パブリックスピーキングの9つのステップ

2018年6月27日 in 心理学 0 シェア済み
公衆演説

パブリックスピーキングは、私たちがやらなければならない時があるものです。それは学生として、あるいは私たちが研究をしているとき、または専門的な分野などでの可能性があります。

これらの状況は不安を引き起こす傾向があり、時にはそれが私たちを押し倒してしまうこともあります。では、私たちは何をすることができるでしょうか?たくさんの人たちの前でスピーチをしなければならないときに、自分の気持ちをコントロールするためのコツがあります。 この記事を読み進めて、それらを発見してください!

そのテーマについて巧みに話すことが出来れば、それが完全にマスターされているような錯覚を与えることが出来る。

– スタンリー・キューブリック

公衆の面前で話す準備をする

あなたの不安が人の前で話すときに引き起こされた場合、それはあなたに反する力になります。しかし、あなたがパブリックスピーキングに対して多少の不安を感じるだけであれば、逆にスピーチをしっかり準備する動機になってくれるかもしれません。ということで、1つ目の答えはプレゼンテーションを準備することです

そうするためには、しっかりした準備と練習を行う時間を作る必要があります。時間を分割して準備のためにあてます。

十分に準備されたスピーチは、すでに90%完了している

デール・カーネギー

私たちからの2つ目のアドバイスは、聴衆が付いていきやすいよう、はっきりした理解しやすいスピーチをすることです。あなたが達成したい目標と、誰が聞き手なのかを明確にする必要があります。このようにして、適切なスピーチの構造とツールを選び、あなたのスピーチを提供します。観客は出発点を決め、そしてあなたが到達できる深さのレベルを決定します。

第3に、成功するためには用意したスピーチを最初から最後まで読まないことに注意しましょう。どのように?スピーチに用意するものを概要リストのメモ、あるいは短いメモなどにします。これには、あなたのスピーチに使う視聴覚プレゼンテーションも含まれます。

ノートパソコンとメガネ

練習、練習、そして練習

あなたのプレゼンテーションを改善するためにできることは、ここで終わりません。資料を適切に用意したら、今度は練習を始める必要があります。これが4番目のステップで、スピーチを家でリハーサルします。もちろん、大きな声で。そうすれば、視聴者の前でスピーチをする前に、改善が必要な部分を自身で聞​​くことができます。

しかし、家で練習するだけでなく、 5番目のコツは、あなたがスピーチを行う場所で練習しておくことです。プレゼンテーションが行われる場所に実際に身をおくことで、当日に感じる不安を和らげるのに役立ちます。加えて、どの機器が利用可能であるか、そしてどこが出入り口かを事前に確認できます。

会議室

この後、スピーチをする前に行うべきことは1つしかありません。リラックスです。深呼吸などのようないくつかのリラクゼーション技術を実践することで、緊張感があなたを奪いスピーチ内容を忘れることがなくなるでしょう。これにより、あなたのスピーチの要点も忘れないようになります。

さぁ本番です – スピーチしている間にあなたは何をしていますか?

プレゼンテーションを開始したら、さらなる戦略を実施することが重要です。私たちが提示しなければならない7つ目のヒントは、あなたがアイコンタクトに注意を払うべきであるということです。少なくとも一時停止中などは、一人の人や部屋の特定の場所に視線を固定させることなく、観客を見渡すことが非常に重要です。また、聴衆があなたをどう評価しているかを彼らの表情から読み取る必要はありません。なぜなら、それはあなたをより緊張させるからです。

私たちは多くのことを話す割に、少ししか意見を言いません。もっと表現するために、もっと考えるべきです

ホモール・デ・バルザック

これにはしっかり焦点を当てるべきです。どういうことでしょう?あなたのプレゼンテーションを成功させる8番目のテクニックは、非言語コミュニケーションです。観客の注意を引きつけるためには、ボリューム、スピード、トーンが微妙な変化をさせることが重要です。

そして最後に、聴衆の注目を引きつけ、パブリックスピーキングの極意を習得するのに役立つ9番目のトリックは、ユーモアを使って聴衆に笑顔を浮かべさせることです。「笑い」ではありません。笑ってしまって、スピーチの内容からあまり気をそらされたくないからです。また、私たちは皆、誰でもミスをすることを覚えておいてください。もしあなたの頭の中が真っ白になっても、スピーチを続けてください。 。 。頑張ってください!

あなたへおすすめ