パートナーとの喧嘩の収め方

パートナーとの喧嘩の収め方

最後の更新: 26 4月, 2019

人間関係の中で、喧嘩は避けては通れないことです。結局のところ、人はどこまでいっても他人なのです。しかし、喧嘩すること自体は悪いことではなく、問題なのは多くの人が喧嘩との付き合い方を知らないことです。ここで、パートナーとの喧嘩を切り抜ける方法を知ることがなぜ大切なのか学びましょう

恋愛の初期段階では相手に夢中になっていますそのような状態に陥っているときは、すべてが素晴らしく、いつも幸せで、とても気分がよいものです。心配事や不安もなくなります。そして、自分の熱意で他人の好きではないかもしれない部分は見えなくなり、ただただ恋愛相手と一緒にいたいとしか考えなくなります。

しかし、このような状況もいずれ落ち着き、より安定して現実的な関係性に移行していきます。この状態において初めて関係性を直視できるようになり、自分のパートナーも完璧な人ではないということに気づきます。他の人間と同じように、彼らにも短所があるのです。

喧嘩の発端

人はそれぞれ異なり、意見が対立することもあるという事実に加えて、外的要因(家族や仕事、友達、お金など)も喧嘩の原因になります。また、共同生活におけるトラブルも関係に大きな緊張感を生み出す原因になっています。

口論するカップル

たまに口論するのは普通のことであり、必要なことです。そうすることで、自分の感情を表にだし、関係を向上させることができます。一度も口論をしたことがない場合、それはどちらか一方に自信がなく、自分の意見を伝えることに恐怖を感じているからです。一方で、いつも喧嘩ばかりしているカップルにも問題があると言えます。

確かに、喧嘩することで関係を深めることができます。しかし、同意したり共通点を見つけることで、喧嘩を収める方法を知っておく必要があります。以下では、そのための方法をお教えします。

「一瞬の怒りに忍耐を持って向き合えれば、百日の悲しみを避けられる。」

-中国の諺-

パートナーとの喧嘩の収め方

喧嘩の問題と、それに対する自分の気持ちを知る

相手だけではなく、あなたの身に起こっているその他の様々なことが原因でも喧嘩は起こります。嫌なことがあった時は誰かに「八つ当たり」する必要があります。そして、たまたまその誰かが自分のパートナーだったのです。そのようなことになる前に、一度自分を反省的に見つめなおし、自分がなぜそのような気持ちになっているのかを明らかにしましょう。

自分の気持ちや感情を表現する方法を知る

自分がなぜそのような気持ちになっているかを明確にしたら、今度はその感情の表現方法を知っておかなくてはいけません。「これをしてくれなかったなんて信じられない」という非難を、「これをしてくれない時、私はがっかりしてしまうの」というような説明文に置き換えましょう。

相手を責めたり非難したりしない時の方が、良い反応が返ってくるものです。だからこそ、自分の感情を相手に説明することで、相手から理解や共感をしてもらいやすくなり、対立していることに関して前向きな解決策を見つけれるようになります。

手を握り合うカップル

怒りに身を任せず、相手を尊重する

苦しいときや悩んでいるとき、感情はあなたを最大限引き出します。このような時期には、自分自身をしっかりとコントロールしないと人は感情に乗っ取られてしまいます。それにより、共感性に乏しくなり、愛する人に感情をぶつけたり傷つけてしまいます。これでは、状況をさらに悪くしてしまうだけです。

そのようなときは、散歩をしたり、歌を歌ったり、踊ったり、体を動かしたりして自分をリラックスさせるのが一番です。気持ちが落ち着いてきたら、もう一度問題と向き合うことができるはずです。

対話を通して落としどころを見つける

自分が抱えている問題を落ち着いて説明し、パートナーと建設的な対話をすることで、落としどころを模索できるようになります。これにより、関係性はより深まり、互いに成長できます。

自分自身のプライドを捨てる、共感性を養いアサーティブになる、そして喧嘩の収め方を知ることは、愛する人との健康的な関係を維持していく上で必要不可欠なのです。

こちらの記事もおすすめです。
パートナーとケンカばかりでうんざりしていませんか?
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
パートナーとケンカばかりでうんざりしていませんか?

付き合っているとケンカは避けられませんが、楽しいものではありませんよね。ケンカの理由がいつも同じだとなおさらです。いらいらしますよね。何度も何度もパートナーと同じことでケンカするのにうんざりしていませんか?良いニュースは、この繰り返し起こる問題について合意に到達することは可能だということです。...



  • Díaz Morfa, J. Prevención de los conflictos de pareja. Editorial Desclée de Brouwer