成功のために待つ

· 2018年2月3日

成功の秘訣は報酬を待つ方法を知る事だとよく言われます。これは時に事実である一方で、良い事が訪れる時はほぼ突然であり、計画もしていない時だったりします。成功は必ずしも運にかかっているわけではなく、むしろ努力によるものだということは私達も理解しています。

準備を整えておくことが常に重要です。成功のタイミングを掴むことを知ることは更に重要なことですが、本当の美徳は一生懸命頑張ることで最終的に得られる良い事全てを待つことにあります。

自分の夢や大志が実現するのを信じることは容易いことではないのは皆知っています。しかし、適切な対処戦略とポジティブで現実的な態度といった要因が私達に多くをもたらしてくれることを明確にしなければなりません。このことについて考察してみましょう。

両手の間に蝶が飛ぶ女性

待つという技

私達はあまりに多くの時間を列を作ったり、電車が来るのを待ったり、欲求不満になったりするのに費やしています。なぜなら、チャンスが私達の扉を叩いていないからです。しかし、待つという技は実には秘訣があります。待っている間に自分の現実を築くことができるのです。

スタンフォード大学の心理学者ウォルター・ミシェルが、どのスキルが目標の達成や成功に結びつくのかを知ろうと興味深い実験を行ったのは60年代のことでした。

ミシェルの研究の要点は、そうした基礎的な戦略法を絞り、幼少期からそうした戦略法を身に付け、強化させることでした。そのために、彼は以下のような実験を発案しました

  • 4歳児のグループをテーブルにつかせ、キャンディが入った瓶の前に座らせました。心理学者たちは、20分待ったら、大人がもっといいご褒美を持ってくるよと言いました。
  • 3人の子供のうち1人だけが待つことができ、そこには一つの事実が関連していました。待つことができた生徒はより学業的に秀でていたのです。
  • 達成できる能力や不満への耐性、感情のコントロール、動機付けや「差し迫った空腹」に屈さない能力といった側面がこうした子供の成功を決定づけるものだったのです。これらは大人にも認められる側面です。
ライオンの鼻にとまる蝶

良い事には努力、献身、情熱が必要

「簡単に手に入るものは、簡単になくなってしまう。」このフレーズには馴染みがあります。時に、一時の満足を求める人に出会うと、とても脆く自己中心的で無関心な関係となり、傷ついたり、絶望したりすらすることがあります。.

本当に価値があるものには努力、勇気、必ず達成するという献身が必要です。幸せという目標を達成するための「待つ」という作業のために、自己愛と情熱と持って我が道を進んでいかなければいけません。

もし何かいいことが訪れるのにしばらく時間がかかるのであれば、絶望するべきではありません。なぜなら、日々の奮闘といういつも同じプロセスを繰り返すことで、新しい役割や能力を通して自身を発見でき、私達を確かに豊かにしてくれるからです。

手の中から飛ぶ葉

ですから、もし待つことが現状に対処し、目標を達成する機会なのであれば以下の側面を深く考えることが重要です。

  • 自己愛を「堅固にする」必要性。もしあなたが置かれている人間関係で、いつも同じ脆さが存在していると感じるのであれば、強い自尊心をもってのみ私達を取り巻く強固な個人主義と対峙することができる、と覚えておいてください。
  • ただあなたの現実と「つながる」だけでなく、現実と「触れ合わ」なければいけないこと。受け身になってはいけません。あなたの現実は毎瞬時に起こり、その中で何倍ものチャンスが開けるのです。単にその時の満足を見つけるためにつながってはいけません。このプロセスにコミットし、時間、努力、希望を投資しなければいけません。
  • 自由と安全の重要性。あなたには進みたい道を選ぶ自由があります。誰もあなたのために決めるべきではありませんし、あなたには自分の価値を知るために外部からの承認を受ける義務があるわけでもありません。良い事は、あなたが自分の価値や限界、強さを知りつつ安全に前進する時に訪れるのです。
  • 不確かなことを受け入れることを学ぶ。私達は不満に耐え、即座に得られる満足感に抵抗する方法を学ぶ必要があります。そして、人生は不確かなものであるということを理解する必要があります。誰も明日何が起こるか、自分が取り組んでいるプロジェクトが成功するかを予想することはできません。

私達には身の周りの事に対する絶対的なコントロールはないということを理解し受け入れましょう。不確かさを受け入れるということは身を任せることではなく、自分が欲しい物を手に入れるために、私達に本当に何が変えられるのかを見つめることです。

待つことに疲れてしまってはいけません。価値があるものが起こるには忍耐と情熱と闘う姿勢が必要なのです。