ピーターの法則:昇進で能率が下がる?

2019年9月9日
ピーターの法則は、どんなに有能に見える人でも、昇進させることが、必ずしもベストだとは限らないということを私達に思い出させてくれます。昇進が、社員を無能にすることさえあるのです。

昇進に値する社員が、すでに備えができており本人や会社にとってそれが有益な選択肢であるとは限りません。これが、ピーターの法則です。昇進は後退になりうるという法則です。備えができていない困難や挑戦にも立ち向かわなければならないことがあります。その人はそれに対処する材料をもっていないかもしれません。また、適切に感情をコントロールする方法を知らない可能性もあります。

ピーターの法則は60年以上存在していますが、今でも使えるものです。60年代後半、ワシントン大学のローレンスJ.ピーター博士とレイモンド・ハル博士は「ピーターの法則―<創造的>無能のすすめ―」という本を出版しました。

これは非常に衝撃的で、物議をかもしました。どんな会社、教育センター、職場でもみられる間違いに関するものです。この本では、社員を昇進させることがどのように大きな間違いになりうるかについての方法が確立されています。

ピーターとハルは、よく訓練された人のみが権力のあるポジションにつくことの重要性を強調します。標準に満たない社員に権力のあるポジションにつかせると、会社を危険にさらすことになりかねません。

こうなると組織が下降していくことも珍しくありません。続く不快感、不幸せ、生産性の低さ、無能さにつながります。そして、悪い決断へと導かれるのです。

「自分がどこへ向かっているか分からないと、どこか違うところにたどり着くだろう」

-ローレンスJ.ピーター-

ピーターの法則:昇進で能率が下がる?

 

ピーターの法則の成り立ち

ピーターの法則は、ある基本的なアイデアにまとめることができます。それは、会社の階層構造において、社員が備えができていないポジションに昇進すると、キャリアの残りをそのポジションで働くことになるだろうというものです。また、これにはある重要な側面が含まれます。それは、管理職が負うべき責任にうまく対応できないことです。

この法則には、多くの反対者と支援者がいます。ハーバード・ビジネス・スクールはある実験を行い、ピーターの法則がすべての会社や思っているほど多くの場面に当てはまらないと指摘します。

自分のポジションの責任への挑戦

多くの社員が、自分の作業を非常に効率的に行います。そのため上司は、いつかその人を昇進させたいと考えるのかもしれません。役員が様々な面で会社の向上につながらせるために、その人をあるポジションに昇進させるかもしれません。

  • 社員を昇進させるということは、彼らの能力の範囲を広げる必要性があることを意味します。コミュニケーション、リーダーシップ、いざこざの解消、決断力、人事管理、創造的視野、リスクの予想などです。
  • 皆が責任と向き合うことに心の準備ができているわけではありません。特定の分野でどんなに優れていても、誰もが会社で権力のあるポジションにつけるのではありません。

このようにピーターの法則は、リーダーを心労をかけることになり、彼らは少しずつ、確実に、自分の無能さに気づきます。そして、他の人は、彼らの下す悪い決断の影響を無視するようになるのです

ピーターの法則:昇進で能率が下がる?

「真実、美、コンタクトレズのように、有能さは、見る人の目にある」

-ローレンスJ.ピーター-

 

避けることは可能?

ピーターの法則は、もう何十年とビジネスの世界に存在しますが、皆さんご存知のようにこの特別な世界は、会社と社員の競争に基づいています。これは、より習熟した社員ではなく、攻撃的、独裁的、カリスマ的な社員を上司が昇進させることの方が頻繁にあるということを意味します。

ピーターの法則の著者が言うには、もっとも衝撃的なのは、その人がどんなに会社のダメージになっても、どんなに生産性が低くネガティブであっても、彼らを会社が解雇することはほとんどないということです。そのため、管理職、役員、社員は次の点を考慮すべきです。

 

ピーターの法則に通じる昇進

  • 忠誠心から、そうしなければならないと感じ、社員を昇進させる役員が多くいます。一般的に一番長くその会社で働いている人が昇進します。
  • 多くの国で、管理と昇進がつながっています。
  • 否定できないカリスマ性から、カリスマ的、外向的、また、精神病的な人が昇進することはよくあり、彼らは目立つリーダーです。
昇進 社員 ピーターの法則

 

ピーターの法則を避けるには?

ピーターの法則を避けるために、有能な役員や起業家は、次のストラテジーを使います。

  • より良い昇進。どんな時も、自動的な昇進を避けることです。役員は決断を下す前によく考えなければなりません。
  • よく訓練する。昇進した社員には継続的な教育が必要です。社員に適切なリーダーシップスキルをもたせることが、もっとも重要な点のひとつです。
  • 降格。この場合、組織は生産性が見られない人が降格するよう、適切な監督措置持たなければなりません。

ネガティブな職場になりうる決断を避けるため、このようなステップを用いることが大切なのです。

  • Peter J. Laurence (2014). El principio de Peter. DeBolsillo