心臓のコヒーレンス:身体と感情のハーモニー

· 2019年4月22日

心臓のコヒーレンスとは、身体的にも精神的にも高い能力を維持している状態のことを描写する用語です。心臓には40,000ものニューロンがあり、情緒を司る脳とつながっています。心のバランスが安定し、ポジティブな感情を持っていればいるほど、心臓の調和もより保たれ、脳にリラックスするよう伝えてくれます。これが考えが流れるのを手助けし、ストレスをなくしてくれるのです。

これは、多くのことが心の知能に関連しているという魅力的な考え方です。主に、感情をコントロールしながら神経系、内分泌系、免疫系、そして(ほとんどの)心臓血管系が効率よく働いている状態を指します。

「休息を取りなさい。よく休ませた土地こそが美しい穀物を生むのだ。」

-オウィディウス-

信じられないようですが、心臓にも「脳」があるのです。実は、心臓はとても複雑で相互に連結されたニューロンの回路を持っています。これが身体の生理機能だけでなく感情にも影響を与えているのです。さらに、心臓はアドレナリンやオキシトシンといった愛情や向社会的な行動と関連のあるホルモンの分泌を刺激します。

穏やかな心臓、つまり調和のとれた拍動をしていて「全てが順調」と解釈できるような心臓は、脳と自律末梢神経系に対して信号を送り、心地よさや落ち着きと同様の感覚を与えてくれます。これこそ心臓のコーヒレンスの素敵な定義と言えるでしょう。

脳と心臓

心臓のコーヒレンス:脳と心臓の繋がり

心臓のコーヒレンスという概念をもっとよく理解するために、まずは簡単なテストをしてみましょう。数分間座ってリラックスしてみてください。片手を心臓に当て、しばらくどう拍動しているか感じてみましょう。

かなり早く拍動していたか、もしくはリズミカルに穏やかに拍動していましたか?もしあなたが本当にリラックスしていたなら、心拍数は正常で思考も穏やかに流れていき、プレッシャーやネガティブさからは解放されるでしょう。しかし、座っている間にも素早くて不規則な拍動をしていた場合、あなたはおそらくストレス状態か重度の不安に襲われた状態に置かれているでしょう。心臓と脳が、あなたは危険な状態にあると考えているのです。

ご想像の通り、恐怖やストレス、怒りといった感情は拍動を速くしたり不安定にさせたりします。これが起こると、生化学的・有機的混沌が引き起こされてしまいます。この不均衡は他の器官、特に脳にまで広がります。実は、心臓から脳に送られる情報は、脳から心臓へ送られるよりも量が多いのです。この素晴らしい工学は、心臓から頭蓋骨の中心部分にまで続く神経繊維によって成り立っています。

ストレス

心臓のコーヒレンスと心臓のカオス

さて、怒りやイライラなどのネガティブと呼ばれる感情が、心臓のカオスを引き起こすということがわかりました。さらに、いつも仕事や交際関係の心配をしたり張り詰めているというような一般的な事情もまた、心臓の調和を崩すものだということも言っておくべきでしょう。これらもまた、不規則な拍動を引き起こすのです。

一方、心臓のコーヒレンスは落ち着きを感じたり幸せだったり満足感を得た時に起こります。心臓のハーモニーは脳に伝わるだけでなく、思考力を強めたり、もっとポジティブにクリエイティブに考えられるようにしてくれます。また、生理的なリズムも改善してくれます。呼吸器系や循環器系や消化器系の機能を同調させ、健康的に働かせてくれるのです。

どうすれば心臓のコーヒレンスを発揮させられる?

おそらくご想像の通り、心臓のコーヒレンスが優れていると数え切れないほどのメリットを得られます。身体的に調子が良く感じるだけでなく、情報処理、アイディアの想起、現在との接続といった点で脳も効率的にさせてくれます。

でもどうすればそれが実現できるのでしょうか?どうすれば心臓のコーヒレンスを発揮させられるのでしょうか?ここにいくつかカギがあります。

「人生においてストレスを感じさたり笑顔を奪ってしまうものは全て排除しなさい。」

-パウロ・コエーリョ-

水紋

  • バイオフィードバック。バイオフィードバックは、ADHDや不眠症、継続的な痛み、恐怖症などを抱える人々にかなり有効なセラピーです。その目的は、その人の生理的機能をコントロールし、それによって身体的・精神的な健康を促進しようという野心的でとても興味深いものです。もし試してみたければ、バイオフィードバックに特化したセンターを訪れてみてください。
  • 体の内側で起こっていることに関してもっと知る。私たちは外側の世界にばかり気を取られて、何を持っているかや何を持っていないかということに囚われて生きています。しかし、心臓や脳が司っている体の内側で起こっていることからは切り離されているのです。自分自身に耳を傾けることを覚え、呼吸を調整したり瞑想をしたりしてみてください。
  • ヨガ、マインドフルネス、運動心臓のコーヒレンスを強化する方法の一つが、もっと自分の心臓や呼吸法や自分が感じていることに対して気づけるようにしてくれるエクササイズを行うことです。1日に1時間これを試せば、身体と脳の関係がもっと良好になりますよ。