職場に「精神的救急箱」を置くことの重要性

28 8月, 2020
職場における「精神的救急箱」は健康的で生産性の高い働き手を生み、それはどんな社会にとっても絶対に良いことです。

働く人の生産性が高く、労働者が成果を出し、自分の感情をうまく管理する方法を知っているということの重要性は、どの会社も分かっていることでしょう。人がたくさんのストレスを抱えながら働いていることを忘れてはいけません。また、ストレスは職場外で大きな問題へと発展することもあります。そこで、会社が「精神的救急箱」を用意することが非常に重要になります。

精神的救急箱とは、従業員のメンタルヘルスを守るリソースのことです。怪我(切り傷、かすり傷、転んだ時の傷)に備え救急箱を用意しておくように、働く人に精神的に影響を与える問題に備えツールが必要になります。これにより、従業員が元気で健康的に、しっかり働けるようになります。

職場における「精神的救急箱」は健康的で生産性の高い働き手を生み、それはどんな社会にとっても絶対に良いことです。

職場における「精神的救急箱」の重要な役割

職場 精神的救急箱

精神的救急箱には、どのようなものが含まれるのでしょうか? また、どのような働きがあるのでしょう?まず、精神的救急箱は、社長や取締役、パートナーなど社内で役を持つ人にも役立ちます。必要な時に誰でも使うことができます。

職場 精神的救急箱

従業員がストレスを抱え、会社の精神的救急箱を使う時、必要になるのは次のステップです。

  • リスク状況の認識:問題や感情はどのような状況が引き金となっているのでしょうか? 他の感情が生じることもあるでしょうか?
  • 評価:状況を判断し、優先順位を付けましょう。働き手に影響するメインとなる問題を先に解決すべきです。
  • 対策を立てる:問題を識別し、評価した後で、また同じ状況に陥った時にどうすべきか分かるよう、対策を立てます。
  • フォローアップ:特に、誰かに会社の精神的救急箱が必要となった時は、どんな会社においてもフォローアップが欠かせません。フォローアップにより、同じような問題が将来発生するのを防ぎます。

これらのステップは、助けを求める人がいない場合に、従業員の現在の状態を知りたい時にも使えます。持続的なストレスは普通だと思い、うつ病になる人もいます。こうなると、職場での生産性や幸福度が本来あるべきレベルより低くなります。

ストレスは、人を生産的にする力になるならばメリットがあります。しかしストレスにより動けなくなり、沈み、圧倒されるのであれば、精神的救急箱が役立つかもしれません。

1年に1回分析を行うと、不快感やストレス、不安による落ち込みを防ぐことができる可能性があります。また、これは会社だけでなく従業員にとっても有益です。会社の業績、モチベーション、仕事の満足度を高めることになりえるからです。

適切な職場環境

精神的救急箱を使うことにより、適切な職場環境を作ることができます。働く人は、自分の責任を全うするだけでなく、気分を高め、情熱をもち、自分の感情をコントロールしやすくなります。これらを満たすことも、会社の責任です。

また、職場における精神的救急箱は、時間の管理において従業員の自律を促します。

 

職場 精神的救急箱

さらに、精神的救急箱によりガイドラインが明確で詳細になり、物事の進め方がはっきりとします。そのためには、大事な時の指標やフォローアップが欠かせません。また、ガイドラインは、従業員が混乱したり、どのタスクを優先すべきか分からなくなることを防ぎます。

同時に、侮辱や脅しなどハラスメントや暴力に気づくことも重要です。従業員と良い人間関係を作ることができれば、プロジェクトの成功につながることも頭にいれておきましょう。そして、いい人が辞めないようにするためにも、いい職場環境は非常に重要です。

また、従業員が、自分の役割に関係する会社での物事を決める際、それに参加できるということもいいことです。仕事の配分が平等で、仕事量が多い人がいないと、皆の気分がよくなります。これには、オープンなコミュニケーションと承認が重要です。これらすべての要素を使うと、誰にとっても適切な職場環境を作ることができます。

会社が前へ進んでいるのは、従業員のおかげであり、いい会社は従業員の健康や幸福に常に配慮します。

職場

職場に精神的救急箱があれば、ストレスの多い状況やハラスメント、理解の欠如、不可能な仕事量、その他の職場での生産性や動機の低下を防ぐことができます。従業員の健康は守られるべきものです。働く人は奴隷ではなく、会社を豊かにするエンジンなのです