災害後の心理社会的支援

2020年1月10日
災害の被災者のためには様々な支援やサポートがあります。訓練を受けた専門家による心理社会的支援もその1つです。

災害時および災害後の心理社会的支援の目標は、被災者とそのコミュニティの災害による心理的および社会的影響を最小限にすることです。

心理社会的介入チームは通常、コーディネーター、心理療法士および特定のトレーニングを受けたボランティアで構成されます。これらの支援は、2つの異なる期間に実施されます。

つまり災害後とコミュニティの潜在的な脆弱点を減らすことを目的とした予防作業時です。災害とは正確には何を指すのでしょうか?下記で詳しくみていきましょう。

災害の定義

災害は自然と人為的な出来事の両方であり、どちらも脅威をもたらします。それは非常に大きなものであり、個人が対応できる能力を超えています。

科学的に、人為的なものに比べて自然災害は多くの心理的トラウマを残さないとを言われています。それにもかかわらず、どちらの災害の場合もコミュニティ全体を破壊する可能性があり、個人の苦しみにつながります。

こちらもご参考に:
緊急時のソーシャルワーカーの役割

災害後の心理社会的支援

災害 心理社会的 支援

大災害の後、様々な要因が緊急事態の改善または悪化に影響を与える可能性があります。被災者は心理社会的観点から失ったものを再構築する必要があるのです。そのためには、以下のようなことが被災者には必要になります。

  • 帰属意識。彼らが犠牲者であると感じる代わりに生存者であると感じなければなりません。
  • 社会風土の構築。経験した苦痛への認識と検証。
  • 無力感と依存症を避けるために、周囲に振り回されることなく自分自身で人生をコントロールします。
  • 不確実性の感覚を減らすためにルーティンを回復します。
  • 尊厳と社会的支援。
  • 将来への希望を持ち続けること。

ご存知でしたか?:
心的外傷後ストレス障害の治療とは

心理社会的支援

心理社会的サポートチームは、被災地で、心理的トラウマを負った人を支援する必要があります。

これは一般に心理的応急処置として知られています。非常に短気集中で、被災者の直接の要求に答える必要はありません。チームは独自のイニシアチブに従い、支援を申し出ることができます。ただし、このような行動は7つの原則に従う必要があります。

  1. セキュリティ。開始するには、被災者の身体的完全性を確保する必要があります。
  2. 近接。災害現場に近い環境で実施する必要があります。
  3. 即時性。慢性症状を防ぐため非常に重要な要素です。
  4. 正規化。異常な状況から日常に戻る手助けをします。
  5. アクティベート。各個人が直面している状況に対する戦略を実施します。社会的ネットワークによって支援を拡大し、状況の悪化防止に役立つようにします。
  6. 簡素化。情報をより適切に処理できるように、簡単かつ簡潔な方法で提供する必要があります。
  7. 柔軟性。心理社会的ケアはそれぞれの状況に適応し、必要に応じて事前に確立された戦略を修正する必要があります。

対処方法

災害 心理社会的支援

災害が発生した場合、被災者をサポートするために何ができるでしょうか?どんな声掛けをするべきでしょうか?どのような行動が適切でしょうか?

心理社会的サポートを行う場合は以下のことを心がけてください。

  • できないことを約束しないでください。
  • 沈黙を尊重し、大切にします。
  • できるだけ落ち着いてください。
  • 被災者の感情表現を受け入れます。
  • 各個人の宗教的信念または信念の欠如を尊重します。
  • やりたくないことを強要しないでください。
  • 対立を避けてください。
  • 命令したり、指示したりしないでください。代わりに、超越的なレベルで対話をすすめます。
  • 相手が望むのであれば聞き役に徹してください。
  • 自殺や殺人の脅威を見逃さないでください。

災害はある一定の時間内に起きた出来事だと考える場合が多いかもしれません。例えば地震、火山の噴火、交通事故、大規模な産業事故などです。ただし、常にそうとは限りません。災害は長い戦争や飢餓などしばらく続く現象も含まれます。

したがって、災害時の心理社会的サポートチームの仕事は、一定の時間にサポートを提供することだけではありません。 多くの場合、被災者やコミュニティが災害前と同じ機能レベルに戻るまで、必要に応じて継続する必要があるのです。

  • Baloian, I., Chia, E., Cornejo, C., & Paverini, C. (2007). Intervención psicosocial en situaciones de emergencia y desastres: guía para el primer apoyo psicológico.
  • Pérez-Sales, P. (2004). Intervención en catástrofes desde un enfoque psicosocial y comunitario. Madrid: Átopos, 1, 5-16.
  • https://www.unincca.edu.co/permanencia/primerosauxilios/textos%20de%20ayuda/texto1.pdf