パフォーマンスを改善する3つのシンプルアイディア

27 2月, 2019

目標を達成するために必要な時間を考慮すると、首尾一貫して目標にたどり着くこと―良いパフォーマンスを維持することは簡単ではありません。人のパフォーマンスを改善しようと何年も研究や実践に費やしている心理学者もいます。アスリート、学生、管制官、様々な仕事で研究が行われています。

多くのケースで実践されている、パフォーマンス向上を達成するための方法のひとつは、やる気の強化、情報整理、課題の視覚化です。心理的な視点から見たパフォーマンスを向上させるたくさんの方法の中でも、この記事では厳選した3つの方法をご紹介します。これはご自身で実践することができ、望まない副作用もありません

時間を管理して、優先順位を明確に決める

管理は、プロジェクト、仕事、課題などで最大のパフォーマンスを可能にするために欠かせません。同様に、良い管理には、安定した優先順位が基礎としてあります。 状況に応じて、これらの優先順位を並べ替える効果的な方法を持っていなくてはいけません。

ここでお話しする順序を決定づける最も重要な2つの変数は、関連性と緊急性です。大きな企業のマネージメントの専門家として何年間も活躍しているスティーブン・R・コヴィー氏は、各瞬間で決定を下すための次の方法を編み出しました。

完了していない課題をカレンダーに書き出してパフォーマンスを向上させるために、この方法を使ってみましょう。これで期限に間に合わせられます。仕事を振り分ける正しい時や「未達の課題」リストからそれを削除すべき時がわかるようになります。

「自分の責任を持つことは素晴らしいことです。自分の運命を自分でコントロールできるからです。」
-ヘザー・シュック-

アイゼンハワー

計画と管理には現実的になる

自分のパフォーマンスを改善しようとしている人がおかしがちな主な間違いは、課題を終えるまでにどれくらいの時間がかかるのか予測できないことです。これによってかなりのいら立ちを生み出します。自分がきちんとやり遂げられていないと感じます。さらに、本人が感じる生産性の欠落によって、諦めたくなったり、簡単に気が散ったりします。少しずつ自尊心を損ねるような周期を生み出します。

この罠にはまらないようにするにはどうしたら良いでしょうか?複雑な課題の計画を立てているときにできることは、簡単なものに分けることです。こうすることで、課題を完成させるためにかかる時間の予測は、より現実的になります。全く予測がつかなかった場合も、小分けにすることで必要なツールなどを取り掛かる前に思い出すことができます。

計画を現実的にするためのもう一つの良い方法は、1日を朝と午後の2つのパートに分けることです。あるいは、朝や午後を更に2つに分けても良いです。休憩とちょっとしたご褒美も重要です。良いパフォーマンスをしてやる気を維持したいなら、集中している時間も「お楽しみの時間」も同じくらい重要なのです。

今行っていることをしてどこへ向かいたいか

なぜ自分が今していることを行っているかも分からずに、自分のパフォーマンスを向上させて、やる気を維持するのは不可能です。「最終的な」動機なしに行う活動や課題は、時間が経つと維持することが難しくなります。「配慮や細やかさ」に欠けていきます。そして、心の奥底では興味などないため、やる気もそがれます。仕事場での自分のイメージを持つことが重要です。デスクに座っているなり、パソコンの前に座っているなり、努力の裏にある理由を思い出させてくれるイメージを作ります。

 

すっきり

仕事に満足がいかないなら、思い浮かべたイメージを見続けましょう。この仕事があるからこそ家族を養えます。自分が楽しめている出張もこの仕事のお陰です。 週末はパートナーとコンサートやお出かけに行きましょう。仕事や課題が満足いかないこともあります。しかし、これによってより高い目標に到達することができます。だから、その動機を思い出させる要因を持ち続けることは重要なことです。

3つの簡単なアイディアを実践しましょう。適切に時間を管理するやる気が出て、パフォーマンスの向上が見られるはずです。簡単に実践できて、絶対後悔しないアイディアです!

「運は負け犬の言い訳だ。」
-パブロ・ネルーダ-

Zhao, B., Tak, B. C., & Cao, G. (2014). Motivation. In SpringerBriefs in Computer Science. https://doi.org/10.1007/978-1-4614-8103-4_3

Pennisi, A., & Falzone, A. (2016). Performance. In Perspectives in Pragmatics, Philosophy and Psychology. https://doi.org/10.1007/978-3-319-47688-9_11

Vroom, V. H. (1964). Work and motivation. John Wiley and Sons. https://doi.org/10.1016/j.jhsa.2016.07.109

Gagné, M., & Deci, E. L. (2005). Self-determination theory and work motivation. Journal of Organizational Behavior. https://doi.org/10.1002/job.322