私たちの幸せを邪魔する独身への恐れ

· 2017年12月13日

今日の交際関係は昔とは違います。 今の時代は家族を作り、子供がいることがそれほど重要ではありません。 代わりに、私たちの幸福にもっと注意を払うようになっています。過去の習慣にとらわれる代わりに、本当になりたいと思っているもののために努力するでしょう。 しかし実際には、しばしば逆のことが起こります。 常に現在に逆らって過去に戻ろうとして、私たちは本当にやりたいことをしないのです。

古いしきたりに対する反抗にもかかわらず、社会的に私たちはまだ独身で人生を終えることを恐れています。 この恐怖は、独身恐怖症と呼ばれます。 それは特に年をとるにつれて現れる傾向があり、まだ正しいパートナーを見つけていない人に起こります。独身恐怖症は男性よりも女性に多くの影響を与えます。 その理由は、生物上の時限かもしれません。

昔よりも私たちがより独立しており、男女関係が変わったのは事実です。 そして性関係は、必ずしも2人の間に愛が存在することを証明するものではなくなりました。現在、 子供をつくることが最高レベルの重要性を持っている、とも考えにくいでしょう。 30歳と40歳で子供を産む女性も増えています。 しかし、私たちは本当に独立して進歩的になったのでしょうか?

私のゴールはパートナーを見つけること

あなたは仕事とキャリアに重点を置いているかもしれません。 そして今、男女関係はあなたの中での大きな心配事ではないかもしれません。 しかし、時間が来れば、特にあなたが30歳になる頃、何かが私たちを不安にさせてしまいます。 まだその不安を感じていないとしても、少なくともパートナーを見つける必要性を感じ始めるでしょう。 この現象は非常に多くの人々に起こるのです。

このような状況に自分があることに気づけば、なぜあなたにパートナーが必要なのか自分に尋ねるでしょう。 「交際することが、成熟し成長するのを助けてくれる」、「他人と時間を共有し、それによって豊かになれる」、「良い時代と悪い時代どちらもを過ごすことで安定したサポートを感じることができる」、などの答えを見つけることができるでしょう。

しかし、あなたは実際パートナーが欲しいのか、交際関係にいたいのか、どちらですか?

馬に乗って夜空をかける女性

この質問は、パートナーを持つことと交際関係にいることの違いを知るために非常に重要です。 あなたが好きな人とあなたの人生を共有することを望むなら、交際関係を持つべきでしょう。 あなたは愛する人と時間を過ごすことで、どのようなポジティブなことが起きるのかを試してみたいのです。しかし、あなたが単にパートナーを持ちたいだけであれば、あなたの目標は単に婚姻状態を変更することだけなのでしょう。

独身になりたくないからといってパートナーを求めることは、正しい選択ではありません。 パートナーが自分たちのもとにやってくることを熱狂的に望んでいる人々にとって、最も重要なことは恋に落ちることではなく、独身という状態から逃れることです。 独身でいることが真に彼らを悩ますものなのです。 独身で終わることの恐怖は本物であり、彼らはそれを避けることに夢中なのです。

「修道女になる」、「あなたは猫が異常に好きな女性だ」などは、独身への恐怖を現した表現でしょう。

あなたはきっとどこかで感情的な依存について聞いたことがあるでしょう。 このタイプの問題を抱える人々は、自分の側に誰かがいないと生きられません。 独身で終えることに対する恐怖は、私たちを独立させることを邪魔します。 私たちは自分の孤独を楽しむことができません。 これは、私たちが独身になることをさらに怖がらせ、交際関係においてなんでも従う合意者になってしまいます。

歩きながら手を握る男女

独身になることへの恐怖は私たちを不幸にする

過去の何らかの経験のせいで、あなたは孤独に対して恐怖をもっている可能性があります。 あなたの自尊心は非常に低く、自信が欠けているかもしれません。 しかし、あなたが自分をそんな気分に陥れないように落ち着かせてくれるようなパートナーを求めてしまったら、それは解決策にはなりません。 それは、同じ問題に別の定義と解決策を付けてラベル付けしようとしているにすぎないのです。

独身でいることへの恐怖は私たちを不幸にします。そしてほとんどの場合、私たちに害をもたらすような関係に身を沈めることによって、その恐怖から逃れようとします。 私たちは理想の人がやってくることを望んでいますが、ここにはまだ到着していないようだから、冒険に挑戦するのです。 私たちは自分自身で孤独を楽しむことさえしようとしません。

このようにして、私たちは実際に何が起こっているのかを考えることを避けます。 したがって、私たちはその交際関係を偽装しようとしますが、現実には恐ろしさで溢れているのです。 自分の周りでは、幸せなカップルを見続けなければいけません。そして、あなたもそんな風な関係を築けたらと憧れ続けなければいけません。

「独身であるということは、誰かがあなたを完成させ、自分の人生の世話をしてくれる、というイリュージョンを捨てるという意味である」

– オマーン・ファタック –

自身の問題に直面するのは難しいことです。 しかし、あなたを正しい場所に導かない状況を避けることも重要です。 あなたが孤独でいる方法がわからない場合、もしくはそれがパートナーを欲しい理由なら次の質問について考えてみてください。

私は何のためにパートナーがほしい? なぜパートナーが欲しい?

しばらく独身でいることは難しいことではありません。 そうすれば、あなたに害を及ぼしているすべてのものに対して働くことも可能です。

月を手にする少女

これはあなたの人生を幸せと喜びで満たしてくれる人を見つけるための唯一の方法です。  あなたの理想の人が現れるかもしれません。 しかし、これはあなたが心配してどうにかなるものではありません。

まず、自分自身にフォーカスし、あなたが自分自身に捧げることができる時間を利用してください。 ずっと独身でいることや、孤独への恐怖は、社会恐怖以上のものではありません。 それは、ソーシャルネットワークの相互作用や、それらを用いて孤立を回避する必要性を感じることから派生しているのです。 ソーシャルネットワークは、私たちの精神的、社会的ステータスを「交際中」に変えることができるからです。