神経学的幸福:幸福の科学?

23 11月, 2018

神経学的幸福。この用語は、手品が子供の目を引き付けるように人の好奇心に火をつけます。 突然、「幸福」という言葉が無形の感情的な状態だけを表わすだけでないことに気づくのです。これは、体に関連した状態です。「神経の」という言葉は、神経系を意味します。

感情は、脳の活動に頼っています。感情は、どんな人の生き残りにも重要な役割を果たします。これらは、2つの局面から特徴づけられます。ひとつは、感情が主観的な感覚を生み出すということです。もう一つは、たいてい外に表面化するということです。幸福は、内面の健康としても、ポジティブな反応を生み出す幸福の表現を作り出すことで、外的なものとしても現れます。 

幸福と神経システム

大抵、この感情を定義して説明するとき、感情の宇宙を思い浮かべます。人は、幸福を欲望や達成した夢の満足度・不満度と結びつけます。この感情は、形状学的な次元に現れます。触れたり、クローゼットにしまい込んたり、毎日身につけたりできるものではありません。変動的で、コントロールができなくて、多くの場合外的な経験に基づくものです。

横顔

しかし、この感情が経験そのものに起因しないということに人は気づいていません。それは神経システムの化学物質プロセスの副産物です。これは体で起こることです。人の体こそが、幸福の生産者なのです。どこからともなく、神的な恵みのようにやってくるわけではありません。これは、自分の経験や現実というコンセプトとの調和に対する科学的な反応です。

幸福の科学物質

科学的な反応とは何か、現実の認識がどのように感じる幸福度に影響するのか、と疑問に思うかもしれません。これらの疑問に対する答えは簡単です。人は幸福のホルモン、エンドルフィン、セロトニン、ドーパミン、オキシトシンを持っています。化学物質反応という時、神経システムの中でこれらのホルモンが作用することを意味します。これらの物質は、愛、喜び、痛みを消すなど、ポジティブな感情と関連しています。

一方で、人は自分なりの現実に対する解釈を持っています。これは幼少時代から修正を繰り返してきた心理社会的構造です。大抵、その人の最初の経験に左右されます。これは、人の未来を決める構造です。現実のコンセプトは、人間関係に影響し、よって生物学的な幸福の生産過程にも影響します。

長く続く幸福の理論化と構築

神経学的幸福について語ることは、幸福の理論化を意味します。これは、わたしたちが幸福を理解し、幸せを自分に可能にするための戦法を生み出すために、現実の基礎を構築するということです。経験だけに頼らない幸福を構築することは可能です。これを手に入れるためには、脳の中の化学と現実の認識を変える必要があります。

笑顔

別の言葉で言えば、「半分しか入っていないコップ」を「半分も入っているコップ」として見ることができるということです。メンタリティーにおけるこの変化によって、幸福に関わる化学物質を生産する脳の能力に変化が現れます。この感情的状態を保つための慣性と原点を作り出します。

神経学的幸福-新しいコンセプト

幸福におけるこの新しい見方は、長く続く幸福を手に入れるためのプロセスで私たちに力を与えてくれます。つまり、これは手に入れられる範囲にあるということです。手に入れて、永続させることができるものなのです。これを有形の現実に変えることができます。

これらのホルモンを生み出すことを可能にする方法やエクササイズなどがあります。幸福の感覚を与えてくれるための脳の回路を呼び起こします。カギは、これらの回路を自分の意思で活性化させることができるということです。こうすることで、人は自分の幸福の生産者になることが可能です。

神経学的幸福は、幸福の科学か?

この疑問には、はっきりとした「イエス」で答えることができます。人のポジティブな感情と神経システムの間には明白は関連性があります。つまり、脳内で起こる化学反応に注目して、幸福を説明し理論化することが可能であるということです。

脳

さらに、その理論化は、人の幸福を洗練してくれます。感情はどれだけお金を持っているかやどれだけ成功しているかに左右されないということを教えてくれるからです。幸福は、この感情を生み出しコントロールする生物学的な次元のプロセスによって条件づけられます。このプロセスは、人が現実を認識する方法に影響を受けます。同時に、現実の見方を条件づけます。こういった意味で、幸福は自分で選び取ることができる道であると言えます。