積極的傾聴の大切さ

· 2018年11月6日

話の聞き方を知っていますか?相手の言葉をただ聞き流すのではなく、その言葉に込められた意味をきちんと聴いていますか?対人コミュニケーションにおいて有効なものに、積極的傾聴があります。

積極的傾聴の定義は様々ですが、どれにも共通する二つの要素があります。それは理解とケアです。この二つを基礎とし、積極的傾聴は成り立ちます。

積極的傾聴では、聞き手は話し手のメッセージを理解することにエネルギーを注ぎます。そして、話し手の伝えたかった思いをうまく理解できているか確認します。メッセージを丁寧に受け入れることが大切です。

積極的傾聴があれば、その反対もあります。体はそこにあっても、心はどこか違うところを向いている状態です。心の中で優先順位をつけ、目の前にいる人は優先ではありません。

そして、話し手が伝えようとしていることに対し、どうでもいいような態度をとってしまいます。その姿勢が悪影響を及ぼし、メッセージを理解できません。

逆に積極的傾聴では、人の思いを理解し共感することができます

積極的傾聴

今、世界が抱えるコミュニケーションの問題の中には、聞き方を知らないことが原因になっているものが少なくありません。常に自分の意見を考えています。相手の言うことに対し、自分の意見を聞かせることがコミュニケーションの目的になっているのです。

コミュニケーションの本質が失われています。人は、何をしなくても勝手に話を聞くものだと思い込んでいる人が多くいます。これは間違いです。話すことより、聞くことの方がエネルギーを必要とするのです。

「賢くなりたければ、合理的な質問をし、注意を払い傾聴し、穏やかに答える。そして、何も言うことがない時は、黙っていることだ。」

-ヨハン・カスパー・ラヴァーター-

話を聴こうとするならば、行間を読め

重要なのは言語コミュニケーションだけはありません。人とのコミュニケーションの内、60~80%は、非言語なのです。言葉と非言語の表現を組み合わせ、最も効果的なコミュニケーションが成立します。積極的傾聴には、もう一つ重要なことがあります。それは、丁寧に話を聴くと同時に、相手にそれを伝えることです。

相手の立場になって話を聴き、理解するのが積極的傾聴です。相手の思いやアイディア、考えなどを理解する力です。人を理解しようとするならば、ある程度の共感や同情が必要です。相手の立場に立ち、相手の視点で理解するよう努力しましょう。

イヤホンとハート

非言語コミュニケーションとは、自分に対して、また人に対してどう反応、行動するかです。言葉に込められたメッセージを聴くということは、あなたが見たこと、聞いたことを理解し、解釈するということです。そうは言っても、相手の言うことすべてに同意するのはおかしな話です。そうではなく、興味を持ち、聞くことに意味があるのです。

「誰かに話を聴いてもらった時、脳では、限りない喜びが生まれる。それは、食べ物やお金のようでもある。」

-アデリーナ・ルアノ-

孤独には、積極的傾聴を

聞くより話すことの方が好きな人が多いのではないでしょうか。自分や身の回りのことについて話し、脳の喜びをつかさどる部分を刺激します。また、人より自分に耳を傾ける方が良いと言う人も多いでしょう。

 

「人を動かす」というタイトルの本を知っていますか?これは、アメリカの作家デール・カーネギーが書いた本で、アメリカでは、聖書より読まれている本です。人との関係をさらに発展させるめ、彼の哲学や方法を学ぼうと多くの人が読んでいます。

カーネギーは、積極的傾聴が生み出す「信頼」に注目します。人間関係において、信頼はとてもポジティブな意味をもちます。新たな関係、また、長い付き合いでも、信頼の重要性は変わりません。

貝に耳を傾ける

相互理解を深め、絆を強くするのに積極的傾聴が役立ちます。今していることをやめ、相手に注意を向けましょう。例え、相手の言うことが間違っている、あまり重要でないと思っても聴きましょう。あなたが注意を向けることで、話し手は、思いを好きなように表現できます。

邪魔されることなく、丁寧に聴いてもらうと、話し手の心は安らぎます。それは、あなたの前で心に隠していた思いを解放し、表現できるためです。

最後に、人には、指一本使わずに人の役に立つ力があります。自分でも気づいていないかもしれません。まず、聞き方が分かれば、人を理解しやすくなります。周りの人もあなたとのつながりを感じるようになります。そして、人間関係が発展するのです。与えたものは、きっと、自分の元へかえってくるでしょう。

「友達にアドバイスを求められた時、本当はアドバイスが欲しいのではない。話を聞いてほしいだけのこともよくある。聞いてもらえるという行為そのものが、アドバイスになっているのだ」

参考資料

Contreras, M. M., & San Rafael, C. Aprender a escuchar.

Gómez, Á. H.,  Gómez, J. I. A., & Rodríguez, M. A. P. (2011). Técnicas de comunicación creativas en el aula: escucha actiba, el arte de la pregunta, la gestión de los silencios. Educación y Futuro: Revista de investiggación aplicada y experiencias educativas, (24), 153-180.

Martín-Gracia, J.(1978). Comunicación masiva: discurso y poder (No. 04; HM258, M37.). Quito: Ciespal

Subiela Gracía, J. A., Abellón Ruiz, J., Celdrán Baños, A. I., Mazanares Lázaro, J. Á., & Satorres Ramis, B. (2014). La importancia de la Escucha Actibva en la intervención Enfermera. Enferamería Global, 13(34), 276-292.

Torres, M. E.(2005). Asertividad y escucha activa en el ambito academico.