正と負の感情:黒がなければ白はない

正と負の感情:黒がなければ白はない

最後の更新: 28 9月, 2017

黒がなければ白はなく、悲しみがなければ幸せはありません。色となると、自分の好きな色は少なくとも自分の好みによります。しかし、感情となるとそうもいきません。不愉快にさせる感情は拒否し、いい気持ちにさせてくれる感情は抱こうとします。しかしながら、一方がなくては、少なくとも違う形ではありますが、もう一方も存在しません。もし悲しみを経験したことがなかったとしたら、あなたは喜びに価値を見出せますか?

私達は悪い状況から逃げ出してしまいがちです。または、変えられないと思い込んでしまっている状況に苦しみ、被害者でいることに満足してしまったりします。こうした受け身の態度は自らの人生に対する責任を奪ってしまいます。しかし、こうしたネガティブな経験に浸ってしまうつもりなのならば、逆のことに感謝してみてはいかがでしょうか?

黒がなければ白はない

ポジティブな面が見えないままネガティブな面に潜り込んでしまう本当の理由は、自分を幸せにしてくれるだろうという考えに基づいた希望や期待に起因しています。私達は完璧な人生というのは幸せに満ち溢れているものだと考えています。お金が不足することもなく、仕事からクビになることもなく、病気にもなることもなく、不健全な恋愛をすることもないような人生だと。

私達は今犯してしまった過ちから逃げるように、そのような出来事全てから逃げてしまいます。そして逃げられない時、悲しみを経験します。しかし、そうなるべきではないのです。こうした全ての経験のおかげで逆のこと、例えば、バランスを取ることの美しさ、毎日の生活、ありふれた物、欲求が満たされることなどを感謝できるようになるのです。

少年と犬

悪が私達に善を見出させてくれ、さらに善に導いてくれるのであれば、なぜ私達は悪に感謝できずにいるのでしょうか?もし失敗をしたことがなければ、きっと今知っていることの半分も知らない自分になっているでしょう。もし嘘をついたことがなければ、嘘をつくということがいかに心を惹くものか理解できず、他の人が嘘をつかないことに感謝できないでしょう。同じように、もし今までにどの友達にも失望することがなかったならば、本当の友情が何なのかはわからないでしょう。私達が得る多くの知識は困難から来ているのです。

私達が最もポジティブな感情を感じるために、最も苦しみを味わうのが人間関係です。それは全て先に述べたような過ちを犯してしまうせいですが、人間関係ではその過ちがもっと顕著な形で現れます。人間関係では、それが友人との関係であれパートナーとのものであれ、自分の期待が自分の感じる失望に影響しているのです。

苦しみを経験しない人など誰もいません。そして、それでいいのです。この世界にはネガティブな影響を与える人がたくさんいますし、私達を試すような状況が多くあります。もし一度も傷ついたことがなければ、誠実な人とあなたを利用しようとする人をどう見分ければよいかなど分からないでしょう。悪い出来事の全てには、ポジティブな一面があるのです。