サピオセクシュアル:知性の誘惑

· 2018年3月15日

サピオセクシュアリティーは、性的魅力の主な要因として知性を見ている人々に使用する用語です。この用語の根源は、 “サピエンス”という言葉に由来します。これは「賢明な」という意味です。

サピオセクシュアルの人は新しい刺激に感情的に反応し、繰り返し感じるものにはあまり注意を払いません。彼らは、人格心理学が経験することができると定義する特性を持つ人々です。

彼らは、知見を開けてくれるような会話にとても惹かれます。この彼らの中の活性化は、最初は精神的なものから始まり、他のレベルまで拡大します。これらには、身体的、感情的、そして性的なものが含まれます。

この現象は、どの性別でも発生する可能性があります。つまり、男性と女性の両方で起こる可能性があります。しかし、それは女性により一般的に起こる可能性が高いと言われています。これは、女性が男性ほど視覚的ではなく、恋に落ちるために他の刺激を必要とするためです。

サピオセクシュアルの人にとっては高レベルの知性が誘惑ゲームの主な要因です。

会話するカップル

エロティックな知性

精神科医リスター・ロッセルは、脳は私たちの主要な性器であると主張しています。彼はそれが私たちの皮膚や性器よりも重要だと言います。

また、知的誘惑が関係の質を高めると考える学者もいます。それはどうしてでしょう? 知性は脳内で目覚めた後、物理的なレベルに移行するからです。

サピオセクシュアルの人にとって、会話は二人の心がお互いを刺激し合う性的なゲームのようなものになります。彼らは驚きや予期しないことが大好きなのです。

しばしば、彼らは欲望のための、謎を残す方法を知っています。この最後の部分は、人々がエロチックな知性と呼ぶものです。

知性への誘惑にはいくつかのリスクが伴います。これは、特に安全でない、または自尊心が低い人に当てはまります。

自尊心の低い人は、知性の誘惑という名目の従属関係にある可能性があります。言い換えれば、彼らが自分自身を知的であると見ないので、知的であると思う人々を賞賛するのです。

私たちの性器は、私たちの脳に大きく依存しています。

愛を私たちの中から見つけて

ソーシャルメディアは、私たちの生活を通じて存在していた概念に、新しい用語で可視性を与えています。社会学者のフランセス・ヌエズによると 関係を定義するラベルを探すことは新しいことではないといいます。それは実際に、社会生活の中で私たちを方向づけるために、固定観念や偏見としても存在しています。

サピオセクシュアルは、今まで存在していた魅力を表す、トレンディーな方法となっています。知性が性的魅力の中で最も重要だと感じていた人は常に存在していたのです。

この言葉は新しいものですが、この言葉のおかげで対人関係の魅力の要素としての知性と心の関係が復活しています。 私たちは、それを紀元前380年に哲学者プラトンの著作で遡ることができます。

kokoro-ha-to

サピオセクシュアルは、言葉を彼らの誘惑材料にします。彼らは、質の高い会話や、彼らを刺激し、より深く理解する対話が好きです。 彼らは他人の内なる世界に美しさを感じます。

しかし、これは、彼らが外見や人格のような他の要因を考慮していないことを意味するわけではありません。

彼らはまた、無意識のうちにその人の知性をより安全で安定した交際関係に繋げます。ある意味で、彼らは知性と良好な意思決定を交際関係と関連づけています。

サピオセクシュアルは、私たちが一緒になりたい人を選ぶために使用する基準の一つなのです。

具体的に、誰かと時間を過ごす予定の場合、彼らが面白い会話をしてくれることが最善です。私たちは、彼らに謎と欲望を維持する方法を知ってもらいたいのです。

愛は体の美しさから始まる段階的スケールのようなものです。その後、アイデアや、特に高い知性を示す人々に移動するのです。」

ープラトン