思考停止法を知っていますか?

2018年12月12日

考え込むこと、思考の繰り返しは、恐怖や心配から生まれます。脳内で何度もそれを変えようとしますが、あまり上手くいきません。この精神的力を誰もが鬱陶しく思うのは、それが不安、ストレス、一般的な不快感を強くするためです。思考停止法を使い、これを止めることができます。

思考の繰り返しはあなたにとって何にもなりません。例えば、大きな仕事をもらい、それを提出した時のことを想像してください。突然、不安や心配になり、それはまだ充分ではなかったのではないかと考え始めます。最悪なのは、それについて考えることを止められないことです。これはあなたのためになっているのでしょうか?

この時点でできることは何もありません。そのため、その仕事に対するネガティブな考えが何度も頭に浮かび、結果を心配します。次に何が起こるかは分からず、それがさらに大きな恐怖や不安になるのです。

 

思考の繰り返しをうまく止める方法

思考の繰り返しに悩む人は、自分の考えが全てをコントロールしていると思っています。その思考に力を与えているのは自分だということに気付いていないのです。それが自分の助けになるというサインがないにも関わらず、頭の中でそれを繰り返しているのは、自分です。これが生じた場合、特に頭が痛くなる場合、思考停止法が大いに役立つでしょう。

思考の繰り返しの元となる部分の止め方を学ぶことが理想的です。そうすると、思考停止法を良いタイミングで使うことができます。不安や不快感が増すのを防ぐことができます。

始めは、努力が必要です。あまり効果がないように感じるかもしれませんが、効果はあります。そのためには、体系的に思考を止める訓練が必要で、それを今からご紹介します。

思考停止法が必要な女性

思考停止法

思考停止法は多くの心理学者により推奨されています。思考の繰り返しに気づいたときに始めるのがベストです。まず、誰にも邪魔されない場所に移動します。

訓練を重ねるうちに、場所を移動する必要もなくなるでしょう。その頃には、いつでも、どこでもこれを適用できるようになります。一人の時、できれば、自然の光のみを感じ、思考に集中します。

思考を無視したり、そこから逃げようとするのではなく、その思考を中心とします。自分が押されているように感じますか?あなたのもつ注意力をすべてそこに捧げましょう。不安や恐怖が増しても、最低1分間は、思考に集中してください。

思考がピークに達し、不安や恐怖に圧倒され、もう耐えられないと感じた時、大声で、自信をもって叫びましょう。「ストップ」「これで終わり」などの言葉が良いです。

ストップ

もちろん、自分に合った言葉を選ぶことができます。重要なのは、言葉を発した時、思考が停止するのを感じることです。それを感じることができたら、移動して構いません。はじめは、かすかな変化を感じる程度かもしれませんが、自分がよりリラックスしていることに気付くでしょう。

これで終わりではありません。同じ場所に戻りましょう。そして、同じことを繰り返します。ただし、今回は先ほどより小さな声で言葉を発します。

4回ほど繰り返すと、言葉を声に出さなくても、思考を止められるようになるでしょう。心が働いた瞬間です。こうなると、叫んだ時と同じ効果があります。

 

訓練で完璧に

身につくまで、何度も訓練しましょう。そのうち、自然とできるようになります。大勢の人に囲まれた状態でも、誰にも気づかれなくなるでしょう。ここまでくると、必要な時にいつでも思考停止法を使うことができます。友達とのディナー、会議、運転中などです。

意識的に行わなくてもよくなります。思考の繰り返しが始まった時、心に反応するよう伝えずに済みます。思考停止法の認知的必要性が低くなったということです。その結果、あなたが行っていることに集中できるようになります。

雲の頭

思考の繰り返しはあなたの生活を制限するものです。仕事や楽しい生活にも入り込んできます。思考停止法で思考の繰り返しを完全になくすことはできないかもしれませんが、長時間続くことを防いだり、侵入性を下げることができるでしょう。思考に邪魔されることなく、人生を楽しみ、物事を進め、働きましょう。