障害者の社会的包摂とは?

2019年12月29日
「障害」という言葉とそれに対する私たちの考え方は、時間とともに大きく変化しました。今日は、どのような変化があったのかをご紹介しましょう。

障害者と言う言葉は普段からよく聞かれる言葉ですが、ほとんどの場合、それらは適切または正確に使用されていません。これは、障害の概念が時間とともに変化しているからでしょう。近年では、障害者の社会的包摂のために多くの取り組みが行われるようになりました。

社会の進歩が、障害者の事情や状況をより考え、認識を高める環境づくりに役立ってきました。それを念頭に置いて、今回は障害の概念の進化について話すことにしましょう。

障害は固定観念ではありません。それは絶えず変化するものであり、機能の制限と外部サポートによっても様々な捉え方があります。

また、環境とやり取りする方法にも関係しています。適応行動を通じて、さまざまな障害を持つ人の機能的制限を減らすことができます(Badía、2014)。

「障害は認識の問題です。たった一つでも上手くできることがあるのであれば、あなたは誰かに必要とされています。」

-マルチナ・ナブラチロワ-

障害者 社会的包摂

「障害」という用語の進化

障害という言葉を理解するには、その歴史について知る必要があります。世界保健機関の障害分類システムの違いをご紹介しましょう。また、「機能的多様性」という概念の起源についてお話しします。

1980年ICDIH

1980年、WHOは国際的障害分類(ICDIH)を作成しました。障害を三つのレベルに分けて捉えるという、「障害の階層性」を示した点で画期的なものでした。:

  • 機能・形態障害。病気や事故など永続的な身体的影響。
  • 能力障害。活動を制限する障害。
  • 社会的不利。一般に正常と考えられている特定の社会的役割に参加したり実行したりする能力を制限または完全に妨げる障害。

こちらもご参考に:
知的障害:定義と分類

2001 年ICF

2001年に、このモデル分類全体の名称は「国際生活機能分類(ICF)」という、人間の生活に関わることのすべてを対象とするものとなりました。ICFにおいても、障害を三つのレベルで把握しようとする点は同様でしたが、マイナスよりもプラスを重視する立場から、プラスの用語を用いることになりました。

2005年、「機能的多様性」の概念が生まれました。それは、生活支援フォーラムによって促進されました。 ロドリゲスとフェレイラ (2010)が述べたように、この概念の目標は人々が伝統的に使用していたネガティブな用語を変えることでした。

ただし、スペインの団体CERMIを含む一部の人々は、他の概念を支持して「機能的多様性」という用語を拒否しています。 「障害者」よりも、「障害のある人」といった言葉を使うべきだと主張しています。

CERMIによれば、障害のある人やその社会運動をしている人の大多数も、「機能的多様性」という用語を受け入れていません。社会的に広く受け入れられていない用語に抵抗を感じているのです。

障害者社会的包摂

ご存知でしたか?:
妄想型統合失調症とは?原因と治療

障害者の排除から受容へ

包摂

これは、自己決定と参加の権利に関するものです。CILSAによると、このモデルは、社会はすべての人々に平等な機会を与える必要があるという考えに基づいています。

つまり、誰もが同じ機会を得て、生活し、能力を発揮できるようにするのは社会の責任です。社会がさまざまな環境や状況において障壁を築かなければ、発展と平等を実現させる可能性がより高くなるでしょう。

統合

このモデルは、特別なニーズや異なる能力を持つ人を対等な存在と見なすことに関するものです。それらの人を「受け入れます」が、それでも彼らは異なっていると見ています。彼らは社会の一部かもしれませんが、周りの条件に適応して生きていかなければなりません。これは、社会が完全に包括的ではないことを意味しています。

分離

障害者を特別なケアまたは生活環境を必要とする人であるとみなす場合です。これは、人を差別し、基本的な権利を奪う可能性があります。この場合、社会の一部とさえ捉えられていません。彼らは社会の外側に存在しています。

除外

これは、一部の人を正常、他の人を異常と見なすモデルです。 障害者は社会から疎外されています。 彼らが社会に参加することはできません。

近年の社会的進歩のおかげで、本当の意味での障害者の社会的包摂に近づいてきています。 私たち一人一人が同じ権利を持っていることを理解するためには、良い教育が非常に重要です。私たちは皆平等で、幸せで満たされる権利があるのです。

Badía, M. Psicología de la Discapacidad. Universidad de Salamanca. 2014

Díaz, S. R., & Ferreira, M. A. (2010). Desde la dis-capacidad hacia la diversidad funcional. Un ejercicio de dis-normalización. Revista internacional de sociología68(2), 289-309.

García, M. G., Corona, D. G., López, C. B., & Barberá, C. G. (2009). De la exclusión a la inclusión: una forma de entender y atender la diversidad cultural en las instituciones escolares. Revista psicopedagogia26(79), 108-123.

Pantano, L. (2014). La palabra ‘discapacidad’ como término abarcativo. Observaciones y comentarios sobre su uso.

Romañach, J., & Lobato, M. (2005). Diversidad funcional, nuevo término para la lucha por la dignidad en la diversidad del ser humano. Foro de vida independiente5, 1-8.