社交恐怖: 評価されることへの恐れ

· 2017年11月26日

社交恐怖症は、社会の人間関係に大きな不快感を持つ不合理な恐れです。 この恐怖症に苦しんでいる人は、人との距離を保ち、孤立します。なぜなら、どんな種類の人間関係であっても、人と関係を持ったり交流すること自体が彼らを不快にさせるからです。

人との接触は人間の生活の基本的な要素であるため、社交恐怖症はわたしたちに多くの制限をもたらす恐怖症です。 私たちは、生活のあらゆる点で周りの人たちと関係を持つことが重要です。働くことや家族としての生活、パートナーになるかもしれない人との出会い、友情を維持することを必要としています。

社交恐怖症に苦しむ人々は、自分自身が他の人々とやりとりすることを強いられる状況を避けます。 しかし、多くの場合、それは不可能です。 つまりそういった人は、困難な状況を避けることができないのです。しかし彼らは絶えず他人に評価されているということを頭の中から消すことができずに苦しむことになります。

「私は、勇気は恐怖を感じないことではなく、それを克服することであると学びました。 勇敢な人は、恐れを感じない人ではなく、恐怖を克服することができる人なのです」

-ネルソン・マンデラ-

社交恐怖症への理解

多くの恐怖症の中でも、社交恐怖症は最も誤解されがちで胃が痛くなるような恐怖症だと思われています。 あらゆるイベント、パーティー、ミーティングなど(要するに、他の人に自分自身を公開しなければならない状況)は、社交恐怖症を抱える人にとって最も恐ろしいことなのです。

オオカミの仮面をかぶった女性

 

この恐怖症の根底にある恐怖とは、自分自身を恥ずかしい、または屈辱的な状況に置くことへの恐怖です。この気持ちは、自分自身の恐れや不安の結果、あるいはそのような状況に直面することができないと信じているから存在すると考えられています。

社交恐怖症に苦しむ人々は、誤解され、ある一定の疎外感を感じます。 その複雑さと重大さは、彼らが避けている社会的接触を、同時に必要としているということです。 だから、彼らは不快な感覚を与える刑務所にいるように感じるのです。

この恐怖症と診断される人は、社会が怖くて苦しむことによって制限を課されます。 さらに、能力を奪われてしまうようにその人の人生を妨害し、大きな不快感を生じさせます。そして日常生活のさまざまな領域において妨げが生じます。

社交恐怖の原因

この恐怖症には多くの原因があります。 発展し始める最も敏感な時期は青年期です。 それは過保護だった両親に関連している可能性があります。 それはまた、社会的スキルの不足から生じることもあります。

彼らは、社会的交流と親密さが求められると予想される状況において大きな不安を感じます。 このような状況で起こる精神、生理学的反応は、頻脈、苦痛、震え、赤面、吃音、および一定の発汗などの症状につながる可能性があります。

この恐怖症を持ってしまったなら、専門家を訪ねるべきです。 不合理な恐怖と不快感を制御するためです。

私たちは、自分のニーズを受け入れ、表現するのに苦労します。 私たちは裁かれることを恐れて、他人を判断するのです。

評価を受けることへの恐れ

ある意味私たちは皆、私たちの能力、行動、感情に基づいて、他人に過去、現在、あるいは未来の状況を評価される事に対する恐怖心を持っています。 これは、私たちが強迫観念を持ち始め、不自由を感じたり病におかされている時に見られます。

よくある言い訳としては、私たちは他人によく理解されておらず、誰も私たちを理解していないということです。 私たちの態度と行動が自身の孤独を作り出しています。そしてそれが私たちが深く奥深くに求めている愛情の欠如を促進しているのです。にもかかわらず、私たちはそれを認識することなく、他人が自分たちに共感してくれないことについて不平を言うのです。

穴から覗く少女

意識することと内省することは、私たちに起こるすべてが他人のせいだと考えるのを防いでくれます。 私たちが物事を見たり行動したりする方法には、結果があるはずです。だから、私たちが自分たちの人生経験に結びつけるものの責任も負うのです。

 「私たちは時々、頑固さから自分に欲求があることを認めたがらない。なぜなら、この社会において必要なことは弱さとイコールだからである。 私たちが怒りを内側に向けると、しばしばうつや罪の気持ちがあることに気づく。 内側にある怒りは、過去の私たちの印象を変え、現実を歪める。 これらの昔の怒りはすべて、他人のせいではなく、自分自身のせいなのです。」

-エリザベス・キューブラー・ロス-