かを諦めたり、仕事を休んだりする必要もなくなります。あるいは、「時間がない」「スケジュールが空かない」と言い訳することもありません。こう言った意味で、オンラインカウンセラーはスケジュールが厳しい人や、移動の多い人に向いています。

コーヒー

さらに、オンラインカウンセリングであれば、家や安心できる場所からセッションを受けることが可能です。これは非常に重要です。リラックスして快適な気持ちになれることが、治療において重要だからです。人里離れた場所に住んでいたり、広場恐怖症を患っていたり、あまり動けない場合にはかなり大きな利点です。

2. 安い

技術や新しいものは高いと思いがちです。しかし、この場合は違います。カウンセリングのための場所が必要なく、どんな機器(パソコン、タブレット、携帯電話)からも行えるため安価です。

移動のお金をどれだけ倹約できるかだけでなく、カウンセラー自身も費用を節約できます。待合室、クリニック、またはそれに見合った場所が必要ありません。カウンセラーは自分の自宅から患者に会うこともできるため、価格が低めの設定です。

オンラインカウンセリングの価格は断然安価ですが、サービスの質は同じくらい良いものです。

3. コミュニケーション方法のオプションがたくさんある

知らない人と電子機器を通じて話すのが恥ずかしくて、このような形式のカウンセリングを拒むかもしれません。とても無機質で距離を感じるかもしれません。

しかし、オンラインカウンセラーは異なるコミュニケーション方法を提供することが可能です。例えば、メール、電話です。ビデオチャットを利用してのカウンセリングも可能かもしれません。

オンラインのカウンセリングを顔を突き合わせたものに近づけてくれるのが、スカイプやその他の視聴覚コミュニケーションを可能にしてくれるソフトウェアです。いずれの場合も、サービスの質は変わりません。

4. カウンセリングの継続的なフォローアップ

オンラインカウンセリングにかかるポジティブな点として、旅行に行ったり、何らかの理由で引っ越したりしても問題ないということです。例えば、仕事の関係で常に移動しているのであれば、毎回世界の新しい街で精神科医を探す必要もありません。

オンラインカウンセラーは、生活上の変化に邪魔されずに、継続的に患者のケースを管理できます。どこにいても、治療をキャンセルしたり先延ばしにしたりすることなく、継続的に治療が可能です。患者は、住む場所を変更せざるを得なくなった状況のために、自分の健康を犠牲にする必要がありません。

国外に出る人にとって、新しい国で新しい言語で自分を表現することは難しいものです。自分を表現することは出来ても、自分の母国語でできるようには同じニュアンスでメッセージを伝えられていないと感じるかもしれません。オンラインカウンセラーは、こういった人たちにとっても非常に良い選択肢です。

どこにいてもオンラインカウンセラーと連絡を取ることができるのです。

5. 信頼度があがる

知らない人に自分の問題を話すのは難しいかもしれません。だから、オンラインカウンセラーにアプローチして選択肢を増やすのはいいことです。メールや電話でコミュニケーションをとるほうが好きな人だっていますよね?

カウンセラーに頼る手段や方法を決めるのは私たちです。何が起こったかを書いたり電話で話したりする方が楽な人もいるはずです。自分に合ったセラピーを選ぶのも、コミュニケーションの手段を選ぶのも、患者次第です。

顔を合わせたカウンセリングに行く必要がないということは、自分の問題が他人に知られてしまうことを恐れている人にも最適です。

パソコン

オンラインカウンセリングにかかったことはありますか?カウンセリングの質は同等です。それに、自分の要求に合わせられるというメリットがあります。柔軟で簡単で便利なカウンセリングの形です。今までは壁となっていたことを気にすることなく、自分の問題を心配しないで精神科医に話せる最も良い方法を選んでください。

Kessler, D., Lewis, G., Kaur, S., Wiles, N., King, M., Weich, S., … Peters, T. J. (2009). Therapist-delivered internet psychotherapy for depression in primary care: a randomised controlled trial. The Lancet. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(09)61257-5

Amichai-Hamburger, Y., Klomek, A. B., Friedman, D., Zuckerman, O., & Shani-Sherman, T. (2014). The future of online therapy. Computers in Human Behavior. https://doi.org/10.1016/j.chb.2014.09.016

Mallen, M. J., & Vogel, D. L. (2005). Online Counseling. The Counseling Psychologist. https://doi.org/10.1177/0011000005280182

Andersson, G., & Cuijpers, P. (2008). Pros and cons of online cognitive-behavioural therapy. British Journal of Psychiatry. https://doi.org/10.1192/bjp.bp.108.054080