プロクルーステース症候群:自分より優れている人が嫌い

2018年2月11日 in 好奇心 0 シェア済み
扇で顔を隠す女性

プロクルーステース症候群とは、自分より才能のある人や技術を持った人を見下したり、時にはそういった人に嫌がらせをしたり差別をしたりすることです。

そのような人は、決して自分自身を精進させません。また、他人が前進するのも許さないのです。そのようなフラストレーションを抱えた頭でっかちな人はそこら中にいます。

あなたの周りにそのような人がいれば、頭に思い浮かぶかもしれません。また、このような人達は映画や本などの脚本のインスピレーションになるのも事実です。

彼らは言うなれば、職場や教室、家族にいる古典的な敵です。今から話す事は単にそれを乗り越えようという教えではありません。

「プロクルーステース:もしお前の背が高すぎるのならば、私がお前の足を切り落とす。もしお前が私よりも優れているのならば、お前の首を切り落としてやろう。」

-ギリシャ神話-

たとえ、プロクルーステース症候群に診断マニュアルが無かったり、医学的根拠がないものだとしても、これは心理学者の言う「Elbowing out Behavior(誰かを力づくで追い出したり地位から引き下ろすこと)」に綺麗に当てはまります。そこに最も輝かしい人間がいれば蓋をし、最も賢い人間がいれば切り落とすのです。どれだけ小さいことでも、それは彼らにとって、負けることより悪いことはないからなのです。

プロクルーステースの神話

プロクルーステースの神話はあまり知られていませんが、これは疑いの余地なく、最も暗く残酷な話の一つです。ギリシャ神話によると、彼はアッティカの一番高い丘で酒場を営んでいました。

そこで彼は旅人に宿なども提供していました。しかし、安らぎと快適さをもたらす優しい屋根の下には、恐ろしい秘密が隠されていました。

プロクルーステースは旅人が眠りについた後、彼らを縄でしばり自由を奪ったのです。

もしその被害者の背が高ければ、彼の手足や頭がベッドからはみ出てしまいます。プロクルーステースはそれを切り落とすのです。もし彼らが小さければ、彼らの骨を砕き、適したサイズに伸ばしてしまうのです。

この恐ろしい人物は、一人の特別な人物が来るまでこの残虐な行為を何年も繰り返しています。その特別な人物というのは、テーセウスです。

テーセウスはクレタ島でミノタウルスに立ち向かった英雄で、後にアテネの王になった男です。

テーセウスがこのプロクルーステースというサディストを発見した時、彼に自分自身の行いを味あわせてやろうと決めました。

お互いの意見が合わない時や誰か自分より賢い人がいた時に、「プロクルーステースの寝台に入れる」ということわざが海外で使われるのはこのためです。

プロクルーステース

プロクルーステース症候群を持った人の行動

もちろん、現代では、プロクルーステースのように誰も暴力的に振る舞うわけではありません。しかし私達が見るのはスポーツや政治、そしてビジネスなどの裏に隠れる攻撃性です。

実際に、団体やグループの頂点に立っている人が、最も能力のある人とは限らないのは皆承知していることです。

賢く、積極的でクリエイティブな人間が現れた時、彼らのような卑劣な人間は、そういった人物が「脅威」でなくなるまで、屈辱を与えたり、打ちのめす事に力を注ぎます。

プロクルーステース症候群を持っている人の特徴

  • コンスタントにストレスを抱え、自分をコントロール出来ていないと感じている。
  • 極端に低い、または高い自尊心を持っている。
  • 感情的にとても繊細で、もし誰かが上手く行動すると、それに対して攻撃的になる。
  • 共感という考えを「売りつける」のが好き。しかし、その共感はただのエゴであったり、敵対的な考えである。
  • 独占欲が強い。誰よりも目立つ、前に出るという一つの目的で競争したがる。
  • 変化へ対しての恐怖を持っている。特に、伝統的なビジネスモデルでよく見られる。
  • 非合理的な判断をする。例えば、会社にとって利益のある仕事を、ミスや意味のないアイデアとして見る。

プロクルーステース症候群を持った人は誰かの能力を制限することに全てのエネルギーを注ぎます。彼らは夢を壊したり、希望を潰したり、人を心理的に操作する、隠れた侵略のエキスパートなのです。

また、成功している人間や上手くいっている人間に対して、「終わりを設ける」ことで、その人を操作したり、信用を傷つけることも覚えておきましょう。

操り人形を持つウサギ

プロクルーステースの檻に入らない

難しい人間に囲まれた時は、いつも「まず彼らを理解して、後に、彼らを管理する」のが最適な方法です。

「どの人間も、予期せぬ才能や与えられた機会の中で花開く。」

-ドリス・レッシング-

もしプロクルーステース症候群というものに出くわしたら、距離を置いてみましょう。才能は恐怖や厳しさ、そして力を傷つけることで生まれるものではありません。

このような力づくの態度は、シンプルな競争の向こう側に存在します。それが攻撃に変わった時、あなたのボスが、あなたを打ち負かす為に嫌がらせをしてきた時、そこにある扉を閉めてください

そして、あなたの翼を広げてくれる人や空間を見つける為に一歩踏み出してみてください。

もしプロクルーステースがあなたの生活に存在しても、彼らにあなたの魂を壊させてはいけません。私達は皆、何らかの方法で前へ出るよう生まれてきました。それを受け入れて、自分達が開花する場所を見つけてみましょう。

あなたへおすすめ