愛する人の不在への脳の反応

24 4月, 2018

あなたがどんな人間であっても、愛する人の喪失は辛いものです。愛と喪失は人生の一部ですが、慣れることはありません。

永遠に続くものなどないとわかっていても、それを真実だと認めることをわたしたちは拒みます。これは心理的な反抗です。

 

多くの場合、精神と心の間には矛盾が存在します。精神はその喪失を受け入れなくてはいけないとわかっているのに、何か奥深くのものが、完全に自分のガードを下げ、喪失を受け入れることを拒みます。

「誰か、1人が欠けているだけなのに、世界は人口が減ったように感じる。」
-Lamartine-

愛する人の存在や不在は、わたしたちがあまりコントロールのないエリアのリアクションを引き起こすからです。愛すること、悲しみにおぼれること、心理的なプロセスが関係します。

物理的で、わたしたちが理解し、コントロールできることを超えた変化があります。これは一般的にいう「反対色説」によって説明できます。

反対色説

反対色説は、1974年にSolomonとCorbitによって確立されました。このアプローチによれば、脳は感情的なバランスを求める傾向にあります。それを行う方法は、感情の中和化です。

中和化を行うためには、周期的操作を行います: 激しい感情が沸き上がり、安定性を奪うと、反対の感情を生み出す反応が起こります。これは、「修正感情刺激」と呼ばれます。

 

カラフルな脳

この説によると、反応刺激ははじめ弱いそうです。しかし、少しずつ力を増します。これらの原理から、感情的な喪失に加えあるいはその後起こるということがわかります。

はじめの感情が現れたとき、それはとても激しいものです。止めるものがないため、マックスレベルまで達します。たとえば、恋に落ちるときこれが起こります。

しかし、反対の刺激が最終的に現れます。はじめは認識されないかもしれませんが、ゆっくりを力を増し、はじめの感情を中和します。

反対プロセスと愛するものの不在

脳に関して言えば、愛する者の不在は、中毒症状明けに似ています。どちらのケースも、はじめの刺激と「修正刺激」が存在します。

お酒を例にとってみましょう。飲酒をする人は幸福感を得ます。制約されず、不快感に「麻酔状態」です。次の日、逆のことが起こります。鬱だったり、不安だったり、はじめの刺激が欲しくなってもっと飲酒したくなるかもしれません。

雲と散歩

中毒と愛においては、はじめの刺激は愛情そのものです。そこには愛着があり、相手へのニーズがあります。相手を見るときの喜びがあります。特にカップルにとって、はじめの刺激はとても強いものです。

同時に、逆の刺激が現れます。だから、時間が経つにつれ、はじめの激しさは感情の「中和」に屈します。

しかし、喪失が起こると、代償不全を起こします。初めの刺激は消え、修正刺激だけが残り激しさを増します。悲しみ、いらだち、いがみ合う感情を通じてこれを経験します。

化学物質の問題

すべての感情は有機的に起こります。この感情にはそれに対応する脳内の化学物質に関係する心理的プロセスがあるということです。

誰かを愛するとき、魂でその人を愛するだけでなく、周期表の要素や体にどのように現れるかも関係します。

だから、愛する者の不在はただの感情的な空白だけではないのです。恋することで、たくさんのオキシトシン、ドーパミン、セトロニンなどが分泌されます。

このような化学物質が存在しないと、体はバランス不安を起こします。新しい反対プロセスが起こるまでには時間が掛かります。体を中和状態に戻す修正刺激です。

蝶

これを知っていることで何に役立つのでしょう?愛する者の不在は精神と体に深い影響を及ぼすことを理解できます。 バランスを取り戻すために、再順応プロセスを経なくてはいけません。これには時間が掛かる場合があります。

多くの場合、このプロセスが起こるのを許さなくてはいけません。わたしたちはバランスの取れた状態でいるようにできているということを理解用しなくてはいけません。