「恐れの偽装」を知っていますか?

2018年6月1日 in 心理学 0 シェア済み
雲が頭に乗っている女性

いつ私たちが恐れているかを伝えることは容易ではありません。時には私たちの体を通る震えが弱さを表していると感じるかもしれません。しかし、真実はそのようなものではありません。

恐れを抱くことは人間として最も自然な部分の1つであり、生存概念の上で最も意味のあるものの1つです。この感情を不愉快であっても経験しなかったとしたら、私たちは今日ここにはいないでしょう。私たちを勇気づけてくれて、また逆に無謀な挑戦に走らないようにするのは、まさにこの感情です。

誰もが恐怖を経験していますが、私たちがそれを正常化するのはまだ難しいと言えるでしょう。私たちは、恐怖は自分の弱みを見せることであり、だからこそ人々は私たちを見下すのではないかと恐れています。

恐怖を抱える人たちと共感する人はほとんどいません。しかし、私たちは本当はいつも何かを恐れています。我々はマイナスな判断をされたくないので、単にそれを隠してしまうことを好みます。私たちは、弱く、そしてあまり価値がないように思われたくないのです。だから私たちは恐怖を隠し、それを押しのけます。多くの場合、私たちは恐怖を感じる状況に直面すると、これを拒否することによって隠しています。

その結果、恐怖は自身を欺き、より強くなります。私たちが直面したくない状況を克服することは、とても難しくなります。ここで、あなたが恐れの偽装を認識する方法を知りたいのであれば、読み進めてください。

恐れの偽装:怠惰…「やる気がない」

私たちが何かを恐れている時、私たちの恐怖に直面するのを拒否するために、「怠惰」を選択するケースもあります。怠惰は私たちに恐怖を隠す手段を与えてくれます。恐れをなすようなシチュエーションを避けることを言い訳にするのです。 「やる気が起きない」または 「明日やるつもり」などのセリフは恐怖の変装の一部です。基本的に、私たちは恐怖に直面する可能性のある否定的な状況をかわすことができます。

これを取り除きたい場合は、あなたの態度を変えなければなりません。私たちは、たとえそれが困難で、恐くて、または不便であったとしても、私たちの目標に向かって行動するための能力を培わなければなりません。

恐怖の偽装:諦め…「飽きた」

非常に一般的な恐怖の偽装の1つは「退屈」です。とても危ないと思っている問題を抱えるた時、それが本当にそうであってもそうでなくとも、その問題と戦うリスクを取るよりも、単に「飽きた」と言う方がずっと簡単で楽です。

草原で寝ている女性の足

たとえば、自分がよく知っている話題を話すことに何か抵抗があるとき、「その話題はつまらない(飽きた)」と言う方が簡単でしょう(実際にその話題に情熱を持っていたとしても)。

このように、話題に触れないことで、自身の恐れを見せないという態度です。別の言い方をすれば、人前で話すことが怖いことを告白するよりも、ネガティブで切迫していると見られなくて済む、ということです悲しいことに、私たちは後者を選択してしまうのです。

我々は、私たちがしていることをいかに楽しむかに焦点を当てることで、「退屈」という恐怖の変装に立ち向かうことができます。ポジティブな考え方に集中し、それぞれの経験を最大限に活用してください。

恐怖の変装:「まあ、誰も気づかないだろう」

この言葉の目的は、起こしてしまった間違いを取り除くことです。

それは、「信じられる自分」をより簡単に受け入れられるようにします。私たちはこの嘘をあまり頻繁に使わないとはいえ、これは恐怖をさらに大きくしてしまう逃げ道です。

私たちが嘘をついているとき、私たちは本物ではない自分や人生の一部を描き、それを聞いたり見たりした人々はこれが自分の一部であると思うようになります。

緑の布で目隠しをする女性

何かが私たちを怖がらせて、それについて嘘をついたり、言い訳したりして隠すことは、私たちを短期的には助けてくれるでしょう。それは私たちの不安が明るみになるのを防ぎ、もっとリラックスできるようにします。問題は、以前のケースと同様に、長期的に見ると、克服する必要のある状況を克服していないということです。

時々恐怖の偽装を使うと、あなたが恐怖に直面しながら人生を前に進めることがより難しくなっていることに気がつくかもしれません。最も賢明で、しかしなかなか出来ないことですが、私たちは皆、恐怖を感じている、ということを受け入れることです。それを体験する権利があなたにあることを認め、怠惰、諦め、または嘘でそれを隠すのをやめるようにしましょう。あなたは恐怖を明らかにする勇気がありますか?

あなたへおすすめ