喜びのホルモン:セロトニンの働き

· 2018年2月14日

喜びのホルモンであるセロトニンは、私たちの神経細胞が互いに通信するために作り出す化学物質です。 それは、私たちの中枢神経系のいくつかの領域に見られる神経伝達物質です。 いくつかの研究者によって幸福のホルモンとして知られており、鎮静剤であり、抗うつ物質のように機能し、私たちの気分に直接影響を与えます。

多くの機能の中でも、私たちの体に介入し、食欲を調節し、バランスをとっているのが重要な点です。 それはまた、私たちの睡眠サイクルを制御する機能もありますが、過剰なレベルの神経伝達物質は不眠症につながる可能性もあります。

セロトニンが適度に高いレベルにあるときに性的欲求の増加があり、私たちの性的能力において重要な役割も果たします。 逆に、それが低レベルである場合、性的欲求の低下の原因となる可能性があります。

花を手に持ったスマイリーフェイス

セロトニンは怒り、攻撃性、気分調整、体温、痛みの感覚にも介入します。

セロトニンは私たちの心の状態の客観的な尺度なのです。

セロトニンは私たちの体内でどのように働くか

適切なレベルのセロトニンは、私たちの体の中で喜びと幸せの感覚を作り出します。 逆に、食事が不十分だったりストレスが長引いたためにセロトニンが低レベルになると、それは不安障害につながります。

セロトニンが持つ最も重要な機能の1つは、体温の調節です。 私たちの体温の数度の違いが、細胞組織における大きなグループの大量破壊につながる可能性があります。

セロトニンはまた、私たちの骨の健康に重要な役割を果たします。 抗うつ薬(セロトニン再取り込み阻害薬)を服用している人は、それが骨密度に影響を与えるかもしれません。 小児期には、成長ホルモンなどのホルモンの分泌を調節します。 この物質のレベルの変化は、統合失調症または小児期の自閉症のような精神的不均衡に関連しているのです。

「体は完璧な状態でなければならない。身体が悪化すると、上手く考えられなくなるでしょう。 あなたは体と心を分けることはできません 」

-ボビー・フィッチャー-

幸福と快楽ホルモン

私たちの福祉に関する研究は、個人の幸福の源についての貴重な情報を明らかにしました。 何が幸福に大きく影響するのかが重要な発見です。 実は、幸福に影響を与えるすべての要因を100の部分に分ければ、そのうち50は遺伝学に対応します。

特に、セロトニンを輸送する遺伝子(5-HTTLPR遺伝子)が、幸福感の原因となります。 もちろん、この遺伝子の重要性を強調した研究の著者でもあるジャン・イマニュエル・デ・ネーヴェも、人が自分の人生に満足しているかどうかを判断するのは遺伝子だけではないことを警告しています。 デ・ネーヴェは、この遺伝子がどのように脳に影響を与えるかはまだ明らかではないが、5-HTTLPR遺伝子の適切なレベルが幸福の素因を高めることを説明しています。

「幸福は成果や理想的な状況に依存するのではなく、私たちの精神的健康に依存します」

-ラファエル・サンタンドリュー-

ハッピーフェイスを描く子供

幸せを探してる? ならあなたのセロトニン濃度を上げましょう

私たちのセロトニンレベルを自然に上げることは、私たちの幸福のためにできる最善のものの一つです。 リラクゼーションの練習定期的に実践することで、ストレスを解消し、よく眠り、安静になるのに役立ちます。 リラクゼーション・エクササイズは、筋肉を一旦緊張させリラックスさせることで、体の一部の緊張を解きます。

快適で楽しい気分になる活動を行うことで、セロトニンレベルが上昇し、気分が改善されます。 日光浴と定期的な睡眠サイクルの維持は、私たちがセロトニンレベルの正しいバランスを維持し、幸福感に直接影響を与えるのに役立ちます。

また、セロトニンに満ちていたい場合は、アルコール、精製糖や粉、エネルギードリンクやカフェイン、また薬の過剰摂取を避ける必要があります。

科学構造

さらに、遺伝的要因もセロトニンのレベルとその生成に影響を与えます。そしてその遺伝的要因は、なぜ一部の人々が他の人よりある種の障害を発症する可能性が高いのかを説明することができるでしょう。

「幸福は内的なものであり、外的ではない。 したがって、それは私たちが持っているものではなく、私たちがだれかということに依存する」

-ヘンリー・ヴァン・ダイク-