真実と嘘:成功は正直に始まる

· 2017年11月24日

どう対処したらいいかわからない状況にぶち当たったことがあるかと思います。どんな道にも様々なレベルの難しさがあります。自分自身がその状況まで追いやってしまった場合は特にです。

時に、うそをつくことが最善の答えのように思えます。短期的には最も簡単な解決策だからです。しかし、うそをつくことはたくさんの回り道があるのに出口がない通りに入るようなものです。かなりの確率でただ迷ってしまいます。

 

うそは他人もあなた自身も裏切る

自分の人生のとある一面に関してうそをつくことが、魅力的に思われるときもあるかもしれません。しかし長期的にもっと私たちをリラックスさせてくれるのは、常に真実を優先させることです。何かを恥じていたり、失敗したと気づいているときは、他の人に正直であることです。そうしなければ、自分にもうそをつくことになります。

フクロウと上を見上げる女性

わたしたちは完璧ではありません。間違える権利もあります。しかし、真実は持続性があるのに対し、うそは苦しめるだけであることは証明されています。この点から、自分の行動に一貫性を持っていなくてはいけません。過ちを犯したことを受け入れ、害を与えてしまった人の気持ちになってください。

「真実は、水の上に流れる油のようにうその上を流れる。」
-ミゲル・デ・セルバンテス-

真実を語ることは、はじめは苦しいかもしれません。しかし、長期的にはわたしたちが影響を及ぼした人もわたしたち自身にとってもいいことです。自分自身を尊重し、許すことにもつながります。

うそは底なしの穴

正直でいると、環境は勝手に整います。自分の間のポジティブなものとネガティブなものを意識します。世界から自分を遠ざける人は、自分がフィットできずにいるため世界から距離を置きます。それはつまり、我々はうそを共有するべきではないということかもしれません。言ってみれば、うそは互換性がないのです。

わたしたちが与えることができるものに他人が興味を示さないということは辛いことです。でも、それでもそばにいてくれる人が本当のわたしたちを認めてくれる人だ、ということに気づくきっかけになります。そういうひとが周りにいてくれるだけで、自分を誇らしく思うには十分だと思いませんか?

「うそをつく人は自分が引き受けたタスクを知らない。はじめのうその信ぴょう性を保つために、さらに20個のうそを考えるのに忙しいからだ。」
-アレキサンダー・ポープ-

マーク・トウェインは、次のように述べました。「真実を話せば、あとは何も思い出す必要はない。」気負いなく人生を過ごすためには、正直でいることが一番の薬です。それどころか、わたしたちの日々の生活に、機知にとんだことを考える余裕ができます。

長期的には真実が最も簡単な道

真実を話すことほど満足感を得られることはありません。初めは辛いかもしれません。非難を受けるかもしれません。しかし、真実がもたらす平和は、うそが作り出す蜃気楼とはくらべものになりません。他人に正直でいることは、精神的な成長を促し、自分自身を人として評価する助けとなります。正直でいることは、とても勇気がいることだからです。

最初は受け入れるのは簡単ではないかもしれませんが、決断をするのはあなたです。長い目で見れば、世界に嘘をつくよりあなたの人生はずっと楽になります。うそはうそ自体によって支えられており、周りのものすべてをもつれさせます。

自然を感じる女性

他人がわたしたちに寄せる信頼は、真実を語ることで回復されます。うその基盤より真実の基盤のほうが、ずっと強固なものだからです。他人に正直で誠実でいようと努めれば、自分にも正直でいられます。その結果、人はあなたを評価するようになります。

「わたしを不安にさせるのは、あなたがうそをついたからではない。わたしがこれからあなたを信じられなくなることだ。」
-フリードリヒ・ニーチェ-

自分にも他人にも正直になってください。自分が他の人にしてもらいたいことをするようにしてください。そうすることで、他人も同じようにあなたに応えやすくなります。