心理学におけるインフォームドコンセント

2019年8月24日
インフォームドコンセントは、専門的な実践において最も重要な要件の1つです。

心理学におけるインフォームドコンセントは、個人の自律性に関連しています。これは専門的な実践において最も重要な要件の1つであり、心理的評価または治療の前に行われなければなりません。

適切な情報を読んだり聞いたりした後、インフォームドコンセントは、患者が自分の健康に影響を与える可能性のある手順に同意することを言います。

「誰もあなたの同意なしにあなたに劣等感を感じさせることはできません。」

-エレノア・ルーズベルト-

心理学 インフォームドコンセント

歴史的先例

患者が診療内容等について十分な説明をして納得した上で選択された医療を行うという道徳的認識は新しいものです。

1931年、ドイツ帝国啓蒙省と宣伝省は、人間の医学療法と実験に関する規制を発表しました。治験や実験への参加に同意する患者の権利を認めたのです。しかし、この規制は第二次世界大戦中、ドイツで支持されませんでした。強制収容所では行われず、ジプシー、ユダヤ人、同性愛者などにも適用されませんでした。

ニュルンベルク裁判の後、人間の研究と実験に関わる倫理と合法性を確保するために規制が施行されました。

心理学におけるインフォームドコンセントの重要性

以前、医師と患者の関係は、強い立場にある者が、弱い立場にある者の利益のためだとして、本人の意志は問わずに介入・干渉・支援するパターナリズムに基づいていました。つまり、病人の幸福と同意は無関係でした。

インフォームドコンセントの権利は、心理学者と患者との関係を改善しました。この権利は他のすべての権利よりも優先され、次に挙げる特徴があります。

  • プロセスは口頭で行われます。
  • 自発的でなければなりません。
  • それは情報を得られる有益なプロセスです。
  • 契約を理解する能力が必要です。
  • プロセスは決定を持って終了します。
心理学 インフォームドコンセント

ご存知でしたか?:
医療従事者に生じる共感疲労

インフォームドコンセントの長所

  • 法的利益:インフォームドコンセントは、何が起こるか、患者がそれに応諾することを詳述することにより、医療従事者を保護します。また、患者の権利と義務を伝えることで患者を保護します。
  • 共有情報の品質:患者は自分の状態に関する真実で一貫性のある特定の情報にアクセスできます。
  • 懲戒知識の範囲:患者に提供される情報の質により、患者はそれを周りの人に適切に伝えることができます。
  • 介入の質を改善:知識のある関係と共同の意思決定は、患者側のさらなるコミットメントにつながります。
  • 臨床研究の促進:インフォームドコンセントは、人間の研究発展におけるツールであり、基本的な倫理原則をすべて尊重します。
  • 合意とコミットメント:参加者の行動を特定し、契約を明確にします。これにより、治療プロセスを妨げる可能性のある不確実性が排除されます。
心理学 インフォームドコンセント

こちらもご参考に:
優れた心理療法士になるために欠かせない8つの要素

インフォームドコンセントの短所

患者の意思決定への関与に反対する人々は、インフォームドコンセントには次のような短所があると考えています。

  • 患者にはこの情報を理解する能力がない可能性があります。
  • 患者は悪い知らせを好まない傾向にあります。
  • 情報は患者を怖がらせ、最小限のリスクであっても医療介入を拒否する場合があります。
  • 真実と心理学者の限界を知ることは、プラセボ効果が患者に与えるかもしれない希望と信頼を奪います。

これらはすべて、長年議論されてきた観点の一部です。論理的な観点からみると、客観的な推論ではなく、事前に確立された専門的慣行の合理化と正当化のように思えます。

今日、心理学者は、患者が意思決定を行えるように、患者に情報を提供して教育する義務があります。プロセス全体が通知されると、患者は最終的な決定を下します。

  • Katz, J. (2002). El mundo silencioso de médico y paciente. JHU Presione.
  • Luelmo, A. D. (2001). Régimen jurídico del consentimiento informado y la historia clínica de los pacientes en la ley gallega 3/2001, de 28 de mayoRevista xurídica galega, (33), 327-342.