レインマンのモデルとなった人物:キム・ピーク

2019年12月2日
レインマンのモデルとなった人物、キム・ピークの人生は、私達が人の制限や潜在能力に関しほとんど知らないことを気づかせてくれます。人の制限は大きな利益を生む可能性があるという、逆説的現実を証明しました。

キム・ピークには、人は皆すばらしく異なるということを思い出させてくれる魅力があります。彼の才能や悲劇を一部映した映画レインマンを通し、全世界が彼のことを知っています。

「本当のレインマン」キム・ピークは、映画の大枠や脚本に影響を与えた人物です。しかし、彼の現実は映画で映し出されたものとは異なります。この映画会社は、映画界の歴史に記録を残しただけでなく、発端となった人の人生にも印を残しました。

キム・ピークのストーリーはレインマンのストーリーより興味深いものです。彼に会おうと200万人以上が彼を探したと考えられています。さらに、ドキュメンタリーも複数作られました。また、NASAも、20世紀最高の映画のひとつの発端となった人物について詳しく知ろうとしました。

「違いを作るために、障害をもつ必要はない」

-キム・ピーク-

 

キム・ピークは知的障碍者?

1951年、ピークは誕生してすぐ知的障害だと診断されました。障害をもって生まれたため、彼の医師は皆専門の施設に行くべきだと勧めます。しかし家族はそれに反対します。家族はキムと一緒に過ごすことを選び、キムは施設には行きませんでした

キム・ピークは大頭症のため、普通の発達ができません。彼の脳は異常に大きく、右脳と左脳をつなぐ脳梁と呼ばれる部位がありません。そのため、予後は好ましいものではありませんでした。

両親は、キムが他の子とは異なり、特別であることに気づきます。1歳になる頃には、読み聞かせた本をすべて覚えていました。この能力は素晴らしいものですが、どう対応してよいか分からなかったのです。

キム・ピーク レインマン

 

キムの素晴らしい脳

キム・ピークの両親は、彼が膨大な量の情報を学び、覚えられることに気が付きます。一度読み聞かせるだけでいいのです。自分で本を読む時は、逆さにしてもう一度読むことはありません。すべてを覚えているためにもう必要がなくなるのです。

3歳の時、辞書を目にします。彼はすぐに言葉の意味を読み、覚えました。9000冊という驚愕の量の本を記憶していたという人もいます。1つのページを右目で、もう一方のページを左目で読むことができました。また、そのペースも早く、たった10秒で2ぺージを読みました。

さらに、キムは複雑な計算も得意でした。電話帳を手にし、同じ列にある数字を足して、楽しみました。大人になってからは、紙やペン、電卓を使わず、会社全体の会計を行うことができたのです。

レインマン キム・ピーク

 

美しい人生

映画「レインマン」とは違い、キムは愛嬌のある人でした。社会的接触を楽しみ、会う人皆に愛着や理解を示し、対応しました。素晴らしい記憶力をそなえていましたが、読んだことから結果を引きだしたり、計算を越え、数学の知識を別のことへ活かすことは苦手でした。

また、彼は運動機能に障害を持っていました。例えば、4歳になるまで歩くことができませんでした。また、ボタンかけ、ネクタイや靴紐の結び方を学ばずに大人になりました。

レインマンの脚本を手掛けたバリー・モローは、特別な制限や能力を持った人のためのイベントで、キムに出会いました。モローはこの話題に関する映画をすでに撮っていましたが、キムとの出会いがすべてを変えたのです。

この出会いから、レインマンの脚本を書きました。また、映画に出演したダスティン・ホフマンもキムと会っており、様々な舞台で、彼への尊敬を表しています。さらに、ダスティンはこの映画でオスカーを受賞した時、皆の前でピークに感謝を述べています。

キム・ピークも有名になりました。友達が増え、彼の人生にも良い影響となったと彼の父親は語っています。この素晴らしい男性は、私達に大人の矛盾を教えてくれました。2009年、彼は心臓発作により58歳の若さで亡くなりました。

「お互いに違いを認め、敬い、自分がしてほしいように相手と接することで、世界は皆にとってより良い場所となるだろう」

-キム・ピーク-

  1. Muñoz-Yunta, J. A., Ortiz-Alonso, T., Amo, C., Fernández-Lucas, A., Maestú, F., & Palau-Baduell, M. (2003). El síndrome de savant o idiot savant. Rev Neurol, 36(Supl 1), S157-61.