絶対必要な人は存在しない

2019年4月9日
自分の目標にとらわれすぎ、人を突き放し、世界から自分を孤立させることの危険性を示す物語です。

これは、非常に優秀な会計士、アンドリューの話です。アンドリューは野望をもった素晴らしい若い男性で、仕事で成功し、絶対必要な存在でありたいと思っています。良い成績で大学を終えたため、教授が一流の会社に推薦してくれました。そして、アシスタントとして働き始めます。

アンドリューはいつも一番に出社し、最後に退社します。会社がすることすべてを学びたいと考えています。目標は、すべてを知り、会社が絶対必要とする有能な存在になることです。そのために、毎日努力しました。

アンドリューの仕事は質の高いものでした。そこで、上司は彼を昇進させます。そこでも前のポジションと同じように働き、すべてにおいて優秀です。今回、彼はさらに一生懸命働きます。仕事をしていない時は、仕事に関する本を読むか、効率化を図るために新たな戦略を試します。同僚にも尊敬され、彼は非常によくやっていました。

「情熱は、ポジティブなこだわりだ。こだわりは、ネガティブな情熱だ」

-ポール・カーベル-

 

新たな責任

皆が、アンドリューは優良な職員だと話し始めます。2年後、取締役会で、彼は最高財務責任者(CFO)になることが決まりました。その務めを果たすのに、彼以上の人はいません。

アンドリューは管理職を始めると、より完璧性を求めるようになります。8時間ではなく、12時間働くようになりました。妙な不安を抱え始めます。なぜか、周りが自分の仕事を狙っているように見えます。給料はよく、彼のポジションはとても名高いもので。アンドリューは皆を疑い始めます。

重役として、職員を統率しなければなりません。ところが、アンドリューは非常に疑い深くなっています。あまり指導せず、良い指示も与えず、良いリーダーではありません。彼は、できるだけ教育しないようにします。他の職員に情報を与えすぎると、彼と同じくらい知識を持ち、仕事を奪おうとするのではないかと考えたのです。あまり時間がたたないうちに、誰も彼に質問しなくなりました。

パソコン

 

予期せぬ変化

数年間、アンドリューにとって、すべてが順調でした。ある日、社長からジョンの教育を頼まれす。ジョンは、会社がアンドリューの右腕として雇った若い男性です。アンドリューが仕事の量にまいっているようだったので、助けようという考えでした。もちろん、アンドリューはこれをあまり良く思いません。

アンドリューは、ジョンにも皆と同じようにしました。彼にほとんど指示を与えません。ジョンはそれに気づきましたが、何も言いません。その代わり、自分で解決していきます。他部署の人から学ぶことにしたのです。トレーニングで教えられなかった部分を埋めるために周りに聞き、情報を集めます。

5年後、取締役会は、新たなCEOを求めると発表しました。多くの重要な仕事を担うアンドリューは、大きなチャンスが遂にやってきたと考えます。取締役会は、アンドリューとジョンの2人の候補者に絞りました。

 

この物語の教訓

誰もが驚いたことに、取締役会は、ジョンを新たなCEOとして選びました。アンドリューは信じられません。彼ほど有能な人は他にいません。彼は自分がなぜ負けたか理解できません。取締役会は、彼はCFOとして絶対必要なのだと説明しました。その仕事を彼ほどできる人は誰もいないため、彼はそのポジションにいるべきだということです。

しばらくして、財務課は、研修会に呼ばれました。アンドリューも参加したかったのですが、仕事量が多く参加できません

仕事にまいる人

アンドリューには残念ですが、研修会で、他の職員は会社の新しいコンピュータープログラムを学びました。アンドリューはこの研修に参加できなかったため、プログラムの使い方が分からず、彼の無知はすぐに明らかになりました。変化に適応できません。

さらに、アンドリューが専門としていた多くの仕事を、新たなソフトウェアがカバーします。アンドリューのスキルは、時代遅れになりました。彼の長年にわたる仕事もあり、取締役会は、彼を解雇はしませんでしたが、別のポジションへと移動しました

執着心があなたに前を見えなくし、最も恐れていた恐怖が現れることになるという教訓をアンドリューの話が教えてくれているのです。

  • Leonard, A., and Conrad, A. (2018). The Story Of Stuff: How Our Obsession with Stuff is Trashing the Planet, Our Communities, and Our Health- and a Vision for Change. Free Press.