トラウマのあとに人生を取り戻す試練

2019年2月24日

車の事故、飛行機墜落、ハリケーンや地震などの生命を脅かす自然災害、レイプや誘拐などひどい事件…これらすべての状況には共通点があります。それを経験した人にとっては、これは長く続く辛いトラウマにかわるということです。トラウマのあと、どのように人生を取り戻したら良いでしょうか?

各状況の苦しみは、個人の性格や状況によって異なります。特定の出来事に大きなショックをうけるひともいれば、同じ状況であまりショックを受けずに、すぐ忘れてしまう人もいます。トラウマに麻痺させられないようにするには、何ができるでしょうか?前に進むためにはどうしたら良いでしょうか?

トラウマ的な経験が性格を変えることがあるか

トラウマのあと、人の性格と人生に大きな変化があります。その影響は、ことが起こった何年も後に現れることもあります。その人は適応するためにたくさんの努力を必要とします。また、自分の能力や知識の再調整が必要となります。これらすべてが未来の挑戦を物語っています。

これらの再調整によって、人はよりアサーティブになったり自制がきくようになったりします。しかし、別のケースでは、より不安に影響を受けやすくなり、トラウマのあとに人生を取り戻すことができなくなります。さらに、トラウマは役に立たない害のある処理メカニズムを引き起こすことがあります。

目を閉じる

ジェンダー関連の暴力は、被害者の性格を変えてしまいます。女性、トランスジェンダー、その他のジェンダー関連の暴力の被害者は、トラウマを受けやすくなります。パートナーに怒鳴られたり、叩かれたり、いやがらせされたり、馬鹿にされたりしたとき、それはトラウマになります。パートナーが家を空けたときだけが、安らげるときです。

間違いなく、虐待は大きな傷跡を残します。肉体的な怪我だけでなく、心理的な攻撃も被害者に対する加害者のコントロールを許します。被害者は、自分の決断を疑い始めるかもしれません。

別の例を挙げてみましょう。飛行機が墜落した後、生き延びた人は新しい人生に直面しなくてはいけません。愛するものを失ったトラウマや深刻で慢性的な損傷のトラウマを受け入れなくてはいけません。

トラウマのあと数か月後、数年後に、別の恐怖を感じ始める可能性があります(飛行機に乗る恐怖、閉所恐怖症、社交不安など)。あるいは、強迫性障害を発症するかもしれません。お分かりいただけるように、トラウマのあとの生活はかなり圧倒されるものです。

外に吐き出すことでトラウマ的な経験の影響は軽減できる

6歳までに治療されなかったトラウマ的な経験は、一生ものになります。何故でしょう?無意識と潜在意識で定着してしまうからです。だから、このような極端な状況では何をすべきかすべきでないかを分かっておくことが重要です。

緊急事態や大災害の場合、はじめの6時間は睡眠をとるべきではありません。夢は記憶の強化に重要な役割を果たします。その為、起き続けているか、忙しくしてショッキングでトラウマ的なイメージが浮かんでこないようにします。

影響を受けた人は横になったり休んだりしたいかもしれませんが、はじめの6時間は寝かせないようにしましょう。睡眠薬を飲むこともよくありません。自然な睡眠を促しましょう。

トラウマのあとの助け

お話ししてきたように、トラウマ的な出来事への反応は人によって異なります。その為、専門家が様々な症状があることを理解していることが重要です。すべての症状が同様に受け入れられるべきで、個々に合った方法で治療されるべきです。

まず、トラウマのあとに生活を取り戻すために、毎日のルーティーンに戻ることをおすすめします。急に習慣を変えないでください。トラウマを思い出させる場所や人から逃げないでください。代わりに、どんな風に影響を受けるのか専門家に話してみましょう。

このためには、はじめの一歩として自分の周りで起こることをコントロールすることは出来ないと受け入れることです。さらに、ストレスを引き起こすような瞬間や出来事に自分をさらすことはせずに、楽しい活動に参加して、休息して、落ち着いて葛藤を解決していくことで、嫌な感情を軽減させましょう。

雲
感じていることについて話すのは、重要な過程の一部

最後に、自分の愛する人に頼りましょう。自分の感情を表現して、痛みを引き起こしているものを特定して、口に出して、それを説明することは良いことです。

何に向き合っているかが分かるとき、向き合うことは容易になります。他の人にとっても、その何かがわかっていた方が助けやすくなります。感情とそれを引き起こしているものを別々に見るのではなく、2つのものをつなぐ糸を見つけましょう。

大したことなく思われるかもしれません。しかし、他人に話すことで、人は失っていた安心感を得ることができるのです。特に、他人が受け入れてその裏側にある理由を理解してくれた時です。

秘密を話したり書いたりすると安心感を得ます。自己認識と自己セラピーのツールであり、状況を乗り越えて、トラウマのあとに人生を取り戻すために、これはポジティブな働きをします。トラウマ的で、ネガティブで、心を揺るがす出来事を内面化しないと、深刻な分離問題が起こることもあります。

外傷後ストレス

トラウマ的な出来事のあと、その出来事に定義づけられたように感じるかもしれません。すべてがそれによって侵されているかのように感じます。問題が悪化すると、外傷後ストレス障害になることもあります。これは、数年や一生続く影響のある強いストレスに侵されるときです。

フラッシュバックの形でトラウマ的な状況が繰り返されるのはよくあることです。睡眠問題や感情を感じなくなることもよく見られます。このような症状が慢性化するかどうかは、その出来事の激しさと深刻度によります。ストレスは加算されてしまうということも覚えておいてください。 別の言葉で言えば、トラウマのあとに起こったどんな出来事も、不安症を引き起こしてしまう可能性があるということです。

トラウマ的で予期せぬ状況から逃れられる人はいません。どんな場合でも、専門家に相談することが重要です。前に進む助けになってくれるだけでなく、トラウマのあとに人生を取り戻すためのツールも示してくれます。